オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

岸和田市で玄関ホールに雨漏りが発生!谷樋に穴が開いていました


岸和田市の玄関ホールの天井で発生した雨漏りの現調
岸和田市で離れで雨漏りしている、とのご相談で現地調査に伺いしました。
この離れには以前お住いされていましたが、今は倉庫として使用されているそうです。今後も住む予定はないのですが、雨漏りがひどいので修理をご検討されていました。

雨漏り箇所は玄関ホールの天井だとお聞きし、まずは雨漏り状況を確認させていただきました。
以前も玄関で雨漏りが発生し、その時の修理で止まっていたそうですが、最近また雨漏りしているのに気づかれたそうです。
岸和田市の玄関の照明付近で雨漏り発生
玄関を入ってすぐに数か所で雨漏りしているのを確認できました。
照明の周辺でも雨漏りしており、危険な状態でした。
もし雨漏りによる漏電が起こると、電化製品の故障や停電、最悪の場合、感電や火災をも引き起こす事態に陥ることがありますので、早めに業者に見てもらい、適切な処置を施しましょう。
この照明は、付近で雨漏りしていることが分かってから、使っていないそうです。
岸和田市の玄関の床にも雨染みが残っています
雨漏りは玄関ホールの床にまで達していました。
床のほとんどに雨染みが残っており、大量の雨水が浸入したのが分かります。
この離れは物置として使用しているので、普段入ることがなく、雨染みを見て雨漏りに気づかれたそうです。
岸和田市の玄関の天井材が腐食しています
天井の隅にも雨漏りの跡がありました。
この部分は最近の雨で雨漏りし、まだ乾ききっていないようでした。
天井の合板が濡れて腐食し、表面がめくれてきていました。
岸和田市の玄関の建具にも水が廻っています
すぐ下にある建具にも水が廻って、建具の下端の化粧合板が反り返ってきていました。
化粧合板は湿気や水に弱いので、雨漏りなどで濡れ続けると、表面の薄い板がめくれてきてしまいます。
岸和田市で凍害の症状で玄関屋根の棟瓦と隅棟を積み直し雨漏りも解消したお客様の声
玄関を入ってすぐの天井・壁にも雨漏りしていました。
屋根の高い位置で浸入した雨水は、梁や柱、配線などを伝って、色んなところから顔を出します。
特に、古い屋根の場合、瓦の内側に雨水が浸入すると、屋根の傷んだところから雨水が部屋内に入りますので、あちこちに雨染みが出てくることがあります。
岸和田市の玄関屋根調査中
岸和田市の玄関屋根現況
雨漏り箇所を確認したので、玄関の屋根の上に上がって調査しました。
玄関の屋根には棟(屋根の頂部の水平になった部分)があり、その両端に谷樋(谷に設けられた雨樋)が設けられていました。
岸和田市の谷樋に穴が開いています
こちらの谷樋は銅板で、経年劣化で穴が開いていました。
昔は谷樋に、柔らかくて加工しやすい銅板が使用されていましたが、雨が落ちる時の衝撃や、瓦の釉薬と銅による化学反応などによって、経年で穴が開いてしまう事例が多くございます。
その小さな穴から、びっくりするくらいの雨水が浸入するのです。

岸和田市の銅製の雨樋にも穴が開いていました
また、軒樋も銅製で、谷樋と同じように劣化して数か所に渡り穴が開いていました。
銅板の樋はこのように穴が開いてしまいますので、修理の際は耐久性のある素材へ交換することがほとんどです。
簡易補修の場合は、この穴にコーキングを充填したり、銅板を重ねて取り付ける方法をとります。
岸和田市の瓦の表面が剥がれています
岸和田市の屋根の瓦の凍害の症状です!
棟の、のし瓦(四角くて平たい瓦)は、経年劣化と凍害により表面が剥がれてボロボロになっていました。
瓦の「凍害」とは、温度差が激しい時に瓦の表面や内部で起きる剥離のことです。瓦は焼き物ですので、少なからず気孔に水分が浸入してしまいます。冬の寒い時期にその水分が凍って膨張し、その体積の変化が瓦の組織をボロボロに壊していく現象です。
岸和田市の屋根の棟の内側から雨水が出ています!
棟の内側に雨水が浸入した形跡も残っていました。
漆喰の下に茶色い筋が出ていますが、これは棟の中に雨水が入って土などのアクと一緒に流れている状態です。
棟の内側に雨水が入るということは、瓦の下に雨水が入っていることになりますので、屋根の傷んだところから雨漏りする可能性が高くなってしまいます。
岸和田市の棟の漆喰が剥がれています
玄関屋根の谷樋の先には短い棟があり、そこの漆喰も剥がれてボロボロになっていました。

雨漏り修理で、玄関屋根の棟とこの短い棟を積み直すことになりました。
銅板の谷樋は、今後また違う箇所に穴が開く恐れがあるので、長持ちするガルバリウム鋼板に交換することになりました。
大屋根の棟も同じように劣化していましたが、今のところ玄関でしか雨漏りしていないので、様子を見ることになりました。


街の屋根やさん岸和田店は、雨漏り修理の実績が多数ございますので、雨漏りでお困りの方はお気軽にご相談くださいね。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

貝塚市の雨漏り修理で棟瓦の積み直し工事を行いました!

貝塚市の棟瓦積み直し前
貝塚市の棟瓦積み直し後
工事内容
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
シルガード・葺き土・銅線・シーリング
築年数
約29年
建坪
約23坪
保証
2年
工事費用
約63万円(税込み)
施工事例

泉南市の台風被害の屋根修理で足場を建てて棟を修復しました

泉南市の台風で崩れた降り棟
泉南市の降り棟修復状況
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
台風
使用素材
オレンジ釉薬瓦・葺き土・銅線・漆喰他
築年数
約43年
建坪
約25坪
保証
2年
工事費用
約41万円(税込み・足場代含む)
施工事例

岸和田市の雨漏りの原因は棟!水が廻っていた降り棟を葺き直しました

岸和田市の降り棟の下のお部屋で雨漏りしています
降り棟の積み直し完了
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
雨漏り修理
台風
使用素材
葺き土・銅線・南蛮漆喰・シーリング他
築年数
約28年
建坪
約25坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約31万円(税込み・下屋水切り取付費用含まず)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市のベランダ防水でウレタン防水を施工し雨漏りが止まりました

岸和田市のベランダ防水前
岸和田市のベランダ防水後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
ウレタン防水材・カチオンフィラー・プライマー・シリング・トップコート
築年数
約42年
建坪
約17坪
保証
2年
工事費用
約14.7万円(税込み)
施工事例

岸和田市で勝手口に木製の庇を設置!屋根は波板で仕上げました!

岸和田市の勝手口
岸和田市の勝手口の前に庇を取付け
工事内容
その他の工事
使用素材
下地材木・ポリカ波板・木下地用波板ビス・キシラデコール・塩ビ雨樋
築年数
約60年
建坪
約25坪
保証
2年
工事費用
約9.3万円(税込)
施工事例

岸和田市の雨漏り修理で窓周りと庇のシーリングを打ち替え!

岸和田市の庇の取り合いのシーリングが劣化
岸和田市の庇の取り合いのシーリングを打ち替え
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
シーリング・プライマー
築年数
約36年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・7.7万円 雨漏り修理・・13.6万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨仕舞について

泉佐野市の棟の一部積み直し工事です。S様邸は木造・2階建ての住宅で、土葺きの瓦屋根と板金屋根があります。板金屋根との取り合いにあたる棟の端に葺いている瓦の形状が複雑で、雨仕舞が悪く、棟内部に雨水が入り込む可能性があったので、一部解体して積み...........

泉大津市で足場を設置します

泉大津市の屋根修理です。台風で棟の瓦がバラバラに飛散したというご相談をいただき棟の修復・補強工事を行いました。H様邸は木造の2階建てで、土葺きの瓦屋根と増築した部分の板金屋根があり、被害に遭ったのは瓦屋根の方でした。棟は屋根の頂点部のことで...........

泉大津市の台風被害のご相談です!

泉大津市の台風被害に遭った屋根の現地調査です。H様邸は木造の2階建てで、土葺きの瓦屋根と板金屋根があり、被害に遭ったのは瓦屋根の方です。台風の後に家の外に出ると、割れた瓦がたくさん落下しているのを見つけ、近所の家に来られていた業者に依頼して...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747