貝塚市のサイディングが浮いてきた外壁と屋根塗装の現地調査を行いました!


貝塚市の外壁・屋根塗装の現地調査
貝塚市のY様より「屋根と外壁の塗装を考えてるんですが、外壁のサイディングが反って浮いてきてるんです。塗装する前に、そういう傷んだ部分をしっかりと直してくれるんですか?」とご相談があり、現地調査にお伺いしました。
ご主人様は、「塗装の職人が修理するんじゃなくて、家の構造などをよく分かってる大工さんに直してもらいたいんです」とお話しくださり、外壁の劣化部分の事をとても心配されていました。

「専門の大工がいますので、塗装の前に状態を確認してきちんと留め付けて修理します。その上で塗装工事をおこないますのでご安心ください」とお伝えしました。
貝塚市のサイディング
先ほどもお伝えしましが、Y様邸の外壁はサイディングです。
サイディングとは、サイズの決まったパネル状の外装材のことで、窯業系・樹脂系・金属系・木質系など、種類とデザインが豊富にあることが特徴です。
一般的な住宅で多く用いられるのが「窯業系」で、Y様邸もこの窯業系サイディングでした。
窯業系のサイディングはセメントなどを原料とし、繊維質の原料を加えて形にしたものです。
貝塚市の外壁の目地が割れています
サイディングの外壁には必ず「目地」があります。それは、サイディング同士の継ぎ目のことで、その部分を雨などから守るためにシーリングという弾力のある防水材を充填して防水しています。
経年などによりシーリングが劣化すると、写真のように割れてきます。
貝塚市の外壁のシーリングの肉痩せ
シーリングが経年劣化で痩せてしまい、裂けてしまっています。写真のように劣化したシーリングの厚みがとても薄い場合、シーリング材を充填した時に厚みがないとこのような症状になることがあります。
貝塚市のサイディングが浮いています
サイディングの目地に施工しているシーリングが劣化して割れたり剥離したりすると、そこから雨が壁の内側に浸入することがあります。サイディングの表面は塗装により防水できていますが、内側は防水加工されていないので水を吸い込んでしまいます。ですので、目地から入った雨水をサイデングが吸収してしまうのです。そして、天気のいい日に溜め込んだ水分が蒸発して乾き、その時のサイディングの収縮によりサイディングが反り返ってきます。
写真は水を含んだサイディングが反って浮いてきている状態で、ご主人様は「ここから雨が入ってしまう」とご心配だったようです。
実は、サイディングの反りは外壁の表面が劣化していても起こります。
サイディングの塗装が劣化して剥がれてくると、防水性能が低くなり、サイディング自体が水を吸収してしまうからです。
このような状態になるのを防ぐために外壁塗装は必要なのです。
貝塚市のカラーベスト屋根
屋根はカラーベスト(薄型・軽量で、断熱に優れた屋根材)でした。
カラーベストも外壁と同じように表面を塗装することで防水効果を高めています。ですので、劣化で塗膜が剥がれてくると水分を吸収するようになり、屋根材の反りや割れなどの症状が出てきて、最悪雨漏りに発展する恐れがあります。
屋根のメンテナンスとして塗装をしてあげると、表面が塗膜でコーティングされるので、また水を弾くようになり、あなたの大切な家を守ってくれます。
貝塚市の破風板の色褪せ
屋根の破風板(はふいた)も色褪せていました。
破風板も屋根や外壁と同じように塗装できるので、ご安心ください。
破風板とは、雨風が屋根の内側に吹き込むのを防ぐ役割があります。
貝塚市の瓦に付いている苔
カラーベストの表面の塗膜が劣化すると、水を吸収してしまい、日当たりが悪い部分は乾くのが遅いので長時間水を含んだ状態になってしまいます。そういった部分は苔が付きやすくなってしまいます。
苔や汚れなどは塗装前の高圧洗浄できちんと除去します。
貝塚市の割れた瓦はきちんと補修!
屋根全体を確認すると、屋根材がひび割れている箇所がありました。放っておくと割れがひどくなり、そこから雨水が浸入したり、強風で割れた瓦が一部飛んでしまうかもしれません。このような割れがある部分は塗装前にシーリングで補修しておきます。
貝塚市の棟板金の釘
屋根の棟板金を留めている釘も少し浮いてきていました。
棟板金とは屋根の頂点に施工している部材のことです。風をまともに受けるので、板金を留めている釘が抜けてくることがあります。釘がどんどん抜けると強風時に板金が飛ばされてしまうかもしれないので、塗装前に釘をしっかりと打ち直します。
塗装は美観性を高める意味合いもありますが、建物に防水性を持たせるための工事でもあります。
建物自体が劣化しているのに修理をしないでそのまま塗装しても意味がありません。

「お話をさせていただいて、信頼できる会社だなと思いました。安心してお任せできます」
Y様邸は外壁の反りなどをきちんと修理してから塗装することになりました。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装 

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装の現況
岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装
工事内容
雨樋交換
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料、一部多彩模様アクリルシリコン塗材
築年数
築35年
建坪
約65坪
保証
工事費用
約150万円(税込)
施工事例

岸和田市真上町の屋根塗装と外壁防水もした外壁塗装

岸和田市真上町の屋根塗装と外壁防水もした外壁塗装
岸和田市真上町の屋根塗装と外壁防水もした外壁塗装
工事内容
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
部分塗装
使用素材
屋根・・当社推奨遮熱塗料 外壁・・当社推奨シリコン塗料
築年数
25年
建坪
33坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約180万円(税込、クロス貼替含む)
施工事例

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装
岸和田市春木本町のひび補修と外壁塗装
工事内容
漆喰詰め直し
雨漏り修理
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
当社推奨セラミックシリコン
築年数
30年
建坪
35坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約130万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉大津市の外壁を塗装します

泉大津市で台風21号で雨漏りが発生し、屋根のケラバ水切りやカラーベストの差し替えなどを行いました。現地調査の時のご相談で屋根や外壁の塗装もそろそろかな、というお話があり、屋根を修理した後に続いて塗装工事も行いました。前回、屋根塗装をご紹介し...........

泉大津市の屋根・外壁塗装

泉大津市の屋根・外壁塗装のご紹介です。A様からの初めのご相談は、「台風で屋根材が飛散し、雨漏りが発生した」とのことでしたが、現地調査の際に、「そろそろ塗装もした方がいいですよね・・・」と、お見積りの依頼があり、屋根修理後、塗装も行うことにな...........

泉佐野市の塗装前の様子

泉佐野市の築12年の戸建て住宅の塗装工事で今回は外壁塗装の様子をご紹介します。T様邸の外壁はサイディングの外壁で、目地のシーリングが劣化して割れてきていたので塗装前に各所のシーリングをすべて打ち替えました。その後、高圧洗浄で汚れや傷んだ塗膜...........