オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

和泉市の雨漏り修理で棟の積み直しと下り棟の漆喰を詰め直しました!


和泉市の雨漏りの現地調査
和泉市の天井の雨漏りの跡です!
和泉市で「二階のお部屋の天井で雨漏りしてるんです」とご相談があり現地調査にお伺いしました。
こちらのお宅は日本瓦の屋根で、雨漏りしている二階の和室と屋根を確認すると、雨漏りしている部分はちょうど棟の下あたりに位置していました。

和泉市の棟瓦の勾配が悪くなっています!
屋根の上がって状態を確認すると、棟ののし瓦(四角くて平たい瓦)の勾配が悪くなっていることが分かりました。
のし瓦を施工した当時は、雨水が下に向かって流れるように勾配を取っていますが、経年劣化、漆喰の劣化(棟瓦を固定している白い粘土のような材料)などにより、のし瓦の勾配が少しづつ変化して、棟の中に水が入ってしまうことがよくあります。また、のし瓦の下にある漆喰が手前に出すぎている場合も、同様に棟の中に水が入ります。
漆喰が手前に出ていると、雨水を直接受けてしまい、吸い込む量が多くなってしまいます。そうなると棟の中の土が濡れ、土が痩せてきて、のし瓦の勾配がどんどん崩れて雨漏りに繋がってしまうことがあります。

和泉市の屋根の漆喰と土を撤去
こちらの棟の漆喰も少し手前に出すぎていたので、今回の工事で棟瓦を積み直すことになりました。同時に下り棟の漆喰も詰め直します。
写真は棟の漆喰と土を撤去している様子です。
和泉市の棟の中の土が濡れています!
棟を一度解体すると、やはり瓦の下地の土が濡れていました。黄色い点線部分が湿って色が変わっている状態です。
土が乾いている部分は白っぽくてサラサラとした土になっているのが分かります。
和泉市で棟になんばんを詰めてのし瓦を施工
解体した棟瓦をきちんとした勾配で積み上げていきます。
なんばんという瓦と瓦を固定する粘土のような材料を詰めてその上にのし瓦を積んでいきます。
以前は、棟の積み直しは、土を棟瓦の所に乗せてその後に漆喰を塗りつけるという工法でしたが、この工法だと早期の段階で漆喰の詰め直しを行わなくてはなりませんでした。現在は「なんばん」を使用することがほとんどです。
和泉市で使用したなんばん
なんばんとは、石灰にスサと糊を混ぜて練り合わせた葺き土(屋根土)で、土を使わずにそのまま棟を積むことができます。そのため一回で仕上がり、表面に漆喰を塗り付ける二度手間がいりません。土と漆喰の二つの役目を果たすのが、このなんばんです。
和泉市の棟の漆喰を奥の方で仕上げます
棟を横から見た様子です。なんばんの表面をコテで押さえて、のし瓦よりも3センチほど奥で仕上げました。
黄色い矢印の先が元の漆喰があったラインです。この部分の漆喰が手前に出すぎていると、雨水を吸い込む量が増え、棟のバランスが崩れる原因となります。
和泉市の棟にのし瓦を積んでいきます!
なんばんをのせつつ、のし瓦を積み上げていきます。
棟は高い位置にあるため、風や地震の影響をまともに受けてしまいます。また、棟が劣化すると雨漏りに繋がったり、屋根の全体的なバランスをも崩す原因になることがあるので注意が必要です。
和泉市の棟積み直し完了
最後に冠瓦を一番上に乗せてステンレス線でしっかりと固定しました。
棟の中の土が劣化すると、瓦がズレたり棟が曲がったりすることがあります。これは瓦を固定する力が弱くなっている証拠でもありますので、その場合も棟の積み直しを行わなくてはなりません。
和泉市の下り棟の漆喰を詰め直します
今回は、棟の積み直しと同時に4本ある下り棟の漆喰をすべて詰め直すことになりました。
既存の漆喰と中の土を撤去しています。
和泉市の下り棟に新しい漆喰を詰めます
新しい漆喰を、棟の時と同じように3センチほど奥で仕上げていきます。
漆喰を詰め直す場合、既存の漆喰や土を撤去しないで上から施工してしまうと、今回のように漆喰が出すぎてしまう結果になりますので、必ず撤去してから新しい漆喰を詰めることが大切です。
和泉市の下り棟の漆喰詰め替え完了
雨漏りは台風などの強風や、大雨の時に急に発生することがあります。
「今は雨漏りしていないけど、屋根のメンテナンスを一度もしていないし、そろそろ心配になってきた・・・」
という方も、現在の屋根の状況をしっかりと調査して、アドバイスしたしますので、まずはお気軽にご相談くださいね。

ご相談・点検・お見積り、屋根の工事は街の屋根やさん岸和田店にお任せください!
フリーダイヤル0120-169-747まで。
「今は雨漏りしていないけれど、そろそろ心配…」というお客様も、現在の屋根の状況を見て、プロがアドバイスしますのでお気軽にご相談くださいね。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉南市の台風被害の屋根修理で足場を建てて棟を修復しました

泉南市の台風で崩れた降り棟
泉南市の降り棟修復状況
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
台風
使用素材
オレンジ釉薬瓦・葺き土・銅線・漆喰他
築年数
約43年
建坪
約25坪
保証
2年
工事費用
約41万円(税込み・足場代含む)
施工事例

岸和田市の雨漏りの原因は棟!水が廻っていた降り棟を葺き直しました

岸和田市の降り棟の下のお部屋で雨漏りしています
降り棟の積み直し完了
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
雨漏り修理
台風
使用素材
葺き土・銅線・南蛮漆喰・シーリング他
築年数
約28年
建坪
約25坪
保証
2年(雨漏りにおいて)
工事費用
約31万円(税込み・下屋水切り取付費用含まず)
施工事例

岸和田市で穴があいていた銅製の谷板金をガルバリウム鋼板に入替

岸和田市の玄関屋根現況
岸和田市で凍害の症状で玄関屋根の棟瓦と隅棟を積み直し雨漏りも解消したお客様の声
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板・いぶし瓦・なんばん
築年数
築約45年
建坪
約20坪
保証
2年
工事費用
約35万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

和泉市の貫板が腐食し棟板金が剥がれた事例!釘の緩みは要注意!

和泉市の棟板金飛散状況
和泉市の棟板金交換完了
工事内容
棟板金交換
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板、杉貫板
築年数
約15年
建坪
約35坪
保証
1年
工事費用
約33万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉大津市で足場を設置します

泉大津市の屋根修理です。台風で棟の瓦がバラバラに飛散したというご相談をいただき棟の修復・補強工事を行いました。H様邸は木造の2階建てで、土葺きの瓦屋根と増築した部分の板金屋根があり、被害に遭ったのは瓦屋根の方でした。棟は屋根の頂点部のことで...........

泉大津市の台風被害のご相談です!

泉大津市の台風被害に遭った屋根の現地調査です。H様邸は木造の2階建てで、土葺きの瓦屋根と板金屋根があり、被害に遭ったのは瓦屋根の方です。台風の後に家の外に出ると、割れた瓦がたくさん落下しているのを見つけ、近所の家に来られていた業者に依頼して...........

岸和田市の降り棟の瓦を積み直します

岸和田市のT様より「台風で雨漏りしてるんです」とのご相談をいただき、屋根の修理を行いました。2年前の台風で、2階と1階のお部屋の天井に雨漏りが発生し、調査にお伺いすると、棟の内側に雨水が廻っている形跡があったので、雨漏りに関係する降り棟を解...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747