オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岸和田市の台風でバラバラになった棟瓦を修復して補強しました!


岸和田市の屋根修理です。台風で瓦が飛散し、部屋内に雨漏りしている状態でした。この記事では棟の修復の様子をご紹介します。棟とは屋根の頂点の水平部分のことで、屋根面がぶつかる取り合い部分になります。取り合い部から雨水が浸入しないように、また、屋根面の瓦を固定するために瓦を積み上げて葺かれています。棟は屋根面よりも高い位置にあるため、風や地震の揺れを受けると被害に遭いやすく、N様邸の棟も強風でバラバラに飛散してしまいました。この工事では残った棟瓦はそのままに、飛散している箇所と動いている箇所のみを修復することになりました。
岸和田市の棟瓦が大量に飛散
棟の被害状況です。瓦がバラバラに飛散しています。

N様邸の棟は四角いのし瓦を7段積み上げ、頂部に冠瓦を葺いている形状です。のし瓦を高く積めば積むほど豪華に見えますが、その分風や揺れの影響を受けやすいというデメリットがあります。
岸和田市で足場を設置しました
工事の前に足場を設置しました。

屋根の工事では足場が必要になることがほとんどです。
N様邸は平屋建てですが、ケラバ部(屋根の雨樋が付いていない面の端)や軒先の修理があるため、安全面を考慮して部分足場を設置させていただきました。
岸和田市の棟を修復
この工事では、棟瓦が飛散した部分と動いている部分の修復を行います。一番上に葺いている冠瓦はほとんどが動いている状態でしたので、すべてめくって葺き直します。

棟をすべて解体して積み直すとなると、解体費用や施工費用がかかりますので、修復工事のご提案になりました。
岸和田市の棟をきれいに掃除します
冠瓦や動いている瓦をめくって、棟の上に散らばっている葺き土をきれいに掃除します。
また、屋根面に乾燥した葺き土がのっていると足元が滑って作業がしにくく、大変危険ですので、先に現場を整えました。
岸和田市の棟に葺き土を載せてのし瓦を復旧
飛散したのし瓦を復旧します。
土葺きの屋根は粘り気のある葺き土を下に敷き瓦を美着させて固定しています。

N様邸は在庫で瓦を保管されていたので使用させていただき、不足分を新しい瓦で復旧します。また、屋根の上に飛散していた瓦で破損していないものは再利用します。


岸和田市の棟ののし瓦を木の定木で端を揃えます
のし瓦の端が揃っていないとガタガタとして見えて美観性を損ねてしまいますし、見ていると不安になります。
木の定木をあてて、端を揃えてのし瓦を葺きました。

瓦がきちっと揃っていると屋根全体がきれいに見えます。
岸和田市の棟に冠瓦を葺きます
既存と同じ段数になるようにのし瓦を積み上げ、一番上に冠瓦を葺きます。
冠瓦は半月状の瓦で、棟の取り合いの隙間を塞いで防水する役割があります。
冠瓦との間に隙間ができないように葺き土を多めに載せて瓦を葺きます。
岸和田市の冠瓦をしっかりと密着させて固定します
端から順に冠瓦を並べてしっかりと密着させて固定しました。
冠瓦の端の突起部分が瓦同士が重なる部分になり、天海伊豆が内部に入りにくい形状になっています。
岸和田市の棟に新しい冠瓦を葺きました
在庫の瓦を使用し、不足している部分は新しい瓦で復旧しました。
N様邸の瓦は古くなり、表面の風合いが変化していますので、どうしても新旧の差が出てしまいます。
新しい瓦をランダムで葺くと見た目がごちゃごちゃして見えて逆に目立ってしまいますので、端に寄せて葺きました。
岸和田市の棟にシーリングを充填して補強
上記でご説明しましたが、棟は屋根面よりも突き出ており、高い位置にある為、風や揺れの影響を受けやすい箇所です。
既存の棟は葺き土のみで固定されていましたが、今後の台風や地震のことを踏まえてシーリングを充填して瓦同士を繋いで補強させていただきました。
岸和田市の棟にビスを打ち込んで銅線を通します
シーリングで瓦同士を繋いで補強していますが、もうひと手間加えて補強させていただきます。
のし瓦の隙間に長いビスを打ち込み、銅線をくくり付けて棟に通し、包み込むようにして補強します。
岸和田市の棟に銅線を交互に通して固定します
のし瓦に仕込んだビスに銅線を交互に渡して棟を固定・補強していきます。
こうすることで、瓦がバラバラに飛散するのを防ぐことができます。
岸和田市の棟の鬼瓦の取り合いもシーリングで防水
鬼瓦の取り合いには漆喰を詰めて防水・固定されていましたが、経年と台風の強風で剥がれている状態でした。
この工事ではシーリングを充填して防水し、しっかりと固定させていただきました。
岸和田市の棟の修復完了
棟の被害箇所を修復し、今後に備えて端から端までしっかりと補強したので安心です。
台風でまた同じ箇所が飛散しないようにきちんと処置させていただきました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市のセメント瓦がズレて雨漏りが発生!瓦をシーリングで復旧

岸和田市のセメント瓦がズレています
岸和田市のズレたセメント瓦を固定
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
台風
使用素材
シーリング・漆喰
築年数
築約25年
建坪
約40坪
保証
2年
工事費用
約45万円(税込み・足場費用・カーポートパネル仮撤去及び復旧含む)
施工事例

貝塚市の3階建ての住宅の屋根にガルバリウム鋼板の棟板金を取付

貝塚市の棟板金が飛散
貝塚市の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
貫板・ガルバリウム鋼板・シーリング・ポリカ波板
築年数
築約30年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
棟板金・貫板交換工事・約58万円(税込み)足場費用含む テラス波板張替え及び樋交換工事・約12万円(税込み)
施工事例

岸和田市の台風でめくれた丸瓦の積み直しと漆喰壁などの塗り替え

岸和田市の丸瓦が飛散しています
岸和田市の丸瓦修理完了
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め増し
火災保険
台風
使用素材
漆喰・聚楽・シーリング等
築年数
築約65年
建坪
約42坪
保証
2年
工事費用
約79万円(税込み)足場代、漆喰及び聚楽壁塗替え費含む

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市のセメント瓦がズレて雨漏りが発生!瓦をシーリングで復旧

岸和田市のセメント瓦がズレています
岸和田市のズレたセメント瓦を固定
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
台風
使用素材
シーリング・漆喰
築年数
築約25年
建坪
約40坪
保証
2年
工事費用
約45万円(税込み・足場費用・カーポートパネル仮撤去及び復旧含む)
施工事例

岸和田市の台風でめくれた丸瓦の積み直しと漆喰壁などの塗り替え

岸和田市の丸瓦が飛散しています
岸和田市の丸瓦修理完了
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め増し
火災保険
台風
使用素材
漆喰・聚楽・シーリング等
築年数
築約65年
建坪
約42坪
保証
2年
工事費用
約79万円(税込み)足場代、漆喰及び聚楽壁塗替え費含む
施工事例

岸和田市で穴があいていた銅製の谷板金をガルバリウム鋼板に入替

岸和田市の玄関屋根現況
岸和田市で凍害の症状で玄関屋根の棟瓦と隅棟を積み直し雨漏りも解消したお客様の声
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板・いぶし瓦・なんばん
築年数
築約45年
建坪
約20坪
保証
2年
工事費用
約35万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

忠岡町の破風板と鼻隠し

忠岡町の台風被害に遭った屋根の修理です。N様邸は木造・3階建ての住宅で、台風の強風で破風板とスレートが剥がれてしまいました。破風板とは屋根の雨樋が付いていない面に取り付ける板のことです。N様邸は破風にケイ酸カルシウム板(ケイカル板)を張って...........

忠岡町の台風被害と塗装のご相談

忠岡町のN様より「台風で屋根と外壁が剥がれてしまったんです。火災保険の申請用紙は届いてるんですが、まだ出せていない状態です」とのご相談をいただき、現地調査にお伺いしました。N様邸は木造3階建てです。屋根はスレート葺きで、外壁はサイデイングを...........

貝塚市の波板を張り替えます

貝塚市の木製テラス屋根の入替です。N様邸は台風で屋根や外壁の板金がめくれたり屋根材が飛散するなどの被害を受けました。その時に古くなったテラスの雨樋も破損し、波板も一部めくれてしまったので、この工事で波板を張り替えることになりました。また、テ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747