オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

熊取町の窓枠からの雨漏り修理と台風で破損した屋根の修理


熊取町の雨漏り修理と台風被害箇所の修理です。N様邸は平屋建ての住宅で、台風の時に腰窓の窓枠と天井から雨漏りが発生し、街の屋根やさん岸和田店にご相談をいただきました。
現地を確認すると、棟の板金が飛散し、屋根の周囲に設けられたパラペット(立ち上がり壁)の上部に取り付けられている板金の笠木もめくれている状態でした。窓枠からの雨漏りは、真上にあるパラペットの水切り板金の劣化や窓周りを防水しているシーリングが切れていることが原因の可能性がありますので、シーリングできちんと防水することになりました。
熊取町の棟板金が飛散
台風による屋根の被害状況です。
棟板金が飛散して下地の貫板も外れています。

棟板金とは、屋根のてっぺんの水平部分に取り付けられている板金のことで、各住宅の屋根材によって瓦だったり板金だったり、スレートの共材だったりします。
今回の修理では既存の貫板を新しい貫板に交換し、その上にガルバリウム鋼板の棟板金を取付けます。
熊取町の笠木板金がめくれています
N様邸の屋根には周囲にパラペットという立ち上がりの壁が設けられています。パラペットは陸屋根の周囲の手すり壁やデザイン性を考慮する時に施工されます。そのパラペットの天端から雨水が入るのを防ぐために笠木板金が取り付けられているのですが、強風の影響でめくれ上がっていました。
めくれ上がった板金を撤去して、ガルバリウム鋼板を加工して笠木を取付けます。
熊取町の棟に新しい貫板を取付けます
既存の貫板と棟の端に残っていた板金を撤去しました。
この上に新しい貫板を取付けます。(貫板は板金を固定するための長い下地板のことです)
貫板が経年で劣化すると、板金を固定している釘が効かなくなり板金が飛散する原因になりますので、長持ちさせるためにも貫板も交換させていただきました。
熊取町の棟に貫板を取付けました
屋根の両側に新しい貫板を取付けました。
貫板の取付が甘いと板金と一緒に飛散する可能性がありますので、貫板の上部から抜けにくいビスを使用してしっかりと固定しています。
熊取町の貫板の取り合いにシーリング充填
貫板の上に板金を被せるので貫板は隠れますが、屋根面と板金との取り合いから少なからず雨水が染み込んで貫板の劣化を進めてしまいます。また、屋根の傾斜が緩いと、吹き上げの雨の時や雨の量が多い時に板金の取り合いから雨水が浸入して雨漏りの原因になることがあります。そういった現象を防ぐために屋根面と貫板の取り合いにシーリングを充填して防水させていただきました。
熊取町の棟に棟板金を取付けます
続いて棟板金を取付けます。
既存の棟板金はカラー鋼板という板金で、経年で表面に施されている塗膜が傷むと錆が発生し耐久性が低下してしまいます。新しい棟板金はガルバリウム鋼板という錆に強くて長持ちする板金ですのでご安心ください。
熊取町の棟板金の継ぎ目にはシーリング充填
棟の端から端まで距離があることがほとんどです。そのため、数枚の板金を繋げて取付ける方法をとります。
板金の継ぎ目から雨水が浸入するのを防ぐためにシーリングを充填しました。
シーリングを充填すると、板金同士を繋いで固定できるので一石二鳥です。
熊取町の棟板金の継ぎ目の上にもシーリング充填
棟板金は貫板の横方向からしっかりとビス留めしました。
板金を取付けてから、継ぎ目の上にもシーリングを充填し雨水の浸入を防止しました。また、ビス頭から雨水が染み込まないように、また、ビスの緩みを防ぐためにビス頭にもシーリングを充填しています。
熊取町で棟板金を取付けました
棟の端から端まで板金を取付けました。
棟板金が飛散すると取り合いから雨水が浸入して雨漏りの原因になることがあります。棟板金の下には防水シートを敷いていますので、板金が飛散しても雨漏りしない住宅がほとんどですが、防水シートが傷んで破損しているとたちまち雨漏りしてしまいます。N様邸は天井にも雨漏りが発生したので防水シートが傷んでいる可能性があります。そうすると、スレート(薄型の屋根材)の割れでも雨漏りする危険性がありますので注意が必要です。
熊取町でガルバリウム鋼板で笠木を設置
屋根のケラバ(屋根の雨樋がついていない端の部分)に設置されているパラペットの笠木の修理も完了しました。
強風で剥がれた既存の笠木板金を撤去して、ガルバリウム鋼板を加工して笠木を復旧しました。
熊取町のスレートのひび割れを補修
スレートが割れている箇所もシーリングを充填してきちんと防水しました。
スレートは耐久性がある屋根材ですが、定期的に塗り替えのメンテナンスを行わないとひび割れや反りなどの劣化症状が出てきてしまいます。N様邸は雨漏りが発生していますので、劣化が進む前に塗り替えをお勧めします。
熊取町の水切り板金の取り合いにシーリング充填
腰窓の窓枠からの雨漏りの修理も行いました。
雨漏りしている窓の上にもパラペットが設けられており、屋根面とパラペットの立ち上がり部の取り合いから雨水が浸入しないように壁際水切りを取付けています。その水切り板金が傷んできていたので、屋根面との取り合いにシーリングを充填して防水しました。
熊取町の笠木板金の継ぎ目とビス頭にシーリング充填
パラペットの上部の笠木板金の継ぎ目からも雨水が入る可能性があるため、継ぎ目やビス頭にもシーリングを充填して防水しました。
雨水は外部の劣化している箇所や僅かな隙間から浸入します。雨漏りの原因の可能性がある箇所にはシーリングを充填して防水させていただきました。
熊取町の窓枠と壁際にもシーリング充填
雨漏りしている窓の外部の窓周りには板金で水切りが取付けられていました。板金との取り合いを防水しているシーリングが切れていたので打ち直しました。また、外壁と水切りとの取り合いにはシーリングが充填されておらず、壁を伝ってきた雨水が入る可能性があったので、壁際にもシーリングを充填してしっかりと防水させていただきました。
熊取町の雨樋を固定しました
軒樋(横方向の雨樋)を支えて固定している受け金具が外れて樋が斜めに垂れ下がっていたので、固定しました。
雨樋が外れたり破損すると、屋根に落ちてきた雨水を受けることができなくなり漏れてしまいます。雨樋の不具合は外壁の劣化を進めたり雨漏りの原因になることがありますので必ず修理しましょう。
その後の雨で様子を見ていただきましたが、雨漏りはしていないとのことです。

街の屋根やさん岸和田店は雨漏り修理の実績が数多くあります。雨漏りでお困りの方は是非ご相談ください。




この工事の現場ブログ

岸和田市の雨樋のご相談です

2020/01/27/ 泉大津市の雨樋の端から雨水が漏れて隣の屋根に落ちていました

岸和田市の貸家の雨樋のご相談です。オーナー様より「台風で貸家の雨樋が傷んで、お隣の家のガレージの屋根に雨水がバシャバシャと落ちてるみたいなんです。お隣の方に何とかしてほしいと言われたので、できるだけ早く修理してもらえませんか?」とのことでし...........

泉大津市の袖瓦がズレています

2020/01/29/ 泉大津市の台風で被害を受けた屋根の補修工事で棟や瓦ズレを修理

泉大津市の屋根修理です。陶器瓦の屋根と棟違いで板金の屋根があり、両方の屋根に被害がありました。瓦屋根の方は袖瓦や地瓦がズレて、板金屋根の方は棟の板金が一部飛散してしまいました。瓦のズレを戻してからシーリングを充填してしっかりと固定し、風や地...........

泉大津市で修理した雨樋の名称

2020/01/28/ 泉大津市の雨樋が強風で飛んでしまい交換及び調整しました

泉大津市の雨樋修理です。台風の強風で軒樋(横向きの雨樋)が押されて勾配が変わり、下に垂れ下がってしまいました。樋が下がった箇所は竪樋に接続されておらず、通常なら反対方向に雨水が流れる形状なのですが、勾配が逆になり、端から雨水が溢れてお隣の住...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉佐野市のスレート屋根とモルタル外壁を既存と同じ雰囲気で塗り替え

泉佐野市の厚型スレートの屋根です
泉佐野市のタスペーサーを入れた厚型スレート屋根の塗装 お客様の声
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
日本ペイント・サーモアイSi 
築年数
約20年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約150万円(足場代含む)
施工事例

忠岡町の屋根修理で落ちた瓦を修復し漆喰も詰め直しました

忠岡町の台風被害に遭った降り棟
忠岡町の降り棟修理後の様子
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
いぶし瓦・漆喰・ポリカーボネート波板他
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約80万円(税込み)足場代、カーポート・テラス波板張替え及び塗装費用含む
施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)
施工事例

熊取町の台風で剥がれたカラーベストを差替えひび割れも補修

熊取町の剥がれたカラーベスト屋根
熊取町の剥がれたカラーベストの貼り替え
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
カラーベスト・シーリング
築年数
約18年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
約23.5万円(税込み・足場代・ひび割れ補修費用含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熊取町の軒先から順に瓦を葺きます

熊取町の雨漏り修理です。台風の影響で屋根の瓦がズレたり、漆喰が剥がれるなどの被害に遭いました。H様邸は長屋で、お隣の建物と繋がっている形状で、屋根の取り合い部には谷樋を設けています。その谷樋が劣化し、錆びついて穴があいている状態でした。また...........

熊取町で足場を設置

熊取町の台風被害に遭った屋根の修理です。H様邸は長屋で、両隣の住宅と壁を共有しています。屋根の取り合いには谷樋を設けて雨仕舞いしている形状でした。台風で瓦がズレたり漆喰が剥がれ、谷樋の下に位置する和室で雨漏りが発生しました。谷樋が経年で劣化...........

熊取町の2階の押入れの天井で雨漏り発生

熊取町の雨漏りの現地調査です。台風で2階にある和室の押入れの天井と、その隣にある和室の天井から雨漏りが発生しました。その後も雨漏りしている状態で、天井にビニールを貼って応急処置されていました。H様邸は長屋で両隣の住宅がくっついた形状です。玄...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747