オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

岸和田市の瓦屋根でケラバ部の棟の積み直し工事を行いました


岸和田市のケラバ部の棟の修復で紐丸瓦と袖瓦を積み直しました。
S様邸は台風で瓦が飛散するなどの被害に遭い街の屋根やさん岸和田店にご相談をいただきました。ケラバとは屋根の名称のことで、雨樋が付いていない端部分のことです。屋根の一番端に位置しますので風や地震時の揺れの影響をまともに受けてしまい、被害に遭いやすい箇所です。S様邸は台風でケラバ部の棟の瓦が割れたりズレが生じており、漆喰も剥がれていました。きちんと修理するために一度棟を解体して積み直します。
岸和田市の屋根の漆喰が剥がれて葺き土が流れています
被害に遭ったケラバ部です。
屋根の雨樋が付いていない方の端の三角になった部分で、S様邸はケラバ部に棟(二つの面の取り合い)がある形状でした。
ケラバの端の瓦のことを「袖瓦」または「ケラバ瓦」と言い、数枚が落下して漆喰も剥がれていました。
岸和田市の棟に防水シートを敷いて板で留め付けています
反対側も袖瓦が大量に飛んでしまい、防水シートを敷いて応急処置されている状態です。
知り合いの大工さんが、修理工事がかなり先になっても大丈夫なようにとしっかりと養生してくれていましたが、すべて撤去するところから作業します。
岸和田市の屋根養生を撤去して紐丸瓦と袖瓦を積み直します
防水シートを押さえるための木材や瓦を固定しているシーリングを撤去します。
棟の一番上に施工している紐丸瓦や袖瓦にズレが生じ、漆喰も剥がれていますので解体して積み直さないといけません。
部分的に被害がある場合は一部修復という形で工事可能ですが、S様邸は被害が大きかったのでこの方法をとります。
岸和田市の屋根のシーリングを切って剥がします
ケラバの棟部分に施された応急処置のシーリングを切って剥がします。新しいシーリングはしっかりと密着しているので剥がす際に時間がかかります。
工事までの間、雨水から屋根を守ってくれた防水シートなどもすべて撤去します。
岸和田市の棟部解体中
続いて棟を解体します。
この棟は、袖瓦の横に屋根面の地瓦があり、その取り合いにのし瓦という四角くて平らな瓦を積んで一番上に紐丸瓦をのせている形状です。土葺きの屋根ですので、瓦をめくるごとに土が現れます。その土もきれいに取り除きます。
岸和田市の袖瓦をめくります
袖瓦もズレていたのですべてめくりました。
この袖瓦は軒先方向に勾配を付けて葺いていますので落下しやすくなっていると言えます。この工事では今後のことを踏まえて、1枚1枚ビス留めさせていただきます。
岸和田市で太い銅線を通したビスを木地に打ち込みました
紐丸瓦を固定するために、先に銅線を仕込んでおきました。
ビスに銅線をくくり付けて下地の木地に向かって打ち付け、その銅線を瓦に通してくくりつけて固定します。
岸和田市の袖瓦はビスで固定
袖瓦を復旧します。
下地の葺き土が乾燥して痩せていたので、新しい葺き土をのせて瓦を密着させます。軒先方向に少し勾配をつけてビスでしっかりと固定します。
ビス留めしたので強風や地震が発生した時に動きにくくなります。
岸和田市の棟の間にのし瓦を積んで紐丸瓦を固定します
地瓦と袖瓦の間に葺き土をのせてのし瓦を積み、間に葺き土を挟んで一番上に紐丸瓦をのせて固定します。
雨水が棟の内側に入らないようにのし瓦にも勾配を付けるなど繊細な作業です。
岸和田市で銅線を通して紐丸瓦を固定
あらかじめ仕込んでおいた銅線を紐丸瓦の頂部の穴に通してくるくると丸めて固定しました。
岸和田市の棟に漆喰を詰めます
袖瓦とのし瓦の間に隙間が生じますので、雨水が入らないように漆喰を詰めます。既存の漆喰が黒漆喰だったので同じもので復旧しました。この漆喰は葺き土が直接雨水に当たるのを防ぐ役割もあります。
岸和田市の棟をシーリングで瓦を固定
最近は大型の台風が頻繁に上陸しますので、今後のことを踏まえてシーリングで瓦同士を繋いでしっかりと固定させていただきました。
岸和田市の袖瓦及び紐丸瓦積み直し完了
袖瓦及び紐丸瓦の積み直し完了です。
シーリングで瓦を繋いで固定したので、今回のように瓦がバラバラに飛散する可能性が低くなりました。
S様邸は降り棟などにも被害がありました。次は降り棟や隅棟の修復や瓦のラバーロックの様子をご紹介します。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の金属屋根の笠木が剥がれてガルバリウム鋼板に葺き替え!

岸和田市の台風で飛散した笠木
岸和田市の台風で飛散した笠木を交換
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・構造用合板・アスファルトルーフィング・シーリング・ジプトーン
築年数
約56年
建坪
約42坪
保証
5年
工事費用
約40万円(税込み)
施工事例

和泉市の波型スレートの上にエポライト波板を張り傘釘も防水!

和泉市の倉庫の屋根の明かり窓の上にエポライトを取付けます
和泉市の倉庫の屋根の波型スレートの下に差し込みました
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
エポライト波板・スレート傘釘・シーリング
築年数
建坪
保証
なし
工事費用
約6万円(税込み)
施工事例

和泉市の引っかけ桟瓦葺きの屋根の修理工事を行いました!

和泉市の台風被害に遭った屋根
和泉市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
セメント瓦・いぶし瓦・漆喰・シーリング
築年数
約39年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・10.5万円 屋根修理費用・・22.4万円(すべて税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市の雨漏り修理で窓周りと庇のシーリングを打ち替え!

岸和田市の庇の取り合いのシーリングが劣化
岸和田市の庇の取り合いのシーリングを打ち替え
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
シーリング・プライマー
築年数
約36年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・7.7万円 雨漏り修理・・13.6万円
施工事例

岸和田市の台風で飛ばされた屋根の棟板金を修理しました!

岸和田市の棟板金が飛散しました!
岸和田市の飛散した棟板金を復旧
工事内容
棟板金交換
台風
使用素材
杉貫板・ガルバリウム鋼板製棟板金
築年数
約38年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
約7.5万円(税込み)
施工事例

岸和田市の金属屋根の笠木が剥がれてガルバリウム鋼板に葺き替え!

岸和田市の台風で飛散した笠木
岸和田市の台風で飛散した笠木を交換
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・構造用合板・アスファルトルーフィング・シーリング・ジプトーン
築年数
約56年
建坪
約42坪
保証
5年
工事費用
約40万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熊取町・パネルが飛ばされる理由は

熊取町の皆さまこんにちは!ベランダに設置している屋根のパネルや波板が飛ばされてお困りの方はいませんか?「強風が吹くたびに毎回飛ばされるのでどうにかしてほしい!」というご相談をよくいただきます。この記事では、熊取町にお住いのN様よりご相談をい...........

土葺きの屋根

和泉市の皆さまこんにちは!前回の現場ブログで和泉市K様邸の台風の被害を受けたモニエル瓦葺きの屋根の修理をお伝えしました。引き続き、下屋(1階の屋根)の修理の様子をご紹介したいと思います!

街の屋根やさん岸和田店がプロの目線でご提案

  和泉市K様邸の台風被害に遭った屋根の修理の様子をご紹介します!  「3年前の台風で屋根に被害を受けたんですが、当時業者に相談したところ、想像以上に修理費用が上がってきたので、修理を見送っていたんです。いつま...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747