岸和田市のテレビアンテナ・棟板金・軒樋が風害に遭っていました!


岸和田市のアンテナ倒壊などの調査
岸和田市のお住いのI様より「台風でテレビのアンテナが倒れて屋根の板金も飛んだんです。雨樋も落ちてるのでとりあえず見積もりしてもらえますか?」とご相談があり現地調査にお伺いしました。

I様邸は長家で、お隣さんの棟板金も飛散していました。
岸和田市の庭に板金が落下していたそうです
台風が去った後、下から屋根を見上げたらテレビのアンテナが倒れていることに気づかれたそうです。また、庭には屋根の板金が落下していました。

台風21号では、ありとあらゆるものが飛散し、台風直後には家の周りにたくさんの飛散物が落ちていました。
I様は、板金を見つけて、すぐに「屋根に付いてたものだ!」と気づかれて保管されていました。
岸和田市の針金が切れてアンテナが倒れています

屋根に上がって確認すると、テレビのアンテナが横倒しになっていました。
昔のアンテナは、針金で固定されていることがほとんどです。経年劣化で針金が緩んでくると、強風が吹いた時にアンテナが倒れやすくなります。

後日、電気の職人がアンテナの調査を行うと、電波状況に問題がなかったので立て直して再利用することになりました。
岸和田市の棟板金が飛散
庭に板金が落ちていたということでしたが、屋根に上がって確認すると、やはり棟板金が飛散していました。

棟板金とは、屋根の頂点部分に被せて取り付ける板金のことで、これが無いと屋根材の内側に雨水が入ってしまいます。
「屋根材の内側に雨水が入ったら雨漏りするのでは?」と心配されると思いますが、スレート屋根の屋根材の下にはルーフィングという防水シートがありますのですぐに雨漏りすることはありません。ですが、屋根材の内側に雨水が入ると湿気などの影響で屋根にとってあまりいいことはありませんので必ず修復しましょう。

岸和田市の隣の家の板金も飛散
I様邸は、長屋でお隣さんの屋根の棟板金も飛散していました。
棟板金は下地の貫板という板に釘で打ち付けていますが、下地の板も一緒に飛散していました。
板金の隙間から雨水が入って貫板が濡れると、少しずつ腐食してきます。貫板が腐食すると板金を留めている釘が効かなくなり、飛散しやすくなります。
I様邸は貫板も飛散している状態で、貫板を留めている釘は残っていたので板が腐食して割れて飛散したのでしょう。
岸和田市の板金を留めている釘が抜けてきています
残っている板金を調べると、既存の板金を留めている釘が抜けかかっていました。
棟は屋根の高い位置にありますので、風がまともにあたります。何度も何度も雨風に晒されているうちに、板金を留めている釘が抜けてくることがあります。釘が完全に抜けてしまうと、板金が飛散しやすくなりますので、屋根の点検時には必ず見てもらいましょう。
岸和田市の下り棟の板金も飛散してます
下り棟の板金も飛散していました。
下り棟とは、軒先に向かって降りる棟のことです。
こちらは片方の下地の貫板が残っていました。

落下していた棟板金を確認するとまだ使えそうだったので、再利用し、足らずの板金は新しいものをご用意させていただきます。
岸和田市の軒樋が飛散しています
軒樋の飛散もありました。
軒樋が受け金具から外れて一列なくなっていました。
樋がないと、屋根に落ちた雨水が直接流れ落ちるので、雨も力で地面が削れたり、雨降りの時に大きな音が出る可能性があります。
軒樋は新しい樋をご用意して取り付けることになりました。
街の屋根やさん岸和田店は、屋根のことなら何でもご相談を承っておりますので、心配なことがございましたらお気軽にご相談くださいね。

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市のカラー鋼板屋根を金属屋根・ガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市西之内町の錆びた屋根のカラー鋼板
岸和田市西之内町のガルバリウム鋼板の屋根に葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築50年
建坪
保証
工事費用
約23万円(税込)
施工事例

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 現況
岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装
工事内容
屋根塗装
使用素材
遮熱材入屋根専用塗材
築年数
約15年
建坪
40坪
保証
工事費用
約35万円(足場含まず)
施工事例

岸和田市下池田町/和室の天井に雨漏り発生!ベランダのコーキング打替修理

岸和田市下池田町のベランダシーリング現況
岸和田市下池田町のベランダコーキング打ち替え
工事内容
雨漏り修理
使用素材
コーキング材
築年数
建坪
保証
工事費用
約3.9万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市の棟板金などが飛散

和泉市のスレート屋根の棟板金復旧などの工事のご紹介です。T様のご相談は「台風21号で屋根に被害があって、知り合いに頼んで応急処置はしたんですが、修理をしてくれる業者を探してるんです」とのことで、まずは現地調査を行い修理工事に至ります。T様邸...........

岸和田市で部分足場を設置

岸和田市の台風で飛散した棟板金の復旧の様子をご紹介します。K様邸はカラーベスト(軽量で薄い屋根材)の屋根で、台風21号で棟の板金と下地の貫板が飛散していました。他にも雨戸や外灯の破損、カーポートの平板もすべて飛んでしまいました。

泉大津市の台風被害の現地調査

泉佐野市の台風被害に遭った住宅の現地調査の様子をご紹介します。I様邸はスレート(平型の薄い屋根材)の屋根で棟の板金とその下地の貫板が飛散し、棟の下のスレートも数枚飛んでいる状態でした。