オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

貝塚市の急こう配の屋根の調査でカラーベストと防水シートが破損


貝塚市のM様より「台風で屋根に被害があり、何とか自分でブルーシートをかけたんですが、そのシートも剥がれてきて3か月くらい経つんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。
貝塚市の棟板金とカラーベストのご相談
お話をお聞きすると、台風の後、下から確認すると、棟の板金が飛ばされてカラーベスト(平型の薄い屋根材)も一部めくれていた、とのことです。
ご自身で屋根の上にロープを渡してよじ登り、カラーベストが剥がれている部分にブルーシートをかけられたそうですが、そのブルーシートも長くはもたず、風でめくれ上がってきていました。
貝塚市の飛散した棟板金です
台風直後、家の周囲に飛散していた板金を集めて保管されていました。
屋根面と屋根面が合流する三角になった頂点部分のことを「棟」と言い、そこに被せる板金を「棟板金」と言います。
棟は屋根の一番高いところに位置していますので、風の影響を受けやすく、今回の台風でも棟板金が飛散した住宅がたくさんありました。
貝塚市の屋根が急こう配で上がれません
M様邸の屋根は急こう配で、お伺いした当日は屋根の上に上がることができませんでした。
2階建てですが屋根裏部屋があるため通常の2階建ての住宅よりも屋根が高く、更に勾配がきつい屋根で、よくご自身で応急処置されたなぁ、と思いました。
貝塚市の板金が浮いています
屋根の上に上がることができないので、下から見える範囲で調査をして、見えない部分の被害状況はお話をお聞きしました。
2階のベランダから確認すると、降り棟(軒先方向に降りる斜めの棟)の板金が少し浮いていました。
貝塚市の棟板金が飛散しています
下から見える被害箇所は降り棟の板金の飛散です。
板金の一部が飛散し、半分は屋根に残っている状態でした。
貝塚市の板金がすべて飛散しています
反対側から確認すると、こちらは降り棟の板金がすべて飛散していました。
ブルーシートをかけている部分はシートをめくることができませんのでお話をお聞きすると、板金とカラーベストが一部飛ばされている、とのことです。
貝塚市で足場を設置しました
修理の際に足場が必要になりますので、足場を建ててから全体的に調査させていただきました。
足場は職人が安全に屋根の上で作業するにあたり必要になることがほとんどで、このように一部分だけに建てることも可能です。
貝塚市の水平棟の板金も飛散
応急処置のブルーシートをめくると、被害箇所が見えました。
下から見ると、降り棟の板金の飛散だけでしたが、水平棟(横方向の棟)の板金も飛散していました。また、棟違いの板金も飛散していました。
貝塚市のカラーベストと防水シートが剥がれています
ブルーシートの下にはカラーベストが大きく剥がれている箇所がありました。下地の防水シートも一緒に剥がれています。下地の野地板がむき出しなので、ブルーシートをかけていなければ雨が降ると雨漏りしていたかもしれません。
屋根を防水しているのは屋根材ではなく、下にある防水シートですので、防水シートが破損すると雨漏りしてしまいます。
修理の際は、耐久性のあるルーフィングを敷いて、カラーベストを復旧します。棟板金の修理では傷んでいる下地の貫板も交換させていただきます。

次は工事の様子をご紹介します。

この工事の現場ブログ

貝塚市の棟板金とカラーベストのご相談

2020/01/08/ 貝塚市の急こう配の屋根の調査でカラーベストと防水シートが破損

貝塚市のM様より「台風で屋根に被害があり、何とか自分でブルーシートをかけたんですが、そのシートも剥がれてきて3か月くらい経つんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。

貝塚市の棟板金が飛散しています

2020/01/09/ 貝塚市の台風で剥がれたカラーベストと棟板金の復旧工事

貝塚市M様邸の台風被害に遭った屋根の修理です。M様邸はカラーベストという平らな屋根材を葺いた屋根で、台風時の強風で棟に施工している板金がほとんど飛ばされてしまいました。また、カラーベストとその下にある防水シートも一部剥がれてしまい、ブルーシ...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉佐野市のスレート屋根とモルタル外壁を既存と同じ雰囲気で塗り替え

泉佐野市の厚型スレートの屋根です
泉佐野市のタスペーサーを入れた厚型スレート屋根の塗装 お客様の声
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
日本ペイント・サーモアイSi 
築年数
約20年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約150万円(足場代含む)
施工事例

忠岡町の屋根修理で落ちた瓦を修復し漆喰も詰め直しました

忠岡町の台風被害に遭った降り棟
忠岡町の降り棟修理後の様子
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
いぶし瓦・漆喰・ポリカーボネート波板他
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約80万円(税込み)足場代、カーポート・テラス波板張替え及び塗装費用含む
施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

貝塚市の軒天井のケイ酸カルシウム板を張替え塗装した各所修理工事

貝塚市の軒天井破損
貝塚市の修理した軒天井と破風板
工事内容
破風板・軒天部分補修
雨樋交換
その他塗装
足場
火災保険
台風
使用素材
ケイ酸カルシウム板、塗料、塩ビ雨樋、ガルバリウム鋼板、化粧合板など
築年数
約35年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約180万円(税込み・足場代含む)
施工事例

貝塚市の雨漏りしていたベランダにFRP防水を施工しドレンも調整

貝塚市のベランダの下端から雨漏りしています
貝塚市のベランダのFRP防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
FRP防水材
築年数
約15年
建坪
約20坪
保証
3年
工事費用
約21.5万円(税込み)床補強・ドレン調整費用含む

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市の崩れた棟を修復します

和泉市の屋根修理です。台風で棟の瓦が飛散し、下にある地瓦が割れていまいました。玄関の天井で雨漏りが発生している状態です。この記事では崩れた棟の修復の様子をご紹介します。Y様邸は土葺きの瓦屋根です。棟を一度解体し、積み直す工事は費用がかさんで...........

和泉市の屋根の現地調査

和泉市の台風被害に遭った屋根の現地調査です。玄関の天井に雨漏りが発生していました。Y様邸は平屋建てで土葺きの瓦屋根です。棟の瓦(屋根の頂点の水平部)が強風で飛散し、屋根面に落下したことで地瓦(屋根面の瓦)が割れて雨漏りしていました。台風後に...........

熊取町の軒先から順に瓦を葺きます

熊取町の雨漏り修理です。台風の影響で屋根の瓦がズレたり、漆喰が剥がれるなどの被害に遭いました。H様邸は長屋で、お隣の建物と繋がっている形状で、屋根の取り合い部には谷樋を設けています。その谷樋が劣化し、錆びついて穴があいている状態でした。また...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747