オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

阪南市で屋根から瓦が一枚落下したとのご相談で屋根の調査にお伺いしました!


阪南市の瓦の現地調査
阪南市で「屋根のスレート瓦が一枚落ちてるんですが、下から見えないので調査してください」とのご相談で現地調査にお伺いしました。

屋根材は主に、瓦屋根、スレート屋根、金属屋根があり、K様邸の屋根は化粧スレートです。化粧スレートは主原料にセメントと繊維を混ぜて成型された平板上の屋根材で、表面に塗装を施しています。日本瓦よりも重量が軽く、色も豊富なので一般住宅でよく使われています。


阪南市の落下していた瓦です
こちらが落下していた化粧スレート(瓦)です。
瓦にひび割れが生じて、ズレ落ちたのでしょう。
阪南市の屋根に上がって状況を確認!
屋根のどの部分から落ちたのか、屋根に上がって調査を行います。
化粧スレートは、表面を塗装加工していますが、その塗膜が紫外線の影響などで傷んでくると雨水を吸収するようになります。
水を含んだ瓦が乾くとき(または乾いた瓦が水を含むとき)に瓦が収縮することから、瓦にヒビが入ったり割れたりすることがあります。そういった一連の動きを繰り返すうちに、ひび割れが大きくなり、割れた部分から瓦がズレて落下してしまうケースがあります。
阪南市の瓦が落下した屋根
阪南市の割れた瓦が雨樋に落ちています

屋根に上がって確認すると、瓦が抜け落ちた部分がすぐに判明しました。下の植え込みに落ちたのは瓦の半分で、残りの一部は雨樋の中に落ちて止まっていました。
「瓦が一枚無くなっているのが見えるんだけど、瓦が下に落ちていない」ということがあれは、強風で飛ばされたか、雨樋の中に落ちている可能性もあります。
また、今回のように「瓦が落ちているが、下から見えない」という場合は、危険ですのでご自身で屋根の上に上がって確認せず、必ず業者に見てもらいましょう。
阪南市のスレート瓦にヒビが入っています
以前外壁塗装をされた時に「屋根の瓦が数枚割れていますよ」とご指摘があったそうで、その時にコーキングで補修済とのことでしたが、当時よりもひび割れや破損個所が増えているようでした。
阪南市のスレート瓦にヒビが入っています
瓦の下に防水シートがあるため瓦がひび割れても直接雨漏りに繋がることはありませんが、防水シートが破れていたり劣化が著しい場合は雨漏りに繋がることがあります。
阪南市のスレート瓦にヒビが入っています
写真のように細いひび割れでも、表面から裏面まで繋がっていますので、雨水は必ず屋根瓦の下にまわります。
スレート瓦のひび割れはコーキングを充填したり、割れた瓦を接着する方法で部分補修が可能ですが、今回のように経年劣化によるひび割れの場合、屋根全体が危険信号を出しているようなものなので、今後の事をふまえて、割れた部分を補修してから屋根塗装してメンテナンスすることになりました。

スレート瓦のひび割れや反りなどの変形を防ぐには、瓦に水を浸透させないことが必要不可欠となります。瓦を含水させないようにするためには屋根塗装が効果的です。


阪南市の瓦が欠けています!
ひび割れの他にも欠損している瓦がありました。
阪南市の瓦の劣化
写真のように薄いひび割れでも、放置するとその部分から割れて瓦が欠けてしまいます。
今回のように、屋根全体が下から見えない場合、場所によっては当然瓦が飛ばされたり落下しても見えません。
瓦が落ちていれば分かりますが、雨樋の中で止まっていたりすると、雨漏りして初めてそのことに気づき、被害が大きくなっているケースもありますので、念のため定期的に点検してもらうといいでしょう。

街の屋根やさん岸和田店は、屋根の点検も行っていますので、この記事を読んで気になった方はお気軽にご相談ください。
街の屋根やさん岸和田店 0120-169-747

次は、屋根の点検で飛ばされそうになっていた棟板金の様子をご紹介します。

この工事の現場ブログ

阪南市の屋根についた汚れなどを洗浄します

2018/03/14/ 阪南市の屋根塗装工事/下塗り・中塗り・上塗りの三回塗装で完成です!

阪南市の屋根塗装工事で前回、屋根の高圧洗浄をご紹介しました。今回は塗装の工程をお伝えします。瓦が一枚屋根から落ちてるようだ、とのことで屋根を確認しましたが落下した瓦以外にもヒビが入ったり割れてズレている箇所がいくつかあったので、今後の事をふ...........

阪南市のスレート瓦にヒビが入っています

2018/03/12/ 阪南市の落下したスレート瓦の補修・浮いていた板金も固定しました!

阪南市で屋根の瓦が一枚落ちてきたということで、現地調査を行い修理をすることになりました。K様邸の屋根はスレート瓦で、ひび割れている瓦がいくつかあったのでコーキングで割れを補修します。割れている瓦を補修しても、今後別の瓦が割れてくる可能性があ...........

阪南市の屋根の瓦が割れています

2018/03/13/ 阪南市のスレート屋根のメンテナンスで塗装前の高圧洗浄をご紹介!

阪南市の屋根塗装のご紹介です。K様邸の屋根はスレート瓦で、最初のご相談は瓦が一枚落下した、ということでした。現地調査で屋根の状況を確認すると、瓦にヒビが入っていたり、割れて瓦がズレている箇所がいくつかありました。※スレート瓦はセメントと繊維...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

和泉市のスレート屋根を日本ペイントの遮熱塗料サーモアイSiで塗装

和泉市の塗装前の屋根
和泉市の塗装後の屋根
工事内容
破風板板金巻き工事
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根・・日本ペイント・サーモアイSi(下塗り材・サーモアイシーラー)外壁・・ダイフレックス・アーバントーン ガルバリウム鋼板 
築年数
約38年
建坪
約45坪
保証
屋根・・5年 外壁・・5年
工事費用
足場・約35万円 屋根・約57万円 外壁(付帯部含む)・約177万円 板金工事・約32万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市のスレート屋根を日進産業のガイナで塗装し雨樋も調整!

岸和田市の塗装前の屋根
岸和田市の塗装後の屋根
工事内容
雨樋交換
屋根塗装
その他の工事
使用素材
ガルバリウム鋼板・日進産業・ガイナ他
築年数
約27年
建坪
約20坪
保証
5年(塗装において)
工事費用
足場・・約21万円 屋根塗装・・約72万円 雨樋調整工・・約8万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市で屋根を遮熱塗料で塗装し外壁を多彩模様塗料で塗装しました

岸和田市の塗装前の屋根
岸和田市の屋根塗装
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根・・日本ペイント/サーモアイSi 外壁・・ダイフレックス/アーバントーン
築年数
約50年
建坪
約45坪
保証
外壁・・5年 屋根・・5年
工事費用
屋根・・37万円(税込み)外壁・・約170万円 足場代・・約29万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

阪南市の木製テラスを補強してポリカ波板に張り替えた施工事例

阪南市の台風で飛ばされたテラスの波板
阪南市の台風で飛ばされたテラスの波板の張替
工事内容
台風
使用素材
ポリカーボネート波板(ブロンズ・4尺(1220mm)9枚)波板ビス(ポリカ座金)
築年数
築38年
建坪
約28坪
保証
1年
工事費用
約7.7万円(税込み・波板張替え工事のみ)
施工事例

阪南市の雨漏りしていたベランダをビッグサンコートで防水!

阪南市のベランダ現況
阪南市のベランダ防水完了後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
火災保険
台風
使用素材
シーリング・プライマー・ビックサンコート(液体・粉材)・トップコート
築年数
築38年
建坪
約28坪
保証
2年
工事費用
約17万円(税込み)
施工事例

阪南市の強風で飛ばされた波板の張替でポリカ波板を採用しました

阪南市の台風で飛ばされたテラスの波板
阪南市のテラスの波板張替え後
工事内容
その他の工事
台風
使用素材
ポリカーボネート波板・ポリカフック・シーリング他
築年数
約38年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
約11万円(税込み)既存波板撤去・処分費用含む

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉佐野市の板金屋根を塗装

泉佐野市で行ったトタン屋根の塗装の様子をご紹介します。S様邸には土葺きの瓦屋根とトタン屋根があり、台風で瓦ズレるなどの被害を受けて屋根を修理することになりました。トタン屋根の方は台風での直接的な被害はありませんでしたが、塗り替え時期を過ぎて...........

和泉市の屋根と外壁塗装などのご相談

和泉市のお住いのF様より「雨漏りはしていないのですが、屋根の老朽化が気になっているのでメンテナンスについて相談がしたいんです」とメールでお問い合わせをいただき、現地調査にお伺いしました。

岸和田市の屋根の塗膜が剥がれて真っ白です

岸和田市の屋根塗装です。N様邸は平屋の住宅が二棟あり、ひとつは増築されています。今回、本宅側の瓦やの葺き替えでご相談をいただき屋根の葺き替えを行いました。その時のご相談で、メンテナンス時期にきていた増築部のスレート屋根と外壁の塗装もしてほし...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747