オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岸和田市のケラバの袖瓦や隅棟の復旧で足場を建てて作業しました


岸和田市の瓦屋根の修復工事の様子をお伝えします。
O様邸は台風21号でケラバの袖瓦が飛ばされて落下し、隅棟も一部崩れていました。
岸和田市で部分足場を設置します
岸和田市の屋根の現地調査です
岸和田市の瓦が飛散!
瓦が落下した部分は屋根の一番端の瓦(袖瓦)ですので、部屋内に雨漏りする可能性は低いですが、軒先方向にお隣さんの屋根があるので、次の台風で瓦が落ちで迷惑をかけたらいけないと心配されており、早急に応急処置させていただき、工事に至ります。屋根の修復で使用する仮設足場を部分的に建てて作業開始です。
岸和田市のケラバに葺き土を載せました
袖瓦の修復工事の様子です。

袖瓦とは屋根のケラバ(屋根の雨樋が付いていない方の端)の一番端に施工する役物瓦のことです。
屋根の端に位置しますので風の影響をまともに受けることが多く、O様邸の袖瓦も風で飛ばされて数枚落下してしまいました。
O様邸の屋根は土葺きの屋根で、瓦をそのまま復旧しても下地の土が乾燥して痩せた状態ですので密着しません。そのため新しい葺き土を用意し、復旧箇所にのせました。
岸和田市の袖瓦をビスで固定
水でよく練りこんだ葺き土をのせて、袖瓦を復旧しました。

袖瓦は外壁よりも突き出た箇所にあり、一番端の瓦ですので横方向からの風もまともに受けてしまいます。
今後、強い勢力の台風が上陸する可能性もありますので、同じように飛散しないよう、1枚1枚ビス留めしました。また、横の瓦の取り合いにシーリングを充填し、瓦が飛散しないように繋ぎました。
岸和田市の隅棟も崩れています
隅棟も一部崩れていました。

棟とは異なる傾斜の屋根面が接する部分のことで、横方向の棟を「水平棟」と言い、「隅棟」とは隅に向かって傾斜した棟のことです。
棟は屋根の頂点部分で屋根面の取り合いになりますので、雨が入らないように処置しなければいけません。瓦屋根の場合、棟の上に漆喰や瓦を用いることで雨仕舞しています。
岸和田市の隅棟の漆喰が剥がれています
隅棟の軒先側の先端には鬼瓦を施工しており、屋根方向は漆喰を詰めています。
漆喰は瓦と瓦の隙間を埋めたり、下地の土が流れ出るのを防いだり、瓦同士を繋げる役割がありますが、経年で劣化し、ポロポロと剥がれてきます。O様邸の隅棟の端の漆喰も台風の強風で剥がれて下地の土が崩れていました。
このままでは雨水が浸入し、棟自体が崩れてしまいます。

岸和田市の鬼瓦を銅線で固定
隅棟を修復するため、動いている瓦を一度めくりました。

瓦をめくると乾燥した土が見えました。
先に、鬼瓦を銅線で繋いで固定しなおしました。鬼瓦は重量がありますので、落下しないように固定されています。木下地に向かってビスを打ち、そこの銅線を通して鬼瓦を引っ張るようにして固定します。
岸和田市の隅棟に葺き土をはさんでのし瓦を積みます
続いて、新しい葺き土をのせてのし瓦という四角い瓦を積み上げていきます。
のし瓦は屋根に落ちてきた雨水が棟の内側に入らないようにするため、屋根面に向かって流れ落ちるように勾配を付けて積まないといけません。
経年で下地の土が痩せたり、何かしらの原因で棟の中に水が廻るなどすると、のし瓦の勾配が崩れて内側に沈むと雨水を内部に呼び込んでしまいますので、棟の工事は慎重に行わないといけません。
岸和田市の隅棟に冠瓦を載せて銅線で固定
一番上に冠瓦をのせて、あらかじめ通しておいた銅線で動かないように固定します。
棟は屋根面よりも突き出ていますので、このように銅線などで固定されています。この銅線が緩んだり切れることがあると強風や地震の揺れにより瓦が飛散してしまう危険性があります。
岸和田市の隅棟に漆喰を詰めます
隅棟の屋根方向の先端に漆喰を詰めて仕上げます。
岸和田市の隅棟に漆喰を詰めました
漆喰を詰めました。
土葺きの屋根の場合、瓦が飛散すると、下地の土がむき出しになり、そこから雨水が浸入して雨漏りする可能性があります。
特に地瓦という屋根面に施工されている瓦が割れたり飛散した場合、雨水が通る道に穴が開くのと同じことになりますので雨漏りする可能性が高くなってしまいます。また、雨漏りしていなくても、下地の土が流れる原因となり、周辺の瓦が動きやすくなってしまいますので必ず修理しましょう。

次は屋根の漆喰の詰め直しや補強の様子をご紹介します。




同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の台風で飛ばされた屋根の板金やスレートを差替えた施工事例

岸和田市の台風被害に遭った棟
岸和田市の台風被害に遭った棟の修理完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板棟板金・杉貫板・化粧スレート他
築年数
約40年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
37万円(税込み・部分足場の場合)
施工事例

岸和田市のセメント瓦がズレて雨漏りが発生!瓦をシーリングで復旧

岸和田市のセメント瓦がズレています
岸和田市のズレたセメント瓦を固定
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
台風
使用素材
シーリング・漆喰
築年数
築約25年
建坪
約40坪
保証
2年
工事費用
約45万円(税込み・足場費用・カーポートパネル仮撤去及び復旧含む)
施工事例

貝塚市の3階建ての住宅の屋根にガルバリウム鋼板の棟板金を取付

貝塚市の棟板金が飛散
貝塚市の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
貫板・ガルバリウム鋼板・シーリング・ポリカ波板
築年数
築約30年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
棟板金・貫板交換工事・約58万円(税込み)足場費用含む テラス波板張替え及び樋交換工事・約12万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市の外装リフォームで屋根を遮熱塗料で塗り替え外壁も塗装!

岸和田市の屋根塗装前
岸和田市の屋根塗装後
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
屋根・・日本ペイントサーモアイSi 外壁・・ダイフレックス スーパーセランフレックス
築年数
約40年
建坪
約30坪
保証
5年
工事費用
屋根・・約65.5万円(税込み)外壁・・約114万円(税込み・付帯部塗装含む)足場・・22万円(税込み)
施工事例

岸和田市の台風で飛ばされた屋根の板金やスレートを差替えた施工事例

岸和田市の台風被害に遭った棟
岸和田市の台風被害に遭った棟の修理完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板棟板金・杉貫板・化粧スレート他
築年数
約40年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
37万円(税込み・部分足場の場合)
施工事例

岸和田市の穴があいていた銅板の屋根をガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市の傷んだ銅板晒し葺きの屋根
岸和田市の銅板屋根の葺き替え完了
工事内容
屋根葺き替え
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板・ゴムアスルーフィング・塩ビ雨樋
築年数
約45年
建坪
約30坪(平屋建て部のみ)
保証
7年
工事費用
約57万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市の板金が飛散し貫板も割れています

岸和田市の棟板金と貫板の交換工事です。台風で棟板金と貫板が飛散し、スレート(平らな板状の屋根材)も一部剥がれてしまいました。棟は屋根の上部の三角になった取り合い部のことで、二つの屋根面との隙間ができる箇所です。その隙間を埋めて屋根の仕舞をす...........

岸和田市の台風被害と雨漏りのご相談

岸和田市にお住いのK様より「2年前の台風被害の修理をしたいんです。屋根の他にも色々修繕しないといけないところがあるんですが、屋根以外のことでもお願いできますか?」とのご相談があり現地調査にお伺いしました。街の屋根やさん岸和田店は住まいのこと...........

泉大津市の棟板金が飛散しています

泉大津市の台風被害に遭った屋根の修理です。Y様邸は屋根にスレート(平型の薄い屋根材)を葺いていて、棟に取り付けている板金が台風の強風で飛散してしまいました。また、下地の貫板も割れたり飛ばされている箇所があったのでこの工事で交換することになり...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747