オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

貝塚市で台風で棟が崩れて瓦の取り合い部の漆喰も剥がれていました


貝塚市にお住いのI様より「台風で波板が飛んだり屋根の瓦も落ちてるんです。修理のお見積りをおねがいできますか?」とのご相談があり現地調査にお伺いしました。I様邸は和瓦の屋根で、屋根の上に上がると棟が崩れている状態でした。
貝塚市の台風被害の調査にお伺いしました
台風の後、少し離れた場所から屋根を見ると、棟の瓦が崩れているのが分かり、街の屋根やさん岸和田店にご相談いただきました。
台風21号では、あきらかに屋根に被害があるのが分かる住宅と、屋根の状態が下から見えない住宅がありましたが、調査のご依頼があったお客様は皆さま大変心配されていました。
貝塚市の棟の瓦が飛散

屋根に上がって確認すると、棟が崩れていました。
棟とは、屋根の頂点、三角になった部分のことで、屋根面同士の継ぎ目であることから必ず隙間ができてしまいます。
隙間をそのままにしておくと、内部に雨水が浸入するので、瓦を積み上げて防水しています。(その方法は屋根材によって異なります)
棟の一番上の仕上げとして冠瓦という半月状の瓦を載せて固定しているのですが、台風の強風で飛散していました。
貝塚市の棟の銅線が切れています

棟は屋根面よりも高く積み上げていますので、地震の揺れや風の影響を受けやすいことをふまえて漆喰や銅線などで固定されていることがほとんどです。
経年で銅線が緩んだり切れることがあると、積み上げた瓦が動きやすくなり、飛散の原因になってしまいます。

I様邸は、棟を固定している銅線が切れている状態でしたので、修復工事の際は新しい銅線を用いてしっかりと固定しなおす必要があります。
貝塚市の屋根の漆喰が傷んでいます
屋根にはいたるところに漆喰を使用しており、それらは瓦同士の接着の役割があったり、隙間を埋めるためだったり、雨水の浸入を防ぐ役割があります。
漆喰は月日とともに剥がれてきますので、そうなると瓦が動いたり、雨水が入りやすくなってしまいます。
I様邸強風の影響か、鬼瓦の取り合いの漆喰が剥がれてきていました。
貝塚市の瓦が割れています
地瓦が割れている箇所もありました。
地瓦とは屋根平場で使用する瓦で屋根の大半を占めています。
地瓦が割れたことにより雨漏りが発生した事例が数多くありますので、差し替えなどの処置が必要です。
貝塚市の波板が飛散
屋根の他に2階のテラスの波板が飛散していました。
I様邸の波板は塩ビ製で、劣化が進んでおり飛散しやすい状態だったといえます。
貝塚市の波板が変形しています
波板を上から見た様子です。
茶色く変色して継ぎ目が変形しているのが分かります。
塩ビ製の波板はこのような劣化の症状が著しく、割れて飛散することが多いので最近ではあまり使用されなくなってきました。代わりに、耐衝撃性に優れたポリカ波板を使用することがほとんどです。
崩れた棟を修復し、棟全体を固定しなおして一部漆喰も詰め直すご提案をさせていただきました。テラスの波板はポリカ波板に張り替えます。

続いて工事の様子をご紹介します。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

忠岡町で割れた瓦の交換や剥がれた漆喰の詰め直し工事を行いました

岸和田市の台風被害に遭った屋根
岸和田市の割れた瓦の修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
地瓦11枚・軒先瓦3枚・漆喰・シーリング
築年数
約40年
建坪
約14坪
保証
1年
工事費用
屋根修理費用・・約15.5万円(税込み)足場費用・・約9.4万円(税込み)
施工事例

泉南市の黒い釉薬瓦の降り棟が台風で崩れ修復と補強をしました!

泉南市の台風で飛散した降り棟の瓦
泉南市の降り棟の修復完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
釉薬瓦・葺き土・銅線・漆喰・シーリング他
築年数
約25年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・約17.2万円 屋根修理費用・・約31万円 波板張替え・・8.5万円(すべて税込み)
施工事例

泉大津市で雨漏りが発生!瓦のズレを補修しラバーロックしました

泉大津市の屋根修理前
泉大津市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
瓦補強用ビス・シーリング
築年数
約50年
建坪
約10坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・約19.5万円(税込み)瓦ズレ修復及び固定工・・約27万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

貝塚市の老朽化した朝日ソーラーの太陽熱温水器を撤去した施工事例

貝塚市の太陽熱温水器
貝塚市の太陽熱温水器撤去完了
工事内容
その他の工事
使用素材
シーリング他
築年数
築39年
建坪
約23坪
保証
無し
工事費用
約6万円(太陽熱温水器撤去・システム用配管端部仕舞・瓦補強工他含む)
施工事例

貝塚市の3階建ての住宅の屋根にガルバリウム鋼板の棟板金を取付

貝塚市の棟板金が飛散
貝塚市の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
貫板・ガルバリウム鋼板・シーリング・ポリカ波板
築年数
築約30年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
棟板金・貫板交換工事・約58万円(税込み)足場費用含む テラス波板張替え及び樋交換工事・約12万円(税込み)
施工事例

貝塚市の軒天井のケイ酸カルシウム板を張替え塗装した各所修理工事

貝塚市の軒天井破損
貝塚市の修理した軒天井と破風板
工事内容
破風板・軒天部分補修
雨樋交換
その他塗装
足場
火災保険
台風
使用素材
ケイ酸カルシウム板、塗料、塩ビ雨樋、ガルバリウム鋼板、化粧合板など
築年数
約35年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約180万円(税込み・足場代含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉佐野市の棟の銅線が切れています

泉佐野市で台風被害に遭った屋根の修理を行いました。この記事では棟瓦や屋根面の瓦の補強の様子をご紹介します。

雨仕舞について

泉佐野市の棟の一部積み直し工事です。S様邸は木造・2階建ての住宅で、土葺きの瓦屋根と板金屋根があります。板金屋根との取り合いにあたる棟の端に葺いている瓦の形状が複雑で、雨仕舞が悪く、棟内部に雨水が入り込む可能性があったので、一部解体して積み...........

泉佐野市の台風で屋根に被害が遭ったとのご相談

泉佐野市の屋根の現地調査の様子をご紹介します。。台風で瓦がズレたということで街の屋根やさん岸和田店にご相談をいただきました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747