泉佐野市のいぶし瓦の屋根修理で風切り丸や袖瓦などを修復


泉佐野市の瓦屋根の修理のご紹介です。S様邸は土葺きの瓦屋根で、台風時の強風の影響で瓦が割れたり飛散し、玄関の天井に雨漏りが発生しました。その後の応急処置で雨漏りが止まったので、頃合いを見て修理のご相談をいただきました。
泉佐野市で使用するいぶし瓦です
S様邸の屋根にはいぶし瓦を使用しています。いぶし瓦とは、粘土を瓦の形に形成し、釉薬などの釉をかけずに素焼きした後に蒸し焼きし、表面(裏と表ともに)に炭素膜を形成させた瓦のことです。全体的に銀色で、割って中を見ても銀色です。対して釉薬瓦とは、瓦の表面に釉薬という釉(うわぐすり)をかけて色を出した瓦のことで、裏面は土色をしています。
泉佐野市の袖瓦やのし瓦が飛散
被害箇所である風切り丸の修復の様子です。

風切り丸とは、屋根の大棟(屋根の一番高い水平部分)から軒先にかけて葺いた丸瓦の列のことです。
台風の強風で、風切り丸の丸瓦の下に葺いているのし瓦が数枚飛散していました。また、のし瓦の下に位置する袖瓦も1枚飛散していました。
泉佐野市の風切り丸や葺き土を撤去
被害箇所周辺の風切り丸を一部ばらして仮撤去し、新しい葺き土や不足分の瓦を足して復旧します。

土葺きの屋根は、粘り気のある葺き土をのせて瓦を密着させて葺いています。そのため、土が痩せたり流れることがあると、瓦が動きやすくなりズレや飛散を誘発してしまいます。
泉佐野市の袖瓦を復旧
風切り丸を一部解体し、先に飛散した袖瓦を復旧しました。
袖瓦は屋根の三角になった面の一番端に葺く瓦で、風や地震の揺れの影響を受けやすい箇所です。この袖瓦は風切り丸の下にありますので、先に復旧しました。
泉佐野市で葺き土をのせて瓦を復旧します
袖瓦を葺いた後、風切り丸を復旧します。
葺き土が崩れないように板で押さえて瓦の上に載せました。
この上にのし瓦という平らな瓦を1段積み、最後に丸瓦をのせます。
泉佐野市ののし瓦を復旧
被害箇所をきちんと修復するために、周辺の瓦を一旦めくりました。仮撤去していたのし瓦を復旧し、不足分をのし瓦で補います。
のし瓦は雨水の流れる方向を踏まえて勾配を付けて葺かないと、雨水を瓦の内側に呼んでしまいますので、修復の際は知識と技術が必要です。
泉佐野市の風切り丸に銅線を通しておきます
のし瓦の上にさらに葺き土をのせて、丸瓦(半月状の瓦)を葺いて仕上げます。
丸瓦は一番上に葺く瓦で、屋根の高い位置にあることから動きやすい部分です。そのため銅線などで固定されていることがほとんどです。丸瓦に空いている穴に銅線を通しておき、最後に固定します。
泉佐野市で風切り丸を積んで銅線で固定
丸瓦の穴に通しておいた銅線を、頂部でくるくると丸めて固定します。
今回は、被害箇所の修復のご提案で、瓦の飛散防止やズレ直しなどは含まれていないので、この部分の工事は完了です。
泉佐野市の降り棟復旧完了
袖瓦と風切り丸の修復完了状況です。
今後の台風に備えて瓦同士をコーキングで繋いで固定するなどご提案することもありますが、S様邸の屋根はまだしっかりとしていたので被害箇所の修復のみとなりました。
泉佐野市の谷樋の際の瓦が割れて雨漏りしていました
台風の影響で、雨漏りしていた玄関屋根です。
谷樋(屋根の谷部分に設けた雨樋)の際の瓦が割れて、玄関の天井に雨漏りしていました。
すぐに応急処置されて雨漏りは止まっていましたが、きちんと修復しようとご相談をいただきました。
泉佐野市の瓦を差替えました
写真の向きが逆ですので見づらいですが、割れた瓦を撤去して新しい瓦に差し替えました。
谷樋沿いの瓦は、雨水がスムーズに流れるように谷樋の形状に合わせてカットして葺いています。
泉佐野市の割れた瓦は差し替えます
割れた地瓦(屋根面で使用する瓦)も新しい瓦に差し替えました。
台風の後に、割れた部分に銅板を差し込んで応急処置していましたが、あくまでも応急処置ですので、きちんと修理ができて安心されていました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
メニ―ウェルテラス ポリカ屋根
築年数
築35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約33万円(税込・建具調整費含む)
施工事例

岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装

岸和田市極楽寺町のカビ除去もした外壁と屋根塗装 現況
岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
その他塗装
使用素材
屋根・・当社推奨遮熱塗料(2液シリコン)外壁・当社推奨シリコン塗料
築年数
25年
建坪
30坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約110万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉佐野市俵屋の屋根塗装で耐久性のある屋根になりました!

泉佐野市俵屋で遮熱塗料での屋根塗装着工
泉佐野市俵屋で屋根の上塗り塗装に入りました!
工事内容
屋根塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料
築年数
築16年
建坪
35坪
保証
工事費用
約42万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市の棟瓦復旧完了

和泉市のS型の洋瓦屋根の棟の修理及び補強のご紹介です。M様邸の棟は棟包みのみ施工されていますが、台風の強風で大量に飛んでしまい、瓦が割れるなどの被害に遭いました。(棟とは、屋根の頂点の取り合い部分のことで、棟包みとはそこに施工される半月状の...........

和泉市の足場にはしごをしっかりと固定

和泉市の棟瓦修復工事のご紹介です。M様邸は台風で棟の瓦が飛散し、テレビのアンテナも倒れてしまいました。また、飛散した瓦が下の屋根に落ちて瓦が割れる被害も発生していました。

岸和田市の雨漏りの現地調査

貝塚市にお住いのM様より雨漏りのご相談をいただきました。台風で2階のバルコニーに設置していた木製のテラス屋根が倒壊して飛ばされ、バルコニーの下にあるトイレや玄関、洗面所で雨漏りが発生したとのことです。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747