貝塚市のベランダの木製テラス屋根の桟を交換しポリカ波板に張替


貝塚市の台風被害に遭った住宅のテラスの波板張替えのご紹介です。
I様邸は台風21号で瓦屋根の棟が崩れたり、割れや漆喰の剥がれ、波板の飛散などの被害がありました。
貝塚市の波板が飛散
2階のベランダにあるテラス木製の屋根の波板が飛散していました。
I様邸の波板は塩化ビニール製(塩ビ波板)です。
塩ビ波板は、昔は多くの住宅で使用されていましたが、経年で硬化して割れることが多いので、長期にわたって使用するには不向きだということで最近ではほとんど使われていません。
貝塚市の波板が変形しています
テラス屋根を上から見た様子です。
波板が変形して色も変色しています。塩ビ製の波板は紫外線の影響でこのような劣化の症状が出てきます。
規格の大きさの波板を数枚張り合わせているので、継ぎ目が変形してくると雨漏りしたり、隙間から風が入り込んで飛散の原因になってしまいます。
貝塚市の波板をめくって桟を交換
I様邸のテラス屋根は骨組みが木製です。
素材が木であることから、長い間水に濡れ続けると次第に腐食してくることがあります。I様邸のテラスの桟(垂木の上に敷いた下地材)も劣化が進んでおり強度的に心配でしたので、新しい桟に交換しました。
(この桟に波板を固定していきますので、桟が傷んでいるとしっかりと固定することができません)
貝塚市の木製テラスにポリカ波板を張りました

新しい波板は塩ビ製ではなくポリカーボネート製(ポリカ波板)です。
ポリカーボネートは塩ビ波板の20倍以上の強度があるといわれていますので、以前よりも長持ちします。また、塩ビ波板よりも柔軟性がある上に高強度です。

ポリカ波板の一番の特徴は衝撃強度です。そのため、物がぶつかっても割れる心配はありません。
貝塚市の波板ビスでしっかりと固定

交換した桟に、波板ビスを使ってしっかりと打ち付けて固定しました。
下地が木なので、木下地用のビスです。
台座がポリカ素材ですので、波板の色に合わせることができ、塩ビのフックよりも長持ちします。
貝塚市の樋周りはカットしてコーキングで防水
I様邸はテラスの端に、屋根の雨樋が降りてきています。
波板に樋が干渉するので、樋周りの波板をカットし、周囲にコーキングを充填して防水しました。(コーキングを充填しないと隙間から雨水が浸入します)
貝塚市の波板張替え完了です
波板張り替え完了です。
ポリカ波板は透明度が高いので、屋根の下が以前よりも明るくなりました。
今回は屋根の修理の際にも使用できる足場を設置させていただきました。
ベランダの波板が飛散すると、雨水が直接ベランダの床に落ちますし、紫外線も多く当たります。そのため防水の劣化を早めることがありますので、必ず張替えましょう。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉南市男里の劣化した軒天井板の貼替・修理工事

泉南市男里の劣化が激しい軒天井修理工事
泉南市男里の劣化が激しい軒天井修理工事
工事内容
その他の工事
使用素材
軒裏天井用化粧合板
築年数
築35年
建坪
約32坪
保証
工事費用
約20万円(税込)
施工事例

高石市千代田のベランダの波板が飛んで不便だったので張り替えました!

高石市千代田の二階ベランダの飛んでしまった波板現況
高石市千代田の二階ベランダのテラス波板張替え完了
工事内容
その他の工事
使用素材
ポリカーボネート波板・ポリカフック
築年数
建坪
保証
工事費用
約4.8万円(税込)
施工事例

岸和田市上松町のスレート瓦の屋根葺き替え工事 

岸和田市上松町でスレート屋根の葺き替え工事着工
岸和田市上松町の屋根スレート瓦の下屋部分の葺き替え作業完了
工事内容
屋根葺き替え
その他の工事
使用素材
スレート瓦コロニアルクァッド
築年数
築30年
建坪
約60坪
保証
工事費用
約182万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市の老朽化したテラス屋根を入れ替えます

岸和田市の老朽化した木製テラス屋根の入替の様子をご紹介します。O様邸は台風21号で屋根に被害があり、その時のご相談でテラスの入替もご検討されていました。二つあるうちの一つは波板を張り替えて補強し、今回ご紹介するテラスは入れ替えになりました。

岸和田市の劣化した波板を張り替えて補強

岸和田市の1階に設置しているテラス屋根の補強及び屋根の波板張替えの様子をご紹介します。O様の初めのご相談は台風被害に遭った修理で、その時のご相談で古くなったテラスのお話がありました。

泉佐野市の陸屋根を洗浄します

泉佐野市の陸屋根、ベランダ防水、外壁塗装工事で今回は、塗装前の高圧洗浄とクラック補修跡のパターン付けの様子をご紹介します。