オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

泉佐野市の厚型スレート屋根の棟板金取り付けやひび割れ補修


泉佐野市の台風被害に遭ったスレート屋根の修理です。H様邸は台風で降り棟(軒先に向かって降りる棟)に取付けている板金が一部飛散し、庭に落下していました。屋根が急こう配で現地調査当日に上に上がって確認できなかったので、足場を先行して設置し、修理に至ります。飛散した板金はその形状から釘留めできませんので、シーリングで接着・固定させていただきました。また、ひび割れも同様にシーリングでの補修です。屋根の野地板の裏側のささくれが気になるとのご相談でしたので、カットして塗料で塗り込んでメンテナンスすることになりました。
泉佐野市のタスペーサーを入れた厚型スレート屋根の塗装 お客様の声
足場の設置状況です。
H様邸は屋根が急こう配で、調査当日に屋根の上に上がることができませんでしたが、この工事で屋根と外壁の塗装を行うことが決まっていたので、足場を先行して各所を点検しました。
泉佐野市で屋根足場を設置
屋根が急こう配で、塗装をするにも修理をするのにも足場がないと危険です。そのため、屋根にも足場を設置させていただきました。これで職人が安全に作業でき、作業効率も上がります。
泉佐野市の野地板のささくれが気になるとのことです
H様は、2階のベランダに上がった時に、軒樋(横方向の雨樋)と外壁の隙間から木の板がめくれてきているのが気になるのでどうにかなりませんか、と心配されていました。この板は、屋根の下地の野地板(構造用合板)の裏面にあたります。軒先は雨水が集中する箇所ですので、少なからず水が廻り、経年でこのように板の表面が剥がれてくることがあります。野地板を入れ替えるとなると、屋根材をめくらないといけないため現実的ではありません。ですので、この場合のメンテナンスは、剥がれてきている部分をカットし、塗料を塗りこんで木部を補修する方法をとることがほとんどです。
泉佐野市の野地板のささくれをカット
野地板のささくれのメンテナンス状況です。
軒樋と外壁との隙間にのこぎりを差し込んでささくれをカットしていきます。細合部で、上を向いての作業ですので時間がかかります。ささくれを撤去しないでそのまま塗料を塗り込むと、見た目が変わらず、H様の心配が解消されませんので、丁寧に切り落としていきます。
泉佐野市の剥がれてきていた野地板です
剥がれてきていた野地板です。剥がれてきているのは板の表面で、野地板には厚みがありますので取り除いても問題ありません。逆に、野地板の腐食が進んでいる場合は、屋根自体の強度に影響をきたしますので、野地板を入れ替えないことがあります。
泉佐野市の棟の板金が剥がれています
続いて、飛散した棟板金の復旧です。
H様邸は、厚型のスレート(セメントと繊維質などを混ぜて板状に加工した屋根材)を葺いた屋根で、降り棟に板金を取付けていました。スレートに厚みがあるため、長い板金を取付けると隙間が生じてしまうため、1段1段に板金を被せています。
泉佐野市の板金にシーリングを充填して板金を復旧します
この板金は、下から順に取付けられ、上に重なる板金の下で釘留めされていますので、部分的な修復の場合、釘留めすることができません。ですので、シーリング材を充填して密着・固定させていただきました。
泉佐野市の板金を復旧しました
シーリングを充填し、板金を被せて固定・復旧しました。
この板金は、台風直後に庭に落下していたもので、再利用して復旧しました。このように、飛散した板金が傷んでいなければ、再利用することが可能です。
泉佐野市の板金の継ぎ目にシーリング充填
今後の台風で、また板金が飛散しないように、板金同士の継ぎ目にもシーリングを充填して補強させていただきました。
シーリングで繋げていますので、風を受けても飛散しにくくなりました。
泉佐野市のスレートのひび割れにシーリング充填
H様邸はスレートが数カ所でひび割れていました。
スレートは表面を塗装して防水性を持たせていますので、塗膜が傷んで剥がれてくると、スレートが雨水を吸い込んでしまうようになります。そうすると、水を含んだ時に膨張し、乾燥する時の収縮の動きでスレートが割れることがあります。このような劣化症状を抑えるためにも定期的な塗り替えが必要です。
泉佐野市の既存のシーリングを撤去
現在発生しているひび割れの他に、以前発生した屋根のひび割れの補修をされている箇所がありました。
スレートが割れてズレていたのか、上からビス留めして固定し、ひび割れ面にはシーリングを充填していました。屋根面にビスを打ち付けると、ビス頭から雨水が浸入することがありますので、ビス頭にもシーリングを充填させていただきます。また、既存のシーリングは剥がしてきちんと打ち直します。
泉佐野市のひび割れ補修完了
スレートのひび割れ補修完了です。
ひび割れはもちろん、ビス頭にもシーリングを充填させていただきました。
シーリングの色が白いので補修箇所が目立っていますが、この後屋根塗装を行いますのできれいに仕上がります。
泉佐野市の板金も補強したので安心です
台風で飛散した板金の他の、既存の棟板金すべてにシーリングを充填して補強したので安心です。
板金部分も屋根塗装の時に同じ色で塗り込みますので、一体性ができて美しくなります。
棟板金は、屋根の高い位置にありますので、台風の強風や地震時の揺れの影響を受けやすい箇所です。H様邸のように棟に板金を取付けている場合は、板金を固定している釘がゆるんだり、下地の板が腐食していると風で飛ばされる危険性がありますので、定期的に点検してもらいましょう。

次は屋根塗装の様子をご紹介します。


この工事の現場ブログ

泉佐野市のタスペーサーを入れた厚型スレート屋根の塗装 お客様の声

2020/04/30/ 泉佐野市の厚型スレート屋根の棟板金取り付けやひび割れ補修

泉佐野市の台風被害に遭ったスレート屋根の修理です。H様邸は台風で降り棟(軒先に向かって降りる棟)に取付けている板金が一部飛散し、庭に落下していました。屋根が急こう配で現地調査当日に上に上がって確認できなかったので、足場を先行して設置し、修理...........

泉佐野市の板金も補強したので安心です

2020/05/19/ 泉佐野市のモルタル外壁の塗装でイメージを変えずに塗装しました

泉佐野市の外壁塗装です。H様の初めのご相談は、台風被害のことでした。スレートの屋根の棟板金が飛散する被害に遭い、その時のご相談でそろそろ塗装の時期に来ているので検討している、とのお話があり、同時に塗装も行うことになりました。前回の記事でスレ...........

泉佐野市の棟板金が外れたとのご相談

2020/04/27/ 泉佐野市で台風で厚型スレートの棟板金が剥がれたとのご相談です

泉佐野市にお住いのH様より「台風で棟板金が剥がれたんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。H様邸は築20年、2階建てで屋根は厚型スレート、外壁はモルタルの塗り壁です。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉佐野市のスレート屋根とモルタル外壁を既存と同じ雰囲気で塗り替え

泉佐野市の厚型スレートの屋根です
泉佐野市のタスペーサーを入れた厚型スレート屋根の塗装 お客様の声
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
日本ペイント・サーモアイSi 
築年数
約20年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約150万円(足場代含む)
施工事例

忠岡町の屋根修理で落ちた瓦を修復し漆喰も詰め直しました

忠岡町の台風被害に遭った降り棟
忠岡町の降り棟修理後の様子
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
いぶし瓦・漆喰・ポリカーボネート波板他
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約80万円(税込み)足場代、カーポート・テラス波板張替え及び塗装費用含む
施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉佐野市のスレート屋根とモルタル外壁を既存と同じ雰囲気で塗り替え

泉佐野市の厚型スレートの屋根です
泉佐野市のタスペーサーを入れた厚型スレート屋根の塗装 お客様の声
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
日本ペイント・サーモアイSi 
築年数
約20年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約150万円(足場代含む)
施工事例

泉佐野市俵屋の屋根塗装で耐久性のある屋根になりました!

泉佐野市俵屋で遮熱塗料での屋根塗装着工
泉佐野市俵屋で屋根の上塗り塗装に入りました!
工事内容
屋根塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料
築年数
築16年
建坪
35坪
保証
工事費用
約42万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市の崩れた棟を修復します

和泉市の屋根修理です。台風で棟の瓦が飛散し、下にある地瓦が割れていまいました。玄関の天井で雨漏りが発生している状態です。この記事では崩れた棟の修復の様子をご紹介します。Y様邸は土葺きの瓦屋根です。棟を一度解体し、積み直す工事は費用がかさんで...........

和泉市の屋根の現地調査

和泉市の台風被害に遭った屋根の現地調査です。玄関の天井に雨漏りが発生していました。Y様邸は平屋建てで土葺きの瓦屋根です。棟の瓦(屋根の頂点の水平部)が強風で飛散し、屋根面に落下したことで地瓦(屋根面の瓦)が割れて雨漏りしていました。台風後に...........

熊取町の軒先から順に瓦を葺きます

熊取町の雨漏り修理です。台風の影響で屋根の瓦がズレたり、漆喰が剥がれるなどの被害に遭いました。H様邸は長屋で、お隣の建物と繋がっている形状で、屋根の取り合い部には谷樋を設けています。その谷樋が劣化し、錆びついて穴があいている状態でした。また...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747