岸和田市の雨漏り修理で玄関屋根の谷樋をガルバリウム鋼板に交換!


岸和田市の玄関屋根現況
岸和田市の屋根にかけたシートを外して作業開始!
岸和田市の離れ屋の玄関ホールの天井に雨漏りが発生したというご相談をいただき、雨漏り修理を行うことになりました。
今回の雨漏り修理は、玄関屋根の棟瓦(屋根の頂点にある水平部分の瓦)の積み直しと、銅板の谷樋の交換です。
棟ののし瓦(四角くて平たい瓦)が凍害によって表面がめくれてボロボロになっており、棟の中に雨水が浸入した形跡があることから、積み替えをご提案させていただきました。
また、銅板の谷樋(屋根の谷に設けられた雨樋)には穴が開いていたので、今後の事をふまえて耐久性のあるガルバリウム鋼板に交換することになりました。

工事のご依頼があった日から、実際に工事ができる日程までの間に、天気予報で雨模様の予報が出ていたので、雨漏りしないように屋根にシートをかけて養生させていただいたいました。そのシートをめくってから作業開始です。

岸和田市の谷樋に穴が開いています
今回は、谷樋の交換工事を分かりやすくご紹介します。

写真は谷樋の穴です。
谷樋は、雨水・雪を集中させる形状になっているので、板金が傷みやすく、雨漏りの原因になることがよくあります。
岸和田市の屋根で雨水が同じ箇所を打ち付けます
加えて、昔は谷樋に銅板を使用することがほとんどで、その銅板は雨水が落ちてくるときの衝撃や瓦の釉薬と銅による化学反応などの影響で、穴が開いてしまう事例が多く発生しています。
写真のように、屋根に落ちてきた雨水が谷樋に落ちる際に、同じ個所を何度も打ち付けることで銅板が薄くなり、穴が開いてしまうのです。
今回は、今後の事をふまえて、耐久性のあるガルバリウム鋼板を使用して谷樋を施工することになりました。
岸和田市の棟を解体します
谷樋は、棟と隣り合っており、一部の瓦がお互い干渉しています。
ですので、谷樋を交換する時は、必ず棟の瓦の干渉している部分を一部解体・復旧する作業がセットになってきます。
今回は、この棟瓦も積み直すので、先にすべて解体しました。

岸和田市の谷樋に沿った瓦を仮撤去します
続いて、谷樋に沿って施工されている瓦をめくっていきます。
谷樋の両側は上に瓦がのっているので、一旦撤去しないと工事ができません。
岸和田市の谷樋周辺の瓦をめくり土を撤去しました
谷樋の両サイドの瓦と葺き土を撤去すると、谷樋がむき出しになりました。
この谷樋が、二つの勾配の屋根に落ちた一部の雨水を受けて、軒樋に排出する役割を担っています。
雨水がたくさん通る道となるので、他の板金よりも傷みが進んでしまいます。
岸和田市の屋根のもう片方の谷樋周りの瓦もめくります
もう片方の谷樋も交換するので、周辺の瓦をめくっていきます。
この瓦は再利用するので、めくった順番に積み重ね、屋根の上の安全な位置で落下しないように保管しておきます。
岸和田市の屋根の古い土は撤去
瓦の下にあった古い土は地上に荷下ろしして廃棄します。
瓦を復旧する時は、粘り気のある新しい土を使用します。
岸和田市の短い隅棟もばらして積み直します
谷樋の軒先に、短い隅棟が施工されていますが、この棟も一度解体して積み直します。
岸和田市の隅棟を解体しました
谷樋の軒先にあり、干渉しているので先に解体しました。
岸和田市の屋根の谷に新しい谷樋を施工します
新しい谷樋板金はガルバリウム鋼板です。
事前の現地調査を元に、工事前にガルバリウム鋼板を加工して作っておきました。
谷部分に被せて施工していきます。
岸和田市の谷樋の重なり代はコーキングで止水処理します
谷樋の継ぎ目にはコーキングを充填してきちんと止水します。
この時、屋根の高い位置に施工する板金が上になるように重ねて施工します。下に施工すると雨水を受けてしまうので、雨漏りしてしまいます。
岸和田市の谷樋に土をのせて瓦を復旧します
両方の谷に新しい谷樋をきちんと施工し、両サイドに新らしい葺き土をのせて瓦を復旧していきます。
粘土の高い土を置いて、その上に瓦を押し付けて接着していきます。
岸和田市の谷樋交換完了
両サイドの瓦を復旧して、谷樋の交換が完了しました。

ガルバリウム鋼板は軽くて施工しやすく、また、錆にも強いので屋根や外壁材としても使用されています。
銅板よりも長持ちするのが嬉しいですね。
谷樋に穴が開いて雨漏りする事例は多くございます。
とにかく現在発生している雨漏りが止まったらいい、という場合は、コーキングで穴を埋めて簡易補修することも可能です。その場合は、また同じように別の箇所で穴が開く可能性がありますので、将来的にはきちんとした修理をされることをご検討ください。

じわじわとくる雨漏り、急な雨漏りでお困りの方は街の屋根やさんにご相談ください。


次は棟の積み直しをご紹介します。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市下池田町/和室の天井に雨漏り発生!ベランダのコーキング打替修理

岸和田市下池田町のベランダシーリング現況
岸和田市下池田町のベランダコーキング打ち替え
工事内容
雨漏り修理
使用素材
コーキング材
築年数
建坪
保証
工事費用
約3.9万円(税込)
施工事例

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
メニ―ウェルテラス ポリカ屋根
築年数
築35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約33万円(税込・建具調整費含む)
施工事例

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装
岸和田市春木本町のひび補修と外壁塗装
工事内容
漆喰詰め直し
雨漏り修理
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
当社推奨セラミックシリコン
築年数
30年
建坪
35坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約130万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市のカラー鋼板屋根を金属屋根・ガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市西之内町の錆びた屋根のカラー鋼板
岸和田市西之内町のガルバリウム鋼板の屋根に葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築50年
建坪
保証
工事費用
約23万円(税込)
施工事例

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 現況
岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装
工事内容
屋根塗装
使用素材
遮熱材入屋根専用塗材
築年数
約15年
建坪
40坪
保証
工事費用
約35万円(足場含まず)
施工事例

岸和田市下池田町/和室の天井に雨漏り発生!ベランダのコーキング打替修理

岸和田市下池田町のベランダシーリング現況
岸和田市下池田町のベランダコーキング打ち替え
工事内容
雨漏り修理
使用素材
コーキング材
築年数
建坪
保証
工事費用
約3.9万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉大津市の天窓からの雨漏りのご相談

泉大津市にお住いのN様より「台風21号の時に天窓からの雨漏りしたので見に来てもらえますか?」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。N様邸の屋根はスレート(平型の薄い屋根材)で、大屋根(一番高い屋根)に天窓が付いていました。

泉大津市の台風被害の現地調査

泉佐野市の台風被害に遭った住宅の現地調査の様子をご紹介します。I様邸はスレート(平型の薄い屋根材)の屋根で棟の板金とその下地の貫板が飛散し、棟の下のスレートも数枚飛んでいる状態でした。

和泉市の壁際水切りを取付け

和泉市の雨漏り修理及び台風被害箇所の修復工事のご紹介です。U様邸は鉄骨造で屋根はスレート、外壁はモルタルの塗り壁です。お隣さんと外壁がつながっている形状で、お隣さんの方が建物が高いため、U様邸の屋根が外壁の取り合いになっています。U様邸は台...........