泉大津市の雨漏りの現地調査で瓦が全体的にズレて隙間が開いていました


泉大津市の雨漏りの現地調査にお伺いしました
泉大津市の平屋の雨漏りの現地調査にお伺いしました。
以前にも雨漏りしたことがあり、その時に修理されて止まっていたそうですが、雨が降った時に確認すると、最近になってポタポタと落ちて来るようになったそうです。

押し入れの中での雨漏りは、中に色々と収納されているとなかなか気づけないことがあります。
目に見えるところで雨水がポタポタと落ちてきたり、天井にシミができたりすると発見しやすいのですが、押入れの中ではそうもいきません。
押入れの中がかび臭かったり、湿気が多いなぁ、と感じることがあれば、一度点検してみるといいでしょう。

泉大津市の押し入れの天井から雨漏りしているそうです
早速、雨漏り箇所の確認を行いました。
ここは、床の間を収納として利用されており、中にタンスを置いていました。
普通の押入れのように天袋(押し入れの上部に設ける袋棚)ではないので、雨漏り箇所はすぐに確認できました。
泉大津市の雨漏り箇所
天井の隅から雨水がポタポタと落ちてくるそうです。
天井・壁に雨染みが残っていました。
泉大津市の押入れの反対側も濡れています
同じ押し入れの反対側の隅も濡れた形跡が残っていました。

泉大津市の隣の押入れの天井にも雨染みあり
となりの押入れの天井にも雨染みが残っていました。
雨漏りで天井や壁が濡れ続けていると、だんだんと腐食して、建物の重要な構造部分を傷めて強度が落ちたり、カビが生えたり白蟻がつく原因になります。
腐食が進めば進むほど修理費用もかさんでしまいますので、雨漏りを見つけたらできるだけ早めに対処しましょう。
泉大津市の屋根全体の瓦が波打っています

雨漏りの原因を突き止めるために屋根に上がって調査しました。
屋根に上がってすぐに、瓦が波打っているのが目に留まりました。
経年劣化で、瓦にずれが生じ、不規則になっているのが分かります。こうなると、あちこちで隙間ができている状態と言えます。

泉大津市の瓦のズレ状況

屋根は常日頃から雨風にさらされ、時には豪雨や地震などの影響も受けます。月日と共に、下地の土が痩せるなど、劣化してくると、瓦の内側に雨水が廻って、更に状況は悪化していきます。
劣化が進むと、下地の板が腐食して凹凸ができ、屋根が波打ったように歪むことがあります。波打った屋根は見た目も悪いですし、屋根の耐久性も低下させてしまいますので、メンテナンスが必要となります。
泉大津市の瓦がズレて隙間が開いています
こちらは、瓦がズレて大きく隙間が開いている様子です。
これでは雨水が瓦の内側にどんどん入ってしまい、傷んだ部分から部屋内に雨漏りしてしまいます。
こういった瓦のズレは屋根のあちこちで発生しており、どこからでも雨水が浸入してもいい状態でした。
泉大津市の瓦に隙間が開いています
屋根を下から見ると、瓦に隙間が開いているのがよく分かります。
屋根がまだ新しいうちは、このように隙間など無く整っていますが、長年手を加えていないと、瓦がズレて隙間が開いていしまいます。
このような状態になると、雨水が入るばかりか、強風で瓦が煽られてめくれたり、落下する可能性があります。
泉大津市の屋根の下地の土が流れています
雨漏りしている箇所の屋根面で、雨漏り箇所よりも上の部分の瓦を一枚めくると、下地の土が雨水で流されていました。
これは、瓦の内側に雨水が流れている証拠です。
瓦の下には葺き土があり、その下に防水シートがありますが、その防水シートが傷んで破損していると、破損した部分から屋根内部(小屋裏)への雨水の浸入を許してしまいます。
泉大津市の瓦が凍害で割れています
凍害で割れている瓦もありました。
瓦はその性質から、多少なり水分が染み込んでしまいます。冬の寒い時期にその水分が凍ると体積が増えて、瓦の組織を破壊してしまいます。その一連の動きにより瓦が割れてしまうことを凍害と言います。
凍害が進むと瓦がボロボロになってしまいますので、葺き替えなどを行わないといけない事態になることがあります。
今回は、屋根全体が劣化していていますので、屋根を根本的に修理する葺き替えのご提案と、雨漏りを止める修理のご提案をさせていただきました。
今回は、雨漏りを止める修理を行い、屋根の葺き替えは将来的に考えられることになりました。
雨漏りを止めるために、屋根の半分くらいの面積の瓦のずれを直して、今後ズレないようにコーキングで固定する工事を行います。

瓦のズレは屋根の劣化を早めてしまいますし、雨漏りの原因にもなります。
「なんか、瓦が波打ってるように見えるなぁ」と感じられることがありましたら、街の屋根やさん岸和田店にお気軽にご相談くださいね。

次は雨漏り修理で瓦のズレ補修などをご紹介します。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市下池田町/和室の天井に雨漏り発生!ベランダのコーキング打替修理

岸和田市下池田町のベランダシーリング現況
岸和田市下池田町のベランダコーキング打ち替え
工事内容
雨漏り修理
使用素材
コーキング材
築年数
建坪
保証
工事費用
約3.9万円(税込)
施工事例

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
メニ―ウェルテラス ポリカ屋根
築年数
築35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約33万円(税込・建具調整費含む)
施工事例

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装
岸和田市春木本町のひび補修と外壁塗装
工事内容
漆喰詰め直し
雨漏り修理
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
当社推奨セラミックシリコン
築年数
30年
建坪
35坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約130万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

貝塚市のベランダをきれいに清掃します

貝塚市のベランダ防水工事のご紹介です。T様邸は玄関の天井と1階の洋室の天井に雨漏りが発生しました。前回、玄関側の雨漏り修理で壁際水切りの取付などをお伝えしたので、今回は洋室の雨漏り修理でベランダの防水です。ベランダは外部にありますので、防水...........

忠岡町で袖瓦付近の瓦が飛散

泉北郡忠岡町のK様邸の屋根の補修工事のご紹介です。台風21号で1階と2階の天井に雨漏りが発生しました。雨漏り箇所の上の瓦が強風でめくれ上がり、飛散するなどして雨漏りしているようでした。K様邸の瓦はシルバーの釉薬瓦で、再利用できる瓦は使用し、...........

忠岡町で台風で雨漏り発生

忠岡町で台風で雨漏りが発生したとのご相談があり雨漏り調査及び屋根の点検にお伺いしました。K様邸の屋根は和瓦で、台風の強風で瓦がめくれ上がり飛散してしまいました。