泉大津市で化粧スレート屋根の棟板金が飛散し貫板も交換しました


泉大津市のK様より、台風の時に雨漏りが発生したとのご相談があり現地調査後各所修理工事を行うことになりました。
雨漏りは2階のお部屋の天井と、ベランダの下のお部屋の天井に発生しており、修理の内容は剥がれた棟板金の交換とベランダの波板張替え、雨漏り修理でベランダ防水、他、雨漏りした天井板の張り替えです。
今回はその中の棟板金の交換工事をご紹介します。
泉大津市の降り棟の板金がめくれています
K様邸の屋根は化粧スレート(平型の屋根材)で、降り棟の板金が剥がれて屋根の上に乗っている状態でした。

棟とは屋根と屋根とがぶつかる頂点部分のことで、そこにできる隙間を埋めるために板金を被せて取付けています。
降り棟とは軒先に向かって下りる棟のことで、そこの板金がめくれてしまっていました。
泉大津市の貫板がむき出しです
降り棟の板金がめくれて下地の貫板がむき出しになっていました。
棟板金はこの貫板に向かって釘留めされていますが、貫板が腐食するなど傷んでくると、釘が緩んで板金がめくれやすくなってしまいます。
泉大津市の既存の板金と貫板を撤去
貫板の上には板金を被せているので直接水に濡れませんが、雨の量が多い日や吹き降りの雨の時など板金と屋根の隙間から雨水が染み込んでしまいます。そうなると、貫板の劣化が進み、板金を固定している釘が抜けてきて板金が飛散しやすい状態になってしまいます。
K様邸の貫板も傷んでいたので、そのまま板金を固定するとまためくれる可能性がありますので、貫板も新しく交換します。
泉大津市の降り棟の貫板を取付けます
既存の板金と貫板を撤去した後、新しい貫板を取付けます。
貫板は屋根面に向かってしっかりとビス留めします。
泉大津市の板金の継ぎ目はコーキングで防水
続いて板金を被せ、貫板に向かってビス留めします。
板金は1本ではなく継ぎ足して取付けますので、継ぎ目から雨水が入らないようにコーキングを充填しました。

泉大津市の板金の上からもコーキング充填

板金の継ぎ目にコーキングを充填し、板金の継ぎ目の上からもコーキングを充填しました。

板金の継ぎ目は上部にあり、雨水が染み込みやすい箇所なので、このように二重にコーキング処理しておくと安心です。
泉大津市の棟のかき合い部分も防水しました

水平棟(横方向の棟)と降り棟の取り合いでY字になった部分を「かき合い」と言います。

かき合い部分は板金の加工にも手間がかかりますし、形状が複雑なので雨漏りしやすい箇所です。
雨水の浸入を防止するために、かき合い部分にもコーキングを十分に充填しました。
泉大津市の棟板金交換完了です
降り棟の棟板金交換完了です。
棟板金は、貫板に向かって釘留めされていますが、強風や地震の揺れなどの影響で釘が緩んで抜けてくることがあります。
そうなると少しの風でも板金がズレたり、今回のようにめくれ上がってしまいますので、定期的に点検し、メンテナンス時には抜けにくいビスを用いて固定します。
板金が飛散して誰かにぶつかったり、傷つけると大変ですので、異変を感じることがございましたら街の屋根やさん岸和田店までお気軽にご相談ください。

次はベランダの防水をご紹介します。


この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

忠岡町の棟板金の飛散などのご紹介

忠岡町A様邸の風雨災害の現地調査です。「台風21号で屋根のトタンが剥がれた」とご相談をいただきました。A様邸はカラーベストの屋根です。カラーベストは平型に形成された薄い屋根材のことで「化粧スレート」「コロニアル」とも呼ばれています。

和泉市の棟板金などが飛散

和泉市のスレート屋根の棟板金復旧などの工事のご紹介です。T様のご相談は「台風21号で屋根に被害があって、知り合いに頼んで応急処置はしたんですが、修理をしてくれる業者を探してるんです」とのことで、まずは現地調査を行い修理工事に至ります。T様邸...........

岸和田市で部分足場を設置

岸和田市の台風で飛散した棟板金の復旧の様子をご紹介します。K様邸はカラーベスト(軽量で薄い屋根材)の屋根で、台風21号で棟の板金と下地の貫板が飛散していました。他にも雨戸や外灯の破損、カーポートの平板もすべて飛んでしまいました。