オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

泉大津市で化粧スレート屋根の棟板金が飛散し貫板も交換しました


泉大津市のK様より、台風の時に雨漏りが発生したとのご相談があり現地調査後各所修理工事を行うことになりました。
雨漏りは2階のお部屋の天井と、ベランダの下のお部屋の天井に発生しており、修理の内容は剥がれた棟板金の交換とベランダの波板張替え、雨漏り修理でベランダ防水、他、雨漏りした天井板の張り替えです。
今回はその中の棟板金の交換工事をご紹介します。
泉大津市の降り棟の板金がめくれています
K様邸の屋根は化粧スレート(平型の屋根材)で、降り棟の板金が剥がれて屋根の上に乗っている状態でした。

棟とは屋根と屋根とがぶつかる頂点部分のことで、そこにできる隙間を埋めるために板金を被せて取付けています。
降り棟とは軒先に向かって下りる棟のことで、そこの板金がめくれてしまっていました。
泉大津市の貫板がむき出しです
降り棟の板金がめくれて下地の貫板がむき出しになっていました。
棟板金はこの貫板に向かって釘留めされていますが、貫板が腐食するなど傷んでくると、釘が緩んで板金がめくれやすくなってしまいます。
泉大津市の既存の板金と貫板を撤去
貫板の上には板金を被せているので直接水に濡れませんが、雨の量が多い日や吹き降りの雨の時など板金と屋根の隙間から雨水が染み込んでしまいます。そうなると、貫板の劣化が進み、板金を固定している釘が抜けてきて板金が飛散しやすい状態になってしまいます。
K様邸の貫板も傷んでいたので、そのまま板金を固定するとまためくれる可能性がありますので、貫板も新しく交換します。
泉大津市の降り棟の貫板を取付けます
既存の板金と貫板を撤去した後、新しい貫板を取付けます。
貫板は屋根面に向かってしっかりとビス留めします。
泉大津市の板金の継ぎ目はコーキングで防水
続いて板金を被せ、貫板に向かってビス留めします。
板金は1本ではなく継ぎ足して取付けますので、継ぎ目から雨水が入らないようにコーキングを充填しました。

泉大津市の板金の上からもコーキング充填

板金の継ぎ目にコーキングを充填し、板金の継ぎ目の上からもコーキングを充填しました。

板金の継ぎ目は上部にあり、雨水が染み込みやすい箇所なので、このように二重にコーキング処理しておくと安心です。
泉大津市の棟のかき合い部分も防水しました

水平棟(横方向の棟)と降り棟の取り合いでY字になった部分を「かき合い」と言います。

かき合い部分は板金の加工にも手間がかかりますし、形状が複雑なので雨漏りしやすい箇所です。
雨水の浸入を防止するために、かき合い部分にもコーキングを十分に充填しました。
泉大津市の棟板金交換完了です
降り棟の棟板金交換完了です。
棟板金は、貫板に向かって釘留めされていますが、強風や地震の揺れなどの影響で釘が緩んで抜けてくることがあります。
そうなると少しの風でも板金がズレたり、今回のようにめくれ上がってしまいますので、定期的に点検し、メンテナンス時には抜けにくいビスを用いて固定します。
板金が飛散して誰かにぶつかったり、傷つけると大変ですので、異変を感じることがございましたら街の屋根やさん岸和田店までお気軽にご相談ください。

次はベランダの防水をご紹介します。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)
施工事例

和泉市の貫板が腐食し棟板金が剥がれた事例!釘の緩みは要注意!

和泉市の棟板金飛散状況
和泉市の棟板金交換完了
工事内容
棟板金交換
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板、杉貫板
築年数
約15年
建坪
約35坪
保証
1年
工事費用
約33万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉大津市の雨漏り修理に伴うベランダのウレタン防水工事

泉大津市の保護モルタルのベランダです
泉大津市のベランダ防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
3年(雨漏りにおいて)
工事費用
約20万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉佐野市の棟板金が無いように見えます

泉佐野市の棟板金交換工事です。Y様邸は3階建ての鉄骨造です。台風でテラスの平板が飛散し、棟板金もなくなっているように見える、とのご相談がありました。現地調査で屋根を確認すると、棟違いになっているため、低い方の屋根の棟板金が飛散しているように...........

泉佐野市の棟板金が外れたとのご相談

泉佐野市にお住いのH様より「台風で棟板金が剥がれたんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。H様邸は築20年、2階建てで屋根は厚型スレート、外壁はモルタルの塗り壁です。

貝塚市の瓦がめくれています

貝塚市の台風被害に遭った住宅の各所修理工事です。K様邸は2階建ての長屋で、台風の強風で屋根の瓦がズレたり、ケラバに施工しているパラペットの笠木板金が飛散するなどの被害を受け、2階の和室に雨漏りが発生しました。また、外壁に張っているトタン波板...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747