オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

忠岡町で台風で隣の家の瓦が飛んできて瓦が割れる被害に遭いました


忠岡町の屋根の現地調査です。F様より「台風で隣の家の瓦が飛んできて10枚ほど割れたんです。自分で応急処置はしたんですが、きちんと修理してもらいたいと思って電話しました」というご相談をいただきました。火災保険にご加入されているそうですが、申請もできていないということで、被害箇所の写真と修理のお見積書をお預けさせていただきました。

F様邸は木造2階建ての住宅で、屋根は土と瓦が載っています。台風の強風で屋根面に葺いている桟瓦がまとめて落下し、シートで応急処置されている状態です。また、鬼瓦の取り合いなどの漆喰も剥がれている箇所があったので、詰め直すご提案をさせていただきました。職人が屋根の上まで安全に行き来できるように、家の裏側の敷地に部分足場を設置しての工事になります。
忠岡町の台風被害のご相談
F様邸は木造の2階建てで、道路から屋根面が見えません。
台風の後に、家の周囲に瓦が落下していたので異変に気付かれたそうです。台風でお隣の住宅の2階に設置しているテラスの波板が飛ばされてしまったので、そこにはしごを架けて屋根の上に上がらせていただき、ご自宅の屋根を確認すると、瓦がまとめて飛ばされていたのでとりあえず応急処置して様子を見ていたとのことです。
忠岡町のシルバーの釉薬瓦の屋根です
F様邸は土葺きの瓦屋根で、シルバーの釉薬瓦を使用しています。
釉薬瓦とは粘土を瓦の形に形成し、釉薬という上薬をかけて焼いた瓦のことです。釉薬により瓦の表面がガラス質の膜で覆われるので、耐水性があり、釉薬をかけていない瓦よりも耐久性があるとされています。また、釉薬瓦は釉薬により色付けすることが可能で、青や緑、赤などきれいな色の瓦があります。
忠岡町の瓦を漆喰で繋いでいます
F様邸の屋根は棟瓦や袖瓦、軒先瓦部に漆喰を詰めて瓦同士を繋いで補強されていました。

棟瓦・・屋根の頂点の水平部分に積み上げる瓦
袖瓦・・屋根の流れの一番端に葺く瓦
軒先瓦・・屋根の軒先(一番低い位置)に葺く瓦

棟瓦や袖瓦、軒先瓦は強風や地震の揺れが発生した時に被害を受けやすい箇所ですので、銅線やシーリング、ビスなどを使用して補強されていることがあります。F様邸は、漆喰を用いて瓦同士を繋いで固定されていました。
漆喰は雨水などの水分を少なからず吸い込みますので、最近はシーリングで瓦同士を繋いで補強することが多くなっています。
忠岡町の屋根に砂利などを置いて処置されています
台風で被害にあったのは、軒先瓦を含めた桟瓦(屋根面に葺く瓦)です。
台風の強風でお隣の家の瓦が飛んできて10枚ほど割れている状態でした。
ご自身でシートを敷いて、シートが飛ばないように砂利や割れた瓦を載せて応急処置されていました。

割れた瓦はすべて新しい瓦に交換します。
忠岡町の屋根に漆喰を詰めて補修
瓦の割れの他に、鬼瓦の取り合いの漆喰も剥がれていました。
鬼瓦が落ちないようにシーリングを充填されていましたが、心もとないので、修理の際に漆喰を詰めてきちんと復旧させていただきます。
忠岡町の屋根の漆喰が剥がれています
F様邸は棟などの補強で漆喰を詰めているのですが、その漆喰が部分的に剥がれている箇所がありました。

漆喰は永久的ではなく外気の影響で劣化して剥がれてきますので、定期的なメンテナンスが必要です。
棟などの補強で詰めた漆喰はあくまでも補強の意味合いで施工されていますので、剥がれても雨漏りすることはありませんが、工事の際に鬼瓦の漆喰を詰め直しますので、その時に補強の漆喰も補修させていただきます。
忠岡町の丸瓦の取り合いに隙間があいています
F様邸は屋根面の流れに沿って丸瓦を葺いている箇所があります。
その丸瓦と棟との取り合い部に埋められていた漆喰が剥がれて隙間があいていました。
工事の時に、このような隙間には漆喰を詰めてきちんと処置させていただきます。
忠岡町で足場を設置しました
修理のお見積りをお預けし、火災保険も適応されたので工事のご依頼をいただきました。

職人が屋根の上まで安全に行き来できるように家の裏側の敷地に部分足場を設置しました。敷地に十分なスペースがあったので、階段付きの上り下りしやすい足場です。
忠岡町で使用するシルバーの釉薬瓦をご用意しました
F様邸で使用するシルバーの釉薬瓦です。

当時、台風直後は瓦の生産が追いつかず、入荷待ちの状態でしたが2年後の現在ではスムーズに瓦をご用意することができます。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市で台風で雨漏りが発生した瓦屋根を修理して補強しました

岸和田市の屋根修理前
岸和田市の屋根修理後
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
台風
使用素材
釉薬瓦、南蛮漆喰・葺き土、シーリング他
築年数
約38年
建坪
約19坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約64万円(税込み)
施工事例

泉南市の台風被害の屋根修理で足場を建てて棟を修復しました

泉南市の台風で崩れた降り棟
泉南市の降り棟修復状況
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
台風
使用素材
オレンジ釉薬瓦・葺き土・銅線・漆喰他
築年数
約43年
建坪
約25坪
保証
2年
工事費用
約41万円(税込み・足場代含む)
施工事例

岸和田市の雨漏りの原因は棟!水が廻っていた降り棟を葺き直しました

岸和田市の降り棟の下のお部屋で雨漏りしています
降り棟の積み直し完了
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
雨漏り修理
台風
使用素材
葺き土・銅線・南蛮漆喰・シーリング他
築年数
約28年
建坪
約25坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約31万円(税込み・下屋水切り取付費用含まず)

同じ地域の施工事例

施工事例

忠岡町のひび割れた外壁のシーリングを打ち替え屋根と外壁を塗装

忠岡町の屋根を塗装します
忠岡町の屋根塗装完了
工事内容
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根・・日本ペイントサーモアイSi 外壁・・ラジカル制御形高耐候塗料
築年数
約20年
建坪
約17坪
保証
工事費用
約170万円(税込み・足場代・シーリング打ち替え費含む)
施工事例

忠岡町の屋根修理で落ちた瓦を修復し漆喰も詰め直しました

忠岡町の台風被害に遭った降り棟
忠岡町の降り棟修理後の様子
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
いぶし瓦・漆喰・ポリカーボネート波板他
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約80万円(税込み)足場代、カーポート・テラス波板張替え及び塗装費用含む
施工事例

泉北郡忠岡町の屋根葺き替えで瓦からスレートに葺き替えました

泉北郡忠岡町屋根現況
泉北郡忠岡町屋根葺き替え工事完了
工事内容
屋根葺き直し
使用素材
コロニアルグラッサ
築年数
築50年
建坪
30坪
保証
10年
工事費用
約230万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

貝塚市の1階の和室の天井に雨漏り発生

貝塚市のH様より「1階の和室の天井に雨漏りしてるんです。急だったので驚いて・・・」とのご相談をいただき、雨漏り調査を行うと、雨漏りしている和室の上にある下屋のスレートが数枚割れている状態で、雨漏りの原因の可能性があることから、シーリングで補...........

貝塚市の雨漏りの現地調査にお伺いしました

雨が降った日に、急に雨漏りが発生して慌てた経験はありまんか?天井裏で「ポタポタ」と雨音がしたり、天井に雨染みができるととても心配になるかと思います。この記事では、急な雨漏りでお困りだった貝塚市H様邸の雨漏り調査の様子をご紹介します。

岸和田市の棟板金と貫板が飛散しています

岸和田市で台風被害に遭った棟の修理工事を行いました。M様邸では以前、出窓の雨漏り修理をさせていただいたことがあり、今回は2回目のご相談になります。「前に雨漏りをきちんと止めてくれたし親切だったので、今回もお願いしようと思ったんです。やっぱり...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747