岸和田市/雨漏りのご相談で屋根を点検!棟から雨水が入っているようです


岸和田市の和室の天井の雨漏り調査
岸和田市にお住いのT様より「和室の天井に雨漏りしてるんで見に来てもらえますか?」とご相談があり現地調査にお伺いしました。
T様邸は二階建ての部分と一階建て、増築部とあり、雨漏りしているお部屋は一階建ての建物のお部屋だということです。

岸和田市の和室の天井の雨染み
雨漏りしているお部屋を確認させていただきました。

天井の一カ所に雨染みがあり、最近急に雨漏りして、心配になってご連絡をいただきました。

天井裏からポタポタと雨音がしたり、染みができたり、実際に雨水が部屋内に落ちてきたりすると驚きますよね。
岸和田市の地瓦がもう一枚必要
雨漏りしているお部屋の上の屋根に上がって調査をしました。
瓦のズレなどはなく、一見きれいな屋根に見えますが、棟の部分に問題がありました。
棟とは、屋根の頂点にある水平部分の事です。
棟にはのし瓦という四角くて平たい瓦を積み上げていますが、雨漏りしている屋根面の、のし瓦の下の地瓦(屋根面に使用している瓦)が棟の中にあまりのみ込んでいない状態でした。
写真の黄色い点線部分、棟の両側にもう一枚地瓦があるのが理想的です。
岸和田市の棟へののみ込みが少ないです

地瓦は大きさが決まっており、屋根の形状に合わせてカットしたりして使用します。
瓦同士は少し重ねて葺いていますが、横から見るとその大きさがだいたい判別できます。
そのことから、棟の面戸漆喰(白い半月上の部分)の下の地瓦が、ほとんど棟の中に入っていないことが分かります。
(反対側の棟は大丈夫でした)
岸和田市の棟の下に地瓦を一枚追加します

棟の中への瓦ののみ込み代が少ないと、吹上げの雨が降った時や雨の量が多い時などに棟の中に雨水が浸入する可能性が高くなります。(棟に接する瓦の先が短いので雨水がすぐに棟の内側に廻ります)
また、漆喰の下の瓦の幅が広いので雨水が滞在しやすく、その分漆喰が雨水を吸い込んでしまう傾向にあります。
ですので、黄色い点線部分のように、瓦を一枚追加してあげると、棟の中央付近まで瓦が伸びますし、瓦が短い分、雨水が切れやすくなるため、棟の内側に水が廻るのを抑えることができます。
岸和田市の棟の漆喰が手前に出ています!
さらに、のし瓦の下の面戸漆喰がやや手前に出すぎていると見受けられました。
面戸漆喰は瓦と瓦を接着し、棟の中の葺き土を保護しています。この漆喰が手前に出ていると、上にあるのし瓦から伝ってきた雨水が漆喰にあたるなどして切れにくくなり、逆に漆喰が雨水を大量に吸い込んでしまいます。
そうなると、棟の中に雨水が浸入して雨漏りの原因になることがあります。
岸和田市の瓦がひび割れています
瓦のひび割れも数か所ありました。

瓦が割れるとそこから雨水が染み込んで、量にもよりますが、下地の土が流れたり、傷んだ部分から雨水が部屋内に侵入して雨漏りすることがあります。

瓦のひび割れはコーキングで補修することもできますが、一枚から差し替えも可能です。
今回は、雨漏りしている屋根の棟を一旦解体し、雨漏りしている屋根面の棟の下に短くカットした地瓦を足してから棟を復旧することになりました。ひび割れた瓦は差し替えます。
岸和田市の屋根の状況
せっかくなので、雨漏りしていない他の棟の屋根も点検させていただきました。
二階の屋根と増築部の屋根を点検します。
岸和田市の棟の中に雨水が廻っています!
二階建ての屋根の下にあるお部屋には雨漏りされていないということですが、棟の中に水が廻っている形跡がありました。
瓦の谷になっている部分に棟から出てくる黒っぽい筋のようなものがあります。これは、棟の中に水が浸入し、下地の土のアクなどと一緒に流れ出た状態を示しています。
棟の中に雨水が廻り、小屋裏に雨水が浸入しても量が少ない時は部屋内の目に見えるところに雨水が出てこない場合があります。

岸和田市の屋根で凍害で瓦の表面がめくれています
また、二階建て部分の瓦は、部分的に凍害の被害にあっていました。
瓦の凍害とは、瓦を焼いた時にできた気孔の中に水分が浸入して、寒い時期にはその水分が凍ります。水分が凍ると体積が増えて膨張します。その膨張による力で瓦の組織が破壊され、表面が弾かれたように割れたりヒビが発生してしまいます。
岸和田市の増築部の屋根が塗装が剥がれて屋根材が傷んでいます
増築部の屋根はスレート瓦葺きでした。
スレート瓦はセメントを主原料とした薄型の屋根材で、表面に塗装を施しています。
その塗装が経年劣化で剥がれて閉まっていました。
塗膜が劣化すると、瓦が水分を吸収するようになりやがて屋根材自体が痛む原因となります。
この屋根は塗装などのメンテナンスが必要です。
岸和田市の増築部の屋根が塗装が剥がれて屋根材が傷んでいます
増築部と二階建ての屋根の取り合いにある谷樋(谷に設けられた樋)が銅板で、穴が開きそうになっていました。
雨水が同じ個所を打ち付けることで銅板が摩耗して穴が開いてしまう事例が多くあり、それが原因で雨漏りしています。
T様邸の谷樋は穴は開いていませんでしたが、今後、より強い材料の樋に交換するといいでしょう。
街の屋根やさん岸和田店は、雨漏りの調査や屋根の点検も行っております。
屋根の事で気になることがございましたらお気軽にご相談くださいね。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市下池田町/和室の天井に雨漏り発生!ベランダのコーキング打替修理

岸和田市下池田町のベランダシーリング現況
岸和田市下池田町のベランダコーキング打ち替え
工事内容
雨漏り修理
使用素材
コーキング材
築年数
建坪
保証
工事費用
約3.9万円(税込)
施工事例

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
メニ―ウェルテラス ポリカ屋根
築年数
築35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約33万円(税込・建具調整費含む)
施工事例

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装
岸和田市春木本町のひび補修と外壁塗装
工事内容
漆喰詰め直し
雨漏り修理
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
当社推奨セラミックシリコン
築年数
30年
建坪
35坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約130万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市のカラー鋼板屋根を金属屋根・ガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市西之内町の錆びた屋根のカラー鋼板
岸和田市西之内町のガルバリウム鋼板の屋根に葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築50年
建坪
保証
工事費用
約23万円(税込)
施工事例

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 現況
岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装
工事内容
屋根塗装
使用素材
遮熱材入屋根専用塗材
築年数
約15年
建坪
40坪
保証
工事費用
約35万円(足場含まず)
施工事例

岸和田市下池田町/和室の天井に雨漏り発生!ベランダのコーキング打替修理

岸和田市下池田町のベランダシーリング現況
岸和田市下池田町のベランダコーキング打ち替え
工事内容
雨漏り修理
使用素材
コーキング材
築年数
建坪
保証
工事費用
約3.9万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉大津市の天窓からの雨漏りのご相談

泉大津市にお住いのN様より「台風21号の時に天窓からの雨漏りしたので見に来てもらえますか?」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。N様邸の屋根はスレート(平型の薄い屋根材)で、大屋根(一番高い屋根)に天窓が付いていました。

泉大津市の台風被害の現地調査

泉佐野市の台風被害に遭った住宅の現地調査の様子をご紹介します。I様邸はスレート(平型の薄い屋根材)の屋根で棟の板金とその下地の貫板が飛散し、棟の下のスレートも数枚飛んでいる状態でした。

和泉市の壁際水切りを取付け

和泉市の雨漏り修理及び台風被害箇所の修復工事のご紹介です。U様邸は鉄骨造で屋根はスレート、外壁はモルタルの塗り壁です。お隣さんと外壁がつながっている形状で、お隣さんの方が建物が高いため、U様邸の屋根が外壁の取り合いになっています。U様邸は台...........