オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岸和田市で釉薬瓦のズレや雨樋が割れるなど台風の被害に遭いました


岸和田市のM様より台風被害箇所のご相談をいただき現地調査にお伺いしました。
M様邸は青い釉薬瓦の屋根で、数カ所で瓦のズレが発生していました。また、漆喰の剥がれもいくつか見受けられたので、漆喰工事と、飛散した瓦を復旧し、ズレを戻してコーキングで固定するご提案をさせていただきました。
岸和田市の風雨被害の現地調査
雨樋の被害では、軒樋が受け金具から外れて変決して下に垂れ下がり、呼び樋や竪樋の飛散もありました。木製テラス屋根の波板も飛ばされており、土塀も一部崩れていました。外灯や門扉も破損している状態で、被害に遭った箇所を修復するご提案をさせていただき、火災保険会社へ手続きされることになりました。
岸和田市の袖瓦が波打っています
屋根の状況です。
M様邸は青い釉薬瓦です。釉薬瓦とは、瓦の表面にガラス質の釉薬という上薬をかけて焼いた瓦のことです。

屋根の一番端(三角になった面の方)の袖瓦が軒先から棟(屋根の頂点)までズレて波打っていました。
岸和田市の袖瓦が飛散
袖瓦が1枚飛散している箇所もありました。
確認すると、袖瓦を釘で固定していたので、落下した瓦が1枚ですんだと思われます。
強風が吹き荒れて、風の影響を受けやすい袖瓦が動きましたが、釘で留め付けているのでズレるだけでとどまった状態です。
岸和田市の漆喰が剥がれてきています
他、漆喰の剥がれも発生していました。
漆喰は瓦の隙間に詰めたり、下地の流出を防止する役割があります。また、瓦と瓦を固定する際にも使用されます。
漆喰は月日とともに劣化していき、雨や風の影響で少しづつ剥がれきます。台風の強風でたくさん剥がれてしまった住宅もありました。
岸和田市の瓦が動いています
下屋の状況です。
大屋根(一番高い屋根)の上からのぞき込むと、瓦がズレている箇所を確認しました。
やはり袖瓦の部分です。土葺きの屋根は粘り気のある葺き土を下に敷いて瓦を密着させて固定していますので、経年で土が乾燥したり痩せてくると瓦がズレやすくなってしまいます。M様邸は土が乾燥してきているのか全体的に瓦がズレていました。
岸和田市の瓦が割れて隙間が空いています
瓦が割れて隙間が空いている箇所もありました。
瓦が割れて隙間が空くとそこから雨水が浸入して雨漏りすることがあります。
工事の際は割れた瓦はすべて差し替えるのでご安心ください。
岸和田市の漆喰が剥がれて隙間が空いています
下屋の漆喰も剥がれてきていました。
漆喰が剥がれて隙間が空いていますので、隙間から雨水が浸入してしまいます。また、漆喰が剥がれるということは、瓦を固定している力が弱くなっているということですので、動きやすい状態になっています。
剥がれてきている漆喰は撤去して詰め直すご提案をさせていただきました。
岸和田市の軒樋が垂れ下がっています
雨樋にも被害がありました。
軒樋(横方向の樋)が受け金具から外れて変形し、下に垂れ下がっていました。これでは屋根に落ちてきた雨水がそのまま下に流れ落ちてしまいます。この樋の下にはベランダがありますので、ベランダの劣化を進める恐れもあります。
どうせ雨に濡れるんだから、雨樋が無くても大丈夫なんじゃないの?と思われるかもしれませんが、同じ箇所を大量の雨水が叩きつけることにより、地面を削ったり、外壁のひび割れから雨水が浸入して雨漏りする可能性もあります。
岸和田市の軒樋が割れています
軒樋が割れている箇所もありました。
この部分は樋の一番端で、雨水が流れる方向の反対側ですのでそれほど影響はないかもしれませんが、水路に穴があくのと同じですので雨水が漏れてしまいます。
岸和田市の呼び樋・竪樋が飛散
こちらは呼び樋と竪樋が飛散していました。
呼び樋は、樋と樋とを繋げる斜めに渡す樋のことで、竪樋は縦方向の樋のことです。
軒樋から流れてきた雨水を地下に流す役割がある竪樋がない状態ですので、集水器に集められた雨水が一カ所から大量に放出される状態です。
雨樋工事は、雨水がきちんと排出されるように勾配を付けるなど、デリケートな作業になります。街の屋根やさん岸和田店は熟練の専門の職人が作業しますのでお任せください。
岸和田市の波板が飛ばされています
1階に設置されている木製のテラス屋根の波板が飛散し、骨組みがむき出しになっている状態でした。
木製のテラス屋根は水にさらされ続けると腐食するなど耐久性に影響を与えてしまいます。このまま放置すると、強度が低下して使用できなくなる可能性がありますので、波板を復旧しないといけません。
岸和田市の残っている波板も割れています
残っている波板も数カ所で割れていました。
既存の波板は塩ビ製で、経年でこのように割れやすくなる素材ですので、この機会に衝撃に強くて長持ちするポリカ波板に張り替えるご提案をさせていただきました。
岸和田市の土塀が崩れています
台風の強風で、土塀の一部が崩れている箇所もありました。
今回の台風では、このように土塀や蔵の壁、漆喰の壁が剥がれる被害を受けた住宅をたくさん見ました。漆喰が剥がれると下に控えている土が露になり、放っておくと雨で土が流されてどんどんえぐれてしまいます。これ以上被害が進行しないように、部分補修のご提案をさせていただきました。

火災保険会社への手続き後、結果が出てからご連絡をいただき、修理の打ち合わせをすることになりました。

屋根や外壁など、外部の被害を放置すると、後に修理費用がかさんでしまうことがあります。雨漏りしていないからと放置せず、必ず業者に見てもらいましょう。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

忠岡町で割れた瓦の交換や剥がれた漆喰の詰め直し工事を行いました

岸和田市の台風被害に遭った屋根
岸和田市の割れた瓦の修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
地瓦11枚・軒先瓦3枚・漆喰・シーリング
築年数
約40年
建坪
約14坪
保証
1年
工事費用
屋根修理費用・・約15.5万円(税込み)足場費用・・約9.4万円(税込み)
施工事例

泉南市の黒い釉薬瓦の降り棟が台風で崩れ修復と補強をしました!

泉南市の台風で飛散した降り棟の瓦
泉南市の降り棟の修復完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
釉薬瓦・葺き土・銅線・漆喰・シーリング他
築年数
約25年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・約17.2万円 屋根修理費用・・約31万円 波板張替え・・8.5万円(すべて税込み)
施工事例

泉大津市で雨漏りが発生!瓦のズレを補修しラバーロックしました

泉大津市の屋根修理前
泉大津市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
瓦補強用ビス・シーリング
築年数
約50年
建坪
約10坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・約19.5万円(税込み)瓦ズレ修復及び固定工・・約27万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市のALC外壁の塗装前に目地のシーリング工事を行いました

岸和田市の改修前の外壁の目地
岸和田市の外壁の目地改修後
工事内容
防水工事
外壁塗装
使用素材
シーリング、多彩模様塗料(下塗り・中塗り・上塗り)
築年数
築26年
建坪
保証
外壁塗装5年
工事費用
シーリング工事・・約72万円 足場費用・・約39万円 外壁塗装・・約180万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市の台風で飛ばされたカーポートとテラスの平板の張替

岸和田市のカーポートの平板が飛散
岸和田市の飛散したカーポートの平板を復旧
工事内容
台風
使用素材
ポリカーボネート平板
築年数
約20年
建坪
約17坪
保証
1年
工事費用
約13.5万円(税込み)
施工事例

岸和田市のスレート屋根を日進産業のガイナで塗装し雨樋も調整!

岸和田市の塗装前の屋根
岸和田市の塗装後の屋根
工事内容
雨樋交換
屋根塗装
その他の工事
使用素材
ガルバリウム鋼板・日進産業・ガイナ他
築年数
約27年
建坪
約20坪
保証
5年(塗装において)
工事費用
足場・・約21万円 屋根塗装・・約72万円 雨樋調整工・・約8万円(すべて税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉南市の軒天・軒裏

泉南市の台風被害に遭った屋根を調査し、修理のお見積書をお預けして後日修理を行うことになりました。「2年前の台風で屋根が破損し、防水シートが破れて下地の板に穴が開いているんです。他の業者にも見積もりをお願いしたのですが、下地も修理しないといけ...........

泉大津市で行うラバーロック工法について

和泉市の台風被害に遭った屋根をシーリングなどを使用して補強しました。S様邸は木造・2階建ての住宅で、屋根は土葺き工法です。台風で屋根の瓦が落下したり割れる被害を受けました。また、経年で瓦の固定力が低下している状態で、全体的にズレが生じていま...........

和泉市で足場を設置

和泉市で行った土葺きの瓦屋根の修理の現場ブログです。台風で瓦が落下したり、ズレたり割れる被害を受け、街の屋根やさん岸和田店にご相談をいただきました。現地調査を行い、お見積書をお預けした後、工事のご依頼をいただきました。「屋根工事が初めてなの...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747