泉佐野市でケラバのモニエル瓦が割れて棟も少しズレていました


泉佐野市のI様より「台風のあと、雨漏りはしてないんですが、屋根がどうなってるか心配なので見てもらえますか?」とのご相談があり現地調査にお伺いしました。
雨漏りしたり、瓦が地面に落ちていたりすると、被害が出ているのが明確です。何もないことは良いことなのですが、屋根の上の状態が下から見えない場合は、確認するまで心配だと思います。
泉佐野市の屋根の調査に伺いました
I様邸の屋根はモニエル瓦で、大屋根(一番高い屋根)は問題ありませんでしたが、下屋の瓦がズレたり割れたりしていました。
モニエル瓦はセメントと川砂を主原料とした瓦で、「乾式コンクリート瓦」とも言います。モニエル瓦はもともと水分を吸収する性質を持っていますので、表面に塗装を施して防水しています。
泉佐野市のケラバの瓦が割れています

下屋の被害状況です。
ケラバの役物瓦が割れていました。
ケラバとは屋根の雨樋が付いていない三角になった面のことです。1枚1枚釘留めされていたので、割れても地上には落下していませんでした。

モニエル瓦の表面の塗膜が剥がれて素地が出てくると瓦の劣化が進み、割れやすくなってしまいます。そうなる前に定期的な塗り替えをお勧めします。
泉佐野市の棟の冠瓦がズレています

下屋の棟の冠瓦がズレていました。

棟とは、屋根の三角になった頂点部分のことで、取り合いにできる隙間から雨水が入らないように瓦を積み上げて一番上に半月状の冠瓦を被せて施工しています。瓦が動かないように銅線で固定されていましたが、ズレて隙間が空いていました。ここはズレを戻してコーキングで固定するご提案をさせていただきました。
泉佐野市ののし瓦がズレています
同じ棟の、のし瓦もズレて手前に飛び出していました。
のし瓦は四角くて平らな瓦で、棟に落ちてきた雨水を屋根面に流すように勾配を付けて施工しています。ですので、このようにズレてしまうと、棟のバランスが崩れて雨水の浸入を許してしまいます。
泉佐野市のテラスの波板が変形
1階のテラス屋根の波板にも被害がありました。

飛散してはいなかったですが、風を受けて一部変形していました。
泉佐野市の波板がフレームから外れています
近くで見ると、波板がフレームから外れているのが分かります。
波板は端から順に重ね代をとって張っていきますので、間の波板を張替える場合、端まで剥がしてから張らないといけません。
今後の台風のことを考えて、瓦のズレを戻してコーキングでズレを防止するご提案をさせていただきました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
メニ―ウェルテラス ポリカ屋根
築年数
築35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約33万円(税込・建具調整費含む)
施工事例

岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装

岸和田市極楽寺町のカビ除去もした外壁と屋根塗装 現況
岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
その他塗装
使用素材
屋根・・当社推奨遮熱塗料(2液シリコン)外壁・当社推奨シリコン塗料
築年数
25年
建坪
30坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約110万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉佐野市俵屋の屋根塗装で耐久性のある屋根になりました!

泉佐野市俵屋で遮熱塗料での屋根塗装着工
泉佐野市俵屋で屋根の上塗り塗装に入りました!
工事内容
屋根塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料
築年数
築16年
建坪
35坪
保証
工事費用
約42万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉南市の台風被害の現地調査

泉南市で台風被害に遭った住宅の現地調査を行っているときに、お隣に住むI様に「うちも屋根の瓦がズレてるんです。一緒に見てもらえませんか?」とお声をかけていただき、調査をさせていただきました。

泉大津市の天窓からの雨漏りのご相談

泉大津市にお住いのN様より「台風21号の時に天窓からの雨漏りしたので見に来てもらえますか?」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。N様邸の屋根はスレート(平型の薄い屋根材)で、大屋根(一番高い屋根)に天窓が付いていました。

和泉市の瓦がめくれています

和泉市のK様の初めのご相談は「台風で屋根の瓦が飛散してテープを貼って応急処置してるんですが、工事が先になるなら心配なのでしっかりと応急処置してもらえませんか?」というものでした。ブルーシートで応急処置させていただき、工事に至ります。