オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

泉大津市の塗装工事でサイディングの目地シーリングを打ち替えました


泉大津市の屋根・外壁塗装の中の防水工事をご紹介します。
Y様からの初めのご相談は「台風21号の被害でカーポートの屋根や外港のフェンスが飛散した」ということでしたが、屋根や外壁の塗り替えの時期でもあるのでそちらもしてほしい、ということで工事に至ります。
泉大津市で全周足場を建てました
屋根や外壁の塗装では、職人の安全を確保するため、そして作業性を良くして品質の高い工事を行うために足場が必要になります。Y様邸にも全周足場を建てさせていただきました。
足場の周りに取付けたメッシュシートは、高圧洗浄時の汚れた水や塗料の飛散を防ぐとともに職人の落下も防止するためのシートです。
泉大津市の劣化したシーリングを打ち替えます
Y様邸の外壁はサイデイングで、継ぎ目や窓周りを防水しているシーリングが劣化し、剥がれや割れなどの症状が出ていました。シーリングが劣化すると、そこから雨水が浸入してサイディング自体の劣化を進め、内部の構造を傷めたり、雨漏りすることもあります。
塗装工事を行う際に、このように劣化したシーリングを打ち替えることで建物の防水性能を確保しています。
泉大津市の既存のシーリングを撤去します
シーリングはサイディングの継ぎ目や窓周り、庇部、換気カバー廻りなどに充填されています。それらすべてのシーリングを打ち替えます。

まずは既存のシーリングを撤去します。
きれいに剥がれるようカッターで断面に切り込みを入れます。
泉大津市の既存のシーリングをペンチで引っ張り出します
カッターで切り込みを入れた後、ペンチでシーリングをつまんで引っ張り出して剥がします。
断面に残ったシーリングもカッターできれいにそぎ落とします。
既存のシーリングをきちんと撤去しないと新しく充填するシーリングが長持ちしません。(下に残っているシーリングがベースになるので一緒に剥がれてしまいます)
泉大津市で外壁の目地にプライマーを塗布
シーリングを撤去したあと、プライマーを充填します。

プライマーは透明の塗料で、簡単に言うと接着剤です。
この後に充填するシーリングをより強固に密着させるための工程ですので、その作業を怠り薄塗だったりムラがある状態のままシーリングを充填すると、後の剥離の原因になります。
泉大津市の外壁の目地にシーリング充填
プライマーを丁寧に塗布した後、シーリングを充填していきます。
溝の奥に空洞ができないようにヘラで押さえますので、その分を見越して多めに充填します。
目地の両サイドに貼ったマスキングテープは、周りにシーリングが付かないように、そしてきれいに仕上げるためのものです。
泉大津市の窓周りなどの取り合いにもシーリング充填
窓周りなどの取り合いにもシーリングを充填します。

シーリングは紫外線に弱いのですが、この上に塗装をかけるため、直接あたるのを防ぐことができて長持ちします。
泉大津市のシーリング打ち替え完了
シーリング充填後、上からヘラで押さえて溝の奥まで隙間なく充填し、余分なシーリングを取り除いて表面をきれいに整えました。
シーリングはすぐに乾いてきますので、乾ききる前にマスキングテープを剥がさないとシーリングがテープにくっついてきて汚い仕上がりになります。
泉大津市の窓の下端もきちんと防水できています
窓の下端もシーリングできちんと防水できています。

外壁と窓には隙間があり、きちんと防水しないと雨漏りしてしまいますので、見えにくい下端も手を抜かず防水しています。
泉大津市の窓周り完了状況
窓周りのシーリング打ち替え完了です。

「窓の上からポタポタと雨漏りしてるんです」というご相談が多く、その場合のほとんどが窓周りのシーリングの劣化や、窓の上の外壁のひび割れなどによるものです。
傷んでいる箇所をきちんと修繕してから塗装することで、建物全体の防水性能を確保することができます。
泉大津市の庇周り完了
庇の周りの打ち替え完了です。

庇も外壁との取り合いになりますのでシーリングで防水しました。
窓からの雨漏りの場合、窓の上にある庇が原因のケースがあります。外壁に接している取り合い部分は弱点になりやすいので、シーリングが必須になります。
泉大津市の玄関ドア周り完了
玄関ドアの周りのシーリングも打ち替えました。

雨水は外部の隙間のあらゆるところから浸入します。
塗装をすれば一見きれいに見えますが、あくまでも見た目です。見え隠れ部分で防水が必要な箇所を入念に防水することが建物自体を長持ちさせることに繋がります。
泉大津市のモルタル外壁の目地も防水
Y様邸は2階建てで、上の階の外壁はモルタルの塗り壁です。
モルタルの外壁には、ひび割れることを想定してあらかじめ
目地が設けられていますが、その目地も割れますので、雨水が入らないようにシーリングを充填して防水しました。
大きなひび割れがある場合、適切な処置が必要ですがY様邸は細いひび割れだけでしたので、シーリングで処置させていただきました。
塗装工事は見た目をきれいにするだけでなく、防水性能を確保して建物を長持ちさせる工事です。
ひび割れを修理したり、シーリングを打ち替えたりすることが重要です。

ご自宅のシーリングが割れてきて気になっている方がおられましたら一度ご相談ください。
点検・ご相談・お見積りは無料です!


次は屋根と外壁の高圧洗浄の様子をご紹介します。




同じ工事を行った施工事例

施工事例

忠岡町のひび割れた外壁のシーリングを打ち替え屋根と外壁を塗装

忠岡町の屋根を塗装します
忠岡町の屋根塗装完了
工事内容
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根・・日本ペイントサーモアイSi 外壁・・ラジカル制御形高耐候塗料
築年数
約20年
建坪
約17坪
保証
工事費用
約170万円(税込み・足場代・シーリング打ち替え費含む)
施工事例

泉大津市の雨漏り修理に伴うベランダのウレタン防水工事

泉大津市の保護モルタルのベランダです
泉大津市のベランダ防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
3年(雨漏りにおいて)
工事費用
約20万円(税込み)
施工事例

貝塚市の雨漏りしていたベランダにFRP防水を施工しドレンも調整

貝塚市のベランダの下端から雨漏りしています
貝塚市のベランダのFRP防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
FRP防水材
築年数
約15年
建坪
約20坪
保証
3年
工事費用
約21.5万円(税込み)床補強・ドレン調整費用含む

同じ地域の施工事例

施工事例

泉大津市の雨漏り修理に伴うベランダのウレタン防水工事

泉大津市の保護モルタルのベランダです
泉大津市のベランダ防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
3年(雨漏りにおいて)
工事費用
約20万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市のベランダのひび割れをシーリングで防水

岸和田市のベランダのウレタン防水工事です。K様邸のベランダは立ち上がり壁や床面にひび割れが生じるなど劣化が進み、ベランダの下端の軒天井や外壁に水が廻っている形成がありました。今回の工事で台風被害に遭った屋根を修理して屋根と外壁を塗装したので...........

岸和田市のベランダの下端の軒天井に水が廻っています

岸和田市のベランダ防水の躯体補修及び下地調整です。K様より台風で屋根などに被害が遭ったとのご相談をいただき、屋根修理と外装リフォームなどを行いました。現地調査でベランダの下端の軒天井に雨水が廻って木部が傷んでいることが確認されたので、ベラン...........

岸和田市のALCパネルの外壁

岸和田市の外壁塗装に伴うシーリング工事です。K様邸はこの工事で台風被害に遭った屋根や軒天井などを修理し、屋根・外壁の塗装をすることになりました。K様邸は重量鉄骨造で、外壁にはALCパネルを張っています。ALCパネルとは不燃の軽量気泡コンクリ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747