貝塚市で台風で棟が崩れて瓦の取り合い部の漆喰も剥がれていました


貝塚市にお住いのI様より「台風で波板が飛んだり屋根の瓦も落ちてるんです。修理のお見積りをおねがいできますか?」とのご相談があり現地調査にお伺いしました。I様邸は和瓦の屋根で、屋根の上に上がると棟が崩れている状態でした。
貝塚市の台風被害の調査にお伺いしました
台風の後、少し離れた場所から屋根を見ると、棟の瓦が崩れているのが分かり、街の屋根やさん岸和田店にご相談いただきました。
台風21号では、あきらかに屋根に被害があるのが分かる住宅と、屋根の状態が下から見えない住宅がありましたが、調査のご依頼があったお客様は皆さま大変心配されていました。
貝塚市の棟の瓦が飛散

屋根に上がって確認すると、棟が崩れていました。
棟とは、屋根の頂点、三角になった部分のことで、屋根面同士の継ぎ目であることから必ず隙間ができてしまいます。
隙間をそのままにしておくと、内部に雨水が浸入するので、瓦を積み上げて防水しています。(その方法は屋根材によって異なります)
棟の一番上の仕上げとして冠瓦という半月状の瓦を載せて固定しているのですが、台風の強風で飛散していました。
貝塚市の棟の銅線が切れています

棟は屋根面よりも高く積み上げていますので、地震の揺れや風の影響を受けやすいことをふまえて漆喰や銅線などで固定されていることがほとんどです。
経年で銅線が緩んだり切れることがあると、積み上げた瓦が動きやすくなり、飛散の原因になってしまいます。

I様邸は、棟を固定している銅線が切れている状態でしたので、修復工事の際は新しい銅線を用いてしっかりと固定しなおす必要があります。
貝塚市の屋根の漆喰が傷んでいます
屋根にはいたるところに漆喰を使用しており、それらは瓦同士の接着の役割があったり、隙間を埋めるためだったり、雨水の浸入を防ぐ役割があります。
漆喰は月日とともに剥がれてきますので、そうなると瓦が動いたり、雨水が入りやすくなってしまいます。
I様邸強風の影響か、鬼瓦の取り合いの漆喰が剥がれてきていました。
貝塚市の瓦が割れています
地瓦が割れている箇所もありました。
地瓦とは屋根平場で使用する瓦で屋根の大半を占めています。
地瓦が割れたことにより雨漏りが発生した事例が数多くありますので、差し替えなどの処置が必要です。
貝塚市の波板が飛散
屋根の他に2階のテラスの波板が飛散していました。
I様邸の波板は塩ビ製で、劣化が進んでおり飛散しやすい状態だったといえます。
貝塚市の波板が変形しています
波板を上から見た様子です。
茶色く変色して継ぎ目が変形しているのが分かります。
塩ビ製の波板はこのような劣化の症状が著しく、割れて飛散することが多いので最近ではあまり使用されなくなってきました。代わりに、耐衝撃性に優れたポリカ波板を使用することがほとんどです。
崩れた棟を修復し、棟全体を固定しなおして一部漆喰も詰め直すご提案をさせていただきました。テラスの波板はポリカ波板に張り替えます。

続いて工事の様子をご紹介します。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
メニ―ウェルテラス ポリカ屋根
築年数
築35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約33万円(税込・建具調整費含む)
施工事例

岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装

岸和田市極楽寺町のカビ除去もした外壁と屋根塗装 現況
岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
その他塗装
使用素材
屋根・・当社推奨遮熱塗料(2液シリコン)外壁・当社推奨シリコン塗料
築年数
25年
建坪
30坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約110万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉南市の台風被害の現地調査

泉南市で台風被害に遭った住宅の現地調査を行っているときに、お隣に住むI様に「うちも屋根の瓦がズレてるんです。一緒に見てもらえませんか?」とお声をかけていただき、調査をさせていただきました。

泉大津市の天窓からの雨漏りのご相談

泉大津市にお住いのN様より「台風21号の時に天窓からの雨漏りしたので見に来てもらえますか?」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。N様邸の屋根はスレート(平型の薄い屋根材)で、大屋根(一番高い屋根)に天窓が付いていました。

和泉市の瓦がめくれています

和泉市のK様の初めのご相談は「台風で屋根の瓦が飛散してテープを貼って応急処置してるんですが、工事が先になるなら心配なのでしっかりと応急処置してもらえませんか?」というものでした。ブルーシートで応急処置させていただき、工事に至ります。