高石市で化粧スレート屋根の棟板金が飛散し調査に伺いました!


高石市の屋根の調査
高石市の板金が落下していたそうです
高石市にお住いのO様より「先日の台風で屋根の板金が剥がれたんです。今のところ雨漏りはしてないんですが、修理の見積をお願いします」とご相談を頂き現地調査にお伺いしました。
台風直後に家の周囲を確認すると、板金が数枚落ちていたそうです。また、2階ベランダのテラスの波板も全て飛散している状態でした。
高石市の板金が飛散しています
屋根に上がって確認すると、化粧スレートの棟の板金が飛散していました。
棟とは屋根の頂点の水平部分のことで、二つの屋根面が合流する箇所です。この部分には必ず隙間ができますので、雨水が入らないように処置しないといけません。
化粧スレート(平型の薄い屋根材)の場合、この「棟」部分に加工した板金を被せて防水していますが、今回、その板金が強風で飛ばされてしまいました。
高石市の下地の貫板もめくれています

水平棟の板金に加えて降り棟(くだりむね・軒先に向かって下りる棟)の板金も飛散していました。

降り棟に関しては、板金の下にある「貫板・ぬきいた」と呼ばれる長い下地材もめくれてしまっていました。
高石市の屋根の貫板が割れています

下り棟を横から見た様子です。
下地の貫板が途中で割れて飛散していました。
貫板は屋根面に向かって上から釘留めされていますが、屋根に釘だけ残っていることから、貫板の劣化により割れて飛散したことが分かります。
高石市の屋根材が割れています
貫板の下の屋根材が割れている箇所がありました。
割れた断面が新しいので、貫板が飛散する時に、釘留めしている箇所に負荷がかかり割れてしまったのでしょう。

化粧スレートが割れた場合、1枚から差し替えが可能です。割れの大きさや場所によってはコーキングを充填して処置する場合もあります。
高石市の屋根の板金を留めている釘が抜けてきています
屋根に残っていた板金を確認すると、板金を固定している釘が抜けかかってきていました。
板金は下地の貫板に向かって釘留めされているので、下地の貫板が腐食するなど劣化が進むと釘が効かなくなって抜けてきます。釘が緩むと板金が飛散しやすくなりますので、修理の際はしっかりと打ちし、釘頭にコーキングを充填して抜けるのを防ぎます。
棟板金が飛散すると屋根材の内側に雨水が浸入しますが、屋根材の下にはルーフィングという防水シートがありますので、すぐに雨漏りすることはありません。(ルーフィングが破損していると雨漏りします)
ですが、屋根材の内側に湿気がこもると、下地の野地板が傷む原因になりますので、放置せず必ず修理しましょう。

街の屋根やさん岸和田店は、棟板金の点検・修理・交換など承っておりますのでお困りの方はお気軽にご相談ください。

同じ地域の施工事例

施工事例

高石市千代田のベランダの波板が飛んで不便だったので張り替えました!

高石市千代田の二階ベランダの飛んでしまった波板現況
高石市千代田の二階ベランダのテラス波板張替え完了
工事内容
その他の工事
使用素材
ポリカーボネート波板・ポリカフック
築年数
建坪
保証
工事費用
約4.8万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

忠岡町の棟板金の飛散などのご紹介

忠岡町A様邸の風雨災害の現地調査です。「台風21号で屋根のトタンが剥がれた」とご相談をいただきました。A様邸はカラーベストの屋根です。カラーベストは平型に形成された薄い屋根材のことで「化粧スレート」「コロニアル」とも呼ばれています。

和泉市の棟板金などが飛散

和泉市のスレート屋根の棟板金復旧などの工事のご紹介です。T様のご相談は「台風21号で屋根に被害があって、知り合いに頼んで応急処置はしたんですが、修理をしてくれる業者を探してるんです」とのことで、まずは現地調査を行い修理工事に至ります。T様邸...........

岸和田市で部分足場を設置

岸和田市の台風で飛散した棟板金の復旧の様子をご紹介します。K様邸はカラーベスト(軽量で薄い屋根材)の屋根で、台風21号で棟の板金と下地の貫板が飛散していました。他にも雨戸や外灯の破損、カーポートの平板もすべて飛んでしまいました。