貝塚市の屋根塗装/タスペーサーで縁切りしてから塗装しました!


貝塚市のスレート瓦屋根の塗装
貝塚市の外壁・屋根塗装
貝塚市の塗り替えリフォームで今回は屋根の塗装をご紹介します。
Y様邸の屋根はスレート瓦(軽量で薄型の瓦・カラーベスト、コロニアルとも言います)で、表面に施した塗装が劣化して全体的に色褪せてきていました。
スレート瓦は現在、日本で最もよく使われている屋根材です。重量が日本瓦よりも軽く、地震での大きな揺れが起こった時にも有利ですので、最近ではスレート瓦に葺き替えられるお家も少なくありません。
そんなスレート瓦は、表面に塗装を施しており、その塗膜が劣化してくると必ず塗り替えを行わなくてないけません。
塗膜が劣化してくると瓦の「耐熱性」や「防水性」などの性能を保てなくなるからです。
Y様邸の瓦も状態からすると塗り替えの時期に来ていますので、外壁と同時に塗装することになりました。
貝塚市の屋根の棟板金・風の影響で飛ばされることがあります
屋根全体の状態を確認する時には必ず板金部分もチェックします。写真は棟板金という屋根の頂点に施工されている板金で、釘で下地の木部に向かって打ち付けられています。
棟板金は最も高い位置にあり、強風などにさらされるうちに固定している釘が抜けてくることがあります。
抜けてきた釘を放置し続けると、最悪の場合棟板金がズレたり飛ばされることがあるので異変を感じたら直ちに業者に見てもらいましょう。
貝塚市の棟板金固定
Y様邸の棟板金を固定している釘も抜けてきていたので、先にしっかりと打ち直して固定しました。
塗装工事で足場を建てる時は、高所での作業が必要な部分もきちんと確認して足場があるうちにメンテナンスすると費用も抑えられます。
棟板金を固定する際にも、屋根の形状によっては足場が必要な場合があり、その時は棟板金の工事だけで足場の費用が掛かってしまいます。
貝塚市の壁際水切りも固定しました
板金は棟だけでなく軒先(屋根の雨樋が付いている面)やケラバ(屋根の雨樋が付いていない面)、壁際などにも施されています。すべての板金を確認して、異常があれば補修します。
貝塚市の屋根全体を洗浄
屋根を補修した後、高圧洗浄を行います。
高圧洗浄で、屋根に付いた汚れや苔、既存の塗膜などを洗い落とします。汚れたまま塗装すると塗料が密着しないので、長くはもちません。
貝塚市の屋根下塗りです!
高圧洗浄で塗装面をきれいにしてから塗装に入ります。
屋根・外壁共に、塗装工事では下塗り・中塗り・上塗りの三回塗装します。写真は下塗りをしている様子で、今回は透明のシーラーを使用しました。
下塗りは、この後に塗る塗料を塗装面にしっかりと密着させるための工程ですので、必ず行います。
貝塚市の屋根板金も下塗りします!
下塗りをしないで上塗りすると、塗料がうまく付着しないので塗膜の浮きや剥がれの原因になります。ですので、ムラなく下塗りすることも重要です。
先ほどご紹介した板金も塗装するので下塗りしています。
貝塚市の屋根の縁切り
下塗り完了後、屋根の縁切りを行います。
縁切りとはスレート屋根の塗り替えで必要な作業です。
瓦と瓦の間にはもともと隙間があり、湿気や屋根内に浸入した雨水などを逃がしていますが屋根の塗り替え時には上から塗料を塗るのでその隙間が塗料で塞がってしまいます。すると、水の逃げ場が無くなり、雨漏りや木部の腐食に繋がってしまいます。ですので、瓦と瓦の間に隙間を開けることが必須で、その作業のことを縁切りと言います。
貝塚市の屋根にタスペーサー挿入
従来は塗装した後に、塗料で塞がった瓦を一枚一枚カッターなどで切って隙間を開けていましたが、最近ではタスペーサーという縁切り用の部材があります。これを上塗りする前に瓦の間に挿入しておくと、上から塗装しても隙間が開いた状態になります。そうすると、カッターでの縁切りをしなくて済み、作業も短時間で済みます。
貝塚市の屋根中塗りします
タスペーサーを瓦に一定間隔で挿入し、隙間を確保した後、中塗りを行います。
中塗りは上塗りの塗料と同じ色で塗装することが多く、それは同じ塗料を塗り重ねることで、下地が透けることなくムラなく仕上げることができるからです。
貝塚市の屋根上塗り
中塗りが乾いてから上塗りします。
中塗りを乾燥させてから上塗りすることで、塗料が厚膜になり、雨や紫外線に強く耐久性のある屋根(外壁も同様)になります。(塗料によっては二回塗りで仕上がる塗料もあります)
貝塚市の屋根塗装完了
屋根は一年中雨や風、雪、紫外線、季節の温度変化などの影響を受けながら家を守ってくれています。
ですが、劣化したまま放置し続けると雨漏りの発生などにより家の強度的な問題にも関わってくることになります。ですので、定期的なメンテナンスが必要となります。

屋根を見上げることはあまりないかもしれませんが、一度確認してみるといいでしょう。
屋根のことで不明な点がございましたらお気軽にご相談くださいね。

ご連絡は、街の屋根やさん岸和田0120-169-747まで。




同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 現況
岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装
工事内容
屋根塗装
使用素材
遮熱材入屋根専用塗材
築年数
約15年
建坪
40坪
保証
工事費用
約35万円(足場含まず)
施工事例

泉佐野市俵屋の屋根塗装で耐久性のある屋根になりました!

泉佐野市俵屋で遮熱塗料での屋根塗装着工
泉佐野市俵屋で屋根の上塗り塗装に入りました!
工事内容
屋根塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料
築年数
築16年
建坪
35坪
保証
工事費用
約42万円
施工事例

岸和田市摩湯町の破風板・鼻隠しをガルバリウム鋼板で巻き屋根も塗装!

岸和田市摩湯町の破風板と鼻隠し現況
岸和田市摩湯町の屋根メンテナンス完了
工事内容
破風板・軒天部分補修
屋根塗装
使用素材
屋根:推奨遮熱塗材 /破風板・鼻隠し: ガルバリウム鋼板
築年数
約40年
建坪
約28坪
保証
工事費用
屋根塗装(高圧洗浄・仮設足場含む)約56万円(税込) 破風板・鼻隠しガルバリウム鋼板巻加工 約16万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉大津市の屋根の洗浄

泉大津市の屋根塗装のご紹介です。前回までに、台風被害に遭った屋根の補修、高圧洗浄、屋根の縁切りまでをご紹介しました。今回は塗装の工程をお伝えします。化粧スレートはもともと工場で塗装されていますが、経年で塗膜が傷んで剥がれて薄くなっています。...........

泉大津市の屋根の縁切りを行います!

泉大津市の塗装改修工事の中の屋根の縁切り作業と外壁材の固定の様子をご紹介します。

泉大津市の屋根・外壁塗装

泉大津市の屋根・外壁塗装のご紹介です。A様からの初めのご相談は、「台風で屋根材が飛散し、雨漏りが発生した」とのことでしたが、現地調査の際に、「そろそろ塗装もした方がいいですよね・・・」と、お見積りの依頼があり、屋根修理後、塗装も行うことにな...........