オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

泉佐野市の木造2階建ての屋根の瓦が割れたり飛散していました!


泉佐野市の台風で破損した瓦屋根の現地調査です。K様邸は木造2階建て、土葺きの瓦屋根です。最近まで貸家にしていたそうですが、内装をきれいにリフォームしてご自身が住まわれることになったとのことです。
泉佐野市の瓦が割れているとのご相談
以前お住いされていた方に「台風で、屋根の瓦が何枚か割れたので、ブルーシートで応急処置してる状態です」というお話をお聞きし、街の屋根やさん岸和田店にご相談をいただきました。
泉佐野市の屋根をシートで応急処置
屋根に上がって確認すると、屋根の被害箇所と思われるところにブルーシートを差し込んで応急処置されている状態でした。
泉佐野市の瓦の端が欠けています
シートで処置されている箇所を確認すると、すぐ下の瓦も欠けていました。また、シートが風を受けないようにきちんと応急処置されていましたが、経年でシートが擦り切れ、めくれてきていました。
泉佐野市の瓦が2枚飛散しています
シートをめくると、瓦が2枚飛散していました。
応急処置する際に、瓦3枚分にシートをかけられたようです。
泉佐野市の瓦が欠けています
他にも瓦が大きく欠けている箇所があり、隙間から雨水が入らないようにシートを差し込んで処置されていました。
屋根面には屋根の高い位置から雨水が流れてきますので、割れたり欠けることがあるとそこから雨水が流れ込んで雨漏りすることがあります。
割れている瓦は差し替え、飛散した部分も新しい瓦で復旧させていただきます。
泉佐野市の屋根にシーリングで補修した箇所もあります
他にも、割れた瓦をシーリングで補修されている箇所もありました。
シーリングで補修されている瓦は台風の被害箇所か不明ですが、シーリング自体も傷んできていました。
屋根の修理の際には、劣化したシーリングの上に新しいシーリングを充填して補修します。
泉佐野市の屋根の漆喰がいたんでいます
鬼瓦の取り合いに詰められている漆喰も傷んで剥がれてきていました。
漆喰は瓦同士の取り合いの隙間を埋めて雨水が浸入するのを防止し、下地の葺き土が直接雨水に晒されるのを防ぐ役割があります。鬼瓦の取り合いの漆喰が剥がれると瓦の隙間が露になりますので、放置せず処置しましょう。
今回は、漆喰の詰め直しは行わず、シーリングを充填して隙間を塞ぎ、鬼瓦を固定することになりました。
泉佐野市の棟巴の漆喰が剥がれています
棟巴の下に詰められている漆喰も剥がれていました。
棟巴とは、ケラバの頂部、棟の端に施工する役物瓦のことです。
ケラバとは屋根の雨樋が付いていない面の一番端のことで、棟とは屋根の頂点の水平部のことです。
泉佐野市の壁際ののし瓦が外れています
下屋(1階の屋根)の壁際水切りの下に施工しているのし瓦が2枚抜け落ちていました。
壁際水切りとは外壁を伝ってきた雨水が内部に浸入するのを防ぐための金物のことです。のし瓦とは四角くて平らな瓦のことで、雨水が屋根面へ流れるように勾配を付けて葺いています。長い間、風や揺れを受け続けているうちに、のし瓦の固定力が低下してズレてくることがあります。抜け落ちたのし瓦はシーリングでしっかりと固定させてただ来ます。
泉佐野市のテラスの波板が変形、変色
屋根の他に、2階のベランダに設置されているテラス屋根の波板のご相談もありました。
古くなり、変色がひどいのできれいに張り替えてほしいとのことです。
既存の波板は塩ビ製で、長年使用していると、このように変色し、形も歪むことがあります。次に使用するのは、このような劣化症状が少ない、丈夫なポリカ波板です。
台風などで屋根に被害があり、応急処置をされて雨漏りしていなくても、いつかはシートなどが傷んできますので必ず修理しましょう。

次は屋根修理の様子をご紹介します。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市で台風で雨漏りが発生した瓦屋根を修理して補強しました

岸和田市の屋根修理前
岸和田市の屋根修理後
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
台風
使用素材
釉薬瓦、南蛮漆喰・葺き土、シーリング他
築年数
約38年
建坪
約19坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約64万円(税込み)
施工事例

泉南市の台風被害の屋根修理で足場を建てて棟を修復しました

泉南市の台風で崩れた降り棟
泉南市の降り棟修復状況
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
台風
使用素材
オレンジ釉薬瓦・葺き土・銅線・漆喰他
築年数
約43年
建坪
約25坪
保証
2年
工事費用
約41万円(税込み・足場代含む)
施工事例

岸和田市の雨漏りの原因は棟!水が廻っていた降り棟を葺き直しました

岸和田市の降り棟の下のお部屋で雨漏りしています
降り棟の積み直し完了
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
雨漏り修理
台風
使用素材
葺き土・銅線・南蛮漆喰・シーリング他
築年数
約28年
建坪
約25坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約31万円(税込み・下屋水切り取付費用含まず)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉佐野市の割れた銅製の雨樋を交換し雨水が溢れていた樋を調整!

泉佐野市の呼び樋が割れています
泉佐野市の樋の交換完了
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
銅製の雨樋・金具他
築年数
築約27年
建坪
約32坪
保証
2年
工事費用
約15.5万円(税込み)
施工事例

泉佐野市のスレート屋根とモルタル外壁を既存と同じ雰囲気で塗り替え

泉佐野市の厚型スレートの屋根です
泉佐野市のタスペーサーを入れた厚型スレート屋根の塗装 お客様の声
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
日本ペイント・サーモアイSi 
築年数
約20年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約150万円(足場代含む)
施工事例

泉佐野市俵屋の屋根塗装で耐久性のある屋根になりました!

泉佐野市俵屋で遮熱塗料での屋根塗装着工
泉佐野市俵屋で屋根の上塗り塗装に入りました!
工事内容
屋根塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料
築年数
築16年
建坪
35坪
保証
工事費用
約42万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

貝塚市の1階の和室の天井に雨漏り発生

貝塚市のH様より「1階の和室の天井に雨漏りしてるんです。急だったので驚いて・・・」とのご相談をいただき、雨漏り調査を行うと、雨漏りしている和室の上にある下屋のスレートが数枚割れている状態で、雨漏りの原因の可能性があることから、シーリングで補...........

貝塚市の雨漏りの現地調査にお伺いしました

雨が降った日に、急に雨漏りが発生して慌てた経験はありまんか?天井裏で「ポタポタ」と雨音がしたり、天井に雨染みができるととても心配になるかと思います。この記事では、急な雨漏りでお困りだった貝塚市H様邸の雨漏り調査の様子をご紹介します。

岸和田市の棟板金と貫板が飛散しています

岸和田市で台風被害に遭った棟の修理工事を行いました。M様邸では以前、出窓の雨漏り修理をさせていただいたことがあり、今回は2回目のご相談になります。「前に雨漏りをきちんと止めてくれたし親切だったので、今回もお願いしようと思ったんです。やっぱり...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747