泉大津市で雨漏りが発生し剥がれていた棟板金を仮止めしました!


泉大津市で台風直後から雨漏りしてるんです、とのご相談があり現地調査にお伺いしました。
泉大津市の台風の被害の調査
雨漏りは2階のふた間の天井とベランダの下にある1階のお部屋の天井に発生しているとのことで、お部屋の中から確認させていただきました。
泉大津市の2階の洋間の天井に雨漏り発生
2階の洋間の天井に発生した雨漏りです。
雨染みがところどころ残っているのが分かります。

普段あまり入ることのないお部屋で雨漏りが発生すると、このように雨染みができて初めて気づくということがよくあります。ふと見上げた天井に雨染みがあると気持ちがいいものではありません。
泉大津市の2階の床の間の天井にも雨漏り発生
2階の和室の床の間の天井にも雨染みが残っていました。

板張りの天井の場合、木目や色によっては雨染みが分かりにくいケースがあります。
大雨の時など、押入れの中の天井や各お部屋の天井を確認してみるのもいいかもしれません。
泉大津市の1階の洋間の天井にも雨漏りしました
こちらは1階のお部屋の天井に発生した雨漏りです。
台風の時に大量に雨水が落ちてきたとのことで、心配されていました。

雨漏りを放置し続けると、天井板が腐食したり、見えない天井裏で被害が拡大する可能性がありますし、カビの発生などで健康に影響を及ぼすこともありますので必ず修理しましょう。

これらの雨染みが付いた天井は各所の修理工事が終わった後、張替えることになりました。
泉大津市のベランダの防水が傷んでいます
1階の雨漏りしているお部屋の上にはベランダがあります。
ベランダは外部にありますので、必ず防水処置されていますが、その防水が傷んでいる状態でした。
雨水の浸入を防ぐための防水が劣化すると、雨漏りの原因になります。
泉大津市のベランダの波板が飛散
また、ベランダのテラス屋根の波板が飛散しており、ベランダに直接雨水が落ちる状態でしたので、その分雨漏りのリスクも高くなっていました。
1階の雨漏りを止めるために、テラスの波板を張替えて、ベランダも防水しなおすご提案をさせていただきました。
泉大津市の降り棟の板金がめくれています
屋根の被害状況を確認するため、屋根に上がりました。
K様邸の屋根は化粧スレート(平型の屋根材)で、棟に取付けている板金がめくれていました。

棟とは屋根と屋根がぶつかる頂点部分のことで、K様邸は降り棟(軒先に向かって下りる棟)に施工している板金が外れて屋根の上に残っていました。
泉大津市の貫板がむき出しです
降り棟の板金がめくれて、下地の貫板がむき出しになっていました。
下地の貫板が濡れて腐食すると、板金を留めている釘が効かなくなり飛散しやすくなってしまいます。
泉大津市の棟の板金を戻して防水テープで仮止めしました
屋根にかろうじて板金が残っていたので、元に戻して防水テープで仮止めして応急処置させていただきました。
あくまでも応急処置ですので、本工事では板金と貫板を交換します。
後日、棟板金と貫板の交換、テラス屋根の波板復旧、ベランダの防水工事、内装工事を行いました。
次は工事の様子をご紹介します。

街の屋根やさん岸和田店は、雨漏り調査や修理も承っておりますのでお困りの方はお気軽にご相談ください。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

忠岡町の棟板金の飛散などのご紹介

忠岡町A様邸の風雨災害の現地調査です。「台風21号で屋根のトタンが剥がれた」とご相談をいただきました。A様邸はカラーベストの屋根です。カラーベストは平型に形成された薄い屋根材のことで「化粧スレート」「コロニアル」とも呼ばれています。

和泉市の棟板金などが飛散

和泉市のスレート屋根の棟板金復旧などの工事のご紹介です。T様のご相談は「台風21号で屋根に被害があって、知り合いに頼んで応急処置はしたんですが、修理をしてくれる業者を探してるんです」とのことで、まずは現地調査を行い修理工事に至ります。T様邸...........

岸和田市で部分足場を設置

岸和田市の台風で飛散した棟板金の復旧の様子をご紹介します。K様邸はカラーベスト(軽量で薄い屋根材)の屋根で、台風21号で棟の板金と下地の貫板が飛散していました。他にも雨戸や外灯の破損、カーポートの平板もすべて飛んでしまいました。