オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

岸和田市の外壁塗装前のALCパネルの目地シーリングの打ち替え


岸和田市の外壁塗装に伴うシーリング工事です。K様邸はこの工事で台風被害に遭った屋根や軒天井などを修理し、屋根・外壁の塗装をすることになりました。K様邸は重量鉄骨造で、外壁にはALCパネルを張っています。ALCパネルとは不燃の軽量気泡コンクリートで、耐火性・防火性に優れているのですが、防水性が低いので表面を塗膜で覆って保護しないといけません。また、壁に取り付けて施工するサイディングパネルよりも規格の大きさが小さいので、その分継目(目地)が多い形状です。目地に充填して防水しているシーリングが劣化すると雨漏りのリスクが高くなってしまいますので、塗装前にシーリング工事を行いました。また、窓周りや庇周りなどのシーリングも同時にメンテナンスしています。
岸和田市のALCパネルの外壁
K様邸の外観です。
ALCパネルの外壁は、サイディング張りの外壁よりも目地が多く、縦方向の目地と横方向の目地があります。
目地部分はALCパネル同士の継ぎ目になりますので、雨水が浸入しないようにシーリングを充填して防水し、そしてパネル同士を繋いでいます。シーリングの上に塗装をしている場合でも、紫外線などの影響でひび割れなどの劣化症状が出てきますので、定期的に点検・メンテナンスする必要があります。
岸和田市のALCの目地が割れています
岸和田市のALCパネルの目地にシーリング充填
目地のシーリング工事では、シーリングの「打ち替え」と「増し打ち」があります。

既存のシーリングに弾力が残っていて、シーリングを上から増し打ちしても厚みが確保できる場合は「増し打ち」での改修が可能ですが、シーリングが硬化していたり、増し打ちした時にシーリングに厚みが取れない場合は、既存のシーリングを撤去して打ち替える「打ち替え」になります。
K様邸は、上からシーリングを充填しても厚みが確保されるため、増し打ちすることになりました。
岸和田市の換気フード周りの既存のシーリングを撤去
外壁の目地部分のシーリングは増し打ちでの改修ができますが、外壁に付帯してる部分のシーリングは打ち替えないといけない箇所もあります。

写真は外壁に付帯している換気フードカバーです。換気フードカバーは外壁に開口を開けて取付けられているので、雨仕舞のために周囲にシーリングが充填されています。この部分は、目地にように幅が広くなく、既存のシーリングが硬化して痩せていたので打ち替えさせていただきます。
岸和田市のベランダの下端のシーリング撤去
ベランダの壁の下端に取り付けられている水切りとの取り合いにもシーリングが充填されていますが、この部分も打ち替えます。

水切りとは雨水が内部に浸入するのを防ぐ金物のことです。ベランダの下端に取り付けられた水切りは、ベランダの壁から伝ってきた雨水がベランダの下の裏面に廻るのを防ぐためのものです。水切りを取付けることで水が切れて裏側への浸入を防ぎます。
シーリングの打ち替えが必要な箇所は、既存のシーリングを撤去して準備を整えました。
岸和田市で使用する接着効果のあるプライマー
次にシーリングを充填する前の工程で、「プライマーの塗布」を行います。

プライマーとは接着効果がある塗料で、シーリングを素地によりしっかりと密着させてくれます。プライマーの工程を省くと、後に、充填したシーリングが剥がれる原因になってしまいますので、必ず行う工程です。
塗り残しが無いように、刷毛を往復させて丁寧に塗布します。
岸和田市のALCパネルの目地にプライマーを塗布します
目地部分にもプライマーを塗布します。
プライマーはシーリングを充填すると見えなくなりますが、シーリングを長持ちさせる重要な役割があります。

このように、工事後に目無くなる部分の工事の様子もカメラで撮影して、工事完了後にお預けしていますのでご安心ください。
岸和田市の窓周りにもプライマー塗布
窓周りのシーリングは目地と同様に増し打ちさせていただきます。

窓も外壁に開口を開けて取付けられていますので、きちんと雨仕舞しないと雨漏りに直結してしまう部分です。
窓の下端は直接雨水があたることは少ないですが、窓を伝ってきた雨水が染み込む可能性がありますので、シーリングで防水されている部分です。外壁のシーリング工事では、建物の防水性を確保するためにも窓周りのメンテナンスが含まれることがほとんどです。
岸和田市の基礎巾木の上にシーリング充填
プライマーを塗布した後、シーリングを充填していきます。

防水の職人が使用するシーリングは主剤と硬化剤とを撹拌機(混ぜ合わせる機械)で混ぜ合わせて作るタイプのものです。

撹拌機でよく混ぜ合わせたシーリングを専用のガンに詰めて充填作業を行います。
岸和田市のシーリングヘラ押え
シーリングを充填しただけでは、中に空洞ができてしまい、性能を発揮することができません。そのため、シーリングを充填した後、ヘラなどで押さえないといけません。
シーリングのヘラ押えでは、仕上がりを考慮して表面をきれいに整えながら押さえます。
岸和田市のシーリングをヘラで押さえてしっかりと充填しました
外壁の目地部分に充填したシーリングをヘラで押さえて仕上げました。
この目地部分に強度のある防水材を詰めると、大きな地震で建物が揺れた時に力を分散させることができないので割れてしまいます。そのため、比較的揺れの動きに追従できるシーリング材を使用することが多い部分です。弾力があるシーリング材だと、揺れた時に一緒に動いてくれるので荷が少なくなります。
岸和田市のベランダの水切りとの取り合いも防水完了
ベランダの下端に取り付けている水切りの上のシーリングは打ち替えました。

防水専門の職人が隅々点検し、打ち替えが必要な箇所と増し打ちできる箇所を見極めて適切に処置しています。
岸和田市の換気フード周りの防水
換気フードカバー回りのシーリングも打ち替えました。

シーリングを充填して気密性を高めることで、外壁との取り合い部から雨水が浸入するのを防ぐことができます。
岸和田市の窓周りのシーリング
窓周りのシーリングも充填完了!
現状ではシーリングがとても目立っていますが、この後全体的に塗装しますので、塗料で隠れて見えなくなります。
シーリングは紫外線に晒されると劣化が進みますので、塗膜で覆ってあげた方が長持ちします。外壁の塗り替え時には足場が必要で、シーリング工事でも足場が必要です。どちらか片方ずつ工事をするのではなく、同時にメンテナンスした方が費用も抑えられますし、建物の防水性も向上します。

次は塗装工事で高圧洗浄と屋根塗装の様子をご紹介します。

この現場ブログの他の工事は下記のリンクよりご覧になってください








同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の雨漏り修理でベランダに補強のメッシュを敷いて防水!

岸和田市のベランダ防水前
岸和田市のベランダ防水後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材・カチオンクリート・トップコート・プライマー・コーキング
築年数
約26年
建坪
約23坪
保証
2年
工事費用
約31万円(税込み)
施工事例

阪南市の雨漏りしていたベランダをビッグサンコートで防水!

阪南市のベランダ現況
阪南市のベランダ防水完了後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
火災保険
台風
使用素材
シーリング・プライマー・ビックサンコート(液体・粉材)・トップコート
築年数
築38年
建坪
約28坪
保証
2年
工事費用
約17万円(税込み)
施工事例

岸和田市のALC外壁の塗装前に目地のシーリング工事を行いました

岸和田市の改修前の外壁の目地
岸和田市の外壁の目地改修後
工事内容
防水工事
外壁塗装
使用素材
シーリング、多彩模様塗料(下塗り・中塗り・上塗り)
築年数
築26年
建坪
保証
外壁塗装5年
工事費用
シーリング工事・・約72万円 足場費用・・約39万円 外壁塗装・・約180万円(すべて税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市の雨漏り修理で銅板晒し葺きの屋根の棟を修理しました

岸和田市の修理前の銅板屋根
岸和田市の修理後の銅板屋根
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング
築年数
築35年
建坪
約50坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・19.8万円 屋根修理費用・・24.8万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市で強風で屋根のケラバ水切りが剥がれたので交換しました

岸和田市のケラバ水切りが貫板と一緒に飛散
岸和田市のケラバ水切りを復旧
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板製ケラバ水切り・下地
築年数
約23年
建坪
約23坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・14.8万円 屋根修理費用・・9.9万円(ともに税込み)
施工事例

岸和田市の雨漏り修理でベランダに補強のメッシュを敷いて防水!

岸和田市のベランダ防水前
岸和田市のベランダ防水後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材・カチオンクリート・トップコート・プライマー・コーキング
築年数
約26年
建坪
約23坪
保証
2年
工事費用
約31万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨水は屋根から入るだけではありません

阪南市のベランダ防水工事の様子をご紹介します。I様邸は台風の時にベランダの下のお部屋で雨漏りしました。「雨漏りしたので自分でひび割れにシーリングを打ってブルーシートをかけたら止まったんです」とのことで様子を見られていたそうですが、被害を受け...........

貝塚市の1階のリビングの窓から雨漏り発生

貝塚市のY様より「台風の後の長雨から1階のリビングの窓から雨漏りするんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。Y様邸は木造・2階建ての住宅で、外壁はジョリパッドというアクリル系の壁の仕上げ材を塗装しています。

火災保険の請求期限

阪南市のI様より「台風でベランダの波板が剥がれて、1階の事務所の天井に雨漏りしてるんです」とのご相談をいただき雨漏り調査にお伺いしました。台風の後、お仕事が忙しくてそのままの状態だったそうですが、火災保険の申請をしないといけないので被害を受...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747