オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

泉佐野市で台風の強風で瓦が落下し葺き土も流れていました!


泉佐野市の風雨被害の現地調査
泉佐野市のY様より台風で屋根瓦や雨樋、波板が飛んでしまったとのご相談がありました。
現地調査にお伺いすると、1階の和室の天井に雨漏りが発生しておりタオルを敷いて応急処置されていました。屋根に上がって確認すると、大屋根と下屋ともに袖瓦が大量に飛散し、屋根面に葺かれている地瓦も強風でめくれ上がっていました。大屋根の瓦が下屋に落下したことで下屋の瓦が割れてしまい、雨漏りの原因になっている状態です。また、大屋根の軒樋が一部飛散し、雨の時に雨水がそのまま流れ落ちてきて気になる、とのご相談です。
泉佐野市の1階の和室で雨漏り発生
雨漏りしている1階の和室です。
天井から浸入した雨水が壁を伝って流れ落ちてくるのでタオルを敷いて処置されていました。

雨漏りはこのように目に見えて発見することもあれば、天井裏など目に見えない箇所で発生することもあります。雨漏りの量が少量の場合は、天井など目に付くところに出てこないこともあります。
泉佐野市の屋根の現況
Y様邸は2階建てで、屋根は土葺きのいぶし瓦の屋根です。
屋根に上がるとすぐに被害に遭っていることがわかりました。
この台風でテレビのアンテナが倒れてしまった住宅がたくさんありましたが、アンテナは倒壊せず無事でした。
泉佐野市の大屋根の袖瓦がほとんど落下しています
屋根の袖瓦がほとんど落下していました。
応急処置ができないまま数カ月が経ったので、下地の葺き土も流れている状態です。

袖瓦は屋根の一番端にありますので、上に瓦がのりません。それに、風や地震の影響を受けやすいので銅線を通して固定されていましたが、銅線が傷んで切れ、瓦が飛散してしまいました。
泉佐野市の袖瓦が飛散しています
他の袖瓦もめくれて屋根の上で重なり合い、落下しそうになっている瓦もありました。
袖瓦は屋根の一番端にありますので、流れに対して横方向から風を受けるとズレたり飛散する可能性が高くなってしまいます。
泉佐野市で突風で瓦がめくれています
台風の突風で、地瓦(屋根面の瓦)もめくれていました。
めくれ上がった瓦を見ると、強い力の突風に押されたようなかたちになっています。
土葺きの屋根は下地に葺き土(粘土に石灰やスサを混ぜたもの)をのせて瓦を押し付けて固定していますが、経年で葺き土が乾燥してくると、痩せて固定力が弱くなってしまいます。そうすると、強風や地震の揺れを受けた時にめくれたりズレたり落下する危険性が高くなってしまいます。
泉佐野市の瓦が欠けています
瓦が欠けていたり、割れている箇所もありました。
地瓦が割れると、雨漏りの原因になることがあります。それは、地瓦を葺いている屋根面は雨水の通り道だからです。地瓦は屋根面に落ちてきた雨水が真っすぐ軒先に流れる形状になっています。その部分の瓦が割れると雨樋に穴があくのと同じように雨水が漏れて(屋根内に浸入して)しまいます。
泉佐野市の下屋の袖瓦も飛散しています
下屋(1階の屋根)の袖瓦もほとんどが飛散し、葺き土も流れていました。
葺き土の下にある黒いものは防水シートです。防水シートを敷いていると瓦が割れてもすぐに雨漏りすることはありませんが、この防水シートは昔ながらの薄いシートで耐久性があまりありません。防水シートが傷んでいるとやはり雨漏りしてしまいます。
泉佐野市の大屋根の瓦が落ちてきて下屋の瓦が割れてしまいました
大屋根の(一番高い屋根)瓦が下屋に落下し、下屋の瓦が割れていました。
この下には雨漏りした和室があります。瓦が割れたことで屋根に隙間があき、そこから雨水が浸入して雨漏りしたのでしょう。
割れた瓦は修理の際にすべて交換し、固定させていただきます。
泉佐野市の軒先瓦が割れています
下屋の軒先瓦も割れていました。
軒先瓦の下には軒樋がありますが、割れた瓦の下の樋が割れてしまった、とのことです。
ここは脚立にのると手が届くので、樋の破片を貼って応急処置されていました。
泉佐野市の軒樋をテープを貼って処置しています
割れた軒樋を下から見ると、テープを貼って処置されていました。
樋が割れて穴があくと、樋に集まった雨水が大量に流れ出てしまいます。そうすると、大きな音をたてたり、地面を削ったり大切な土台を劣化させるなど建物に悪影響を与えてしまいます。
泉佐野市の軒樋が飛散しています
2階の軒樋は一列すべて飛散していました。
下屋の樋よりも2階の樋の方が高い位置にありますので、その分落ちてくる雨水の影響も大きくなってしまいます。雨がたくさん降った時には、屋根から滝のように雨水が流れ落ちているでしょう。
泉佐野市の波板が飛散しています
ベランダに設置しているテラスの屋根の波板はすべて飛散してしまいました。
次に張り替える際はポリカーボネートという割れや衝撃に強い波板を使用します。また、波板を固定するフックも同じポリカ素材ですのでプラスチックよりも長持ちします。
Y様邸は雨漏りが発生し、応急処置もできていない状態でしたので、早急に修復工事を行いました。

次は工事の様子をご紹介します。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

貝塚市のカラーベストと棟包みが剥がれたので修理を行いました!

貝塚市の台風被害に遭った屋根
貝塚市の台風被害に遭った屋根の修理後
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
カラーベスト・グリシェイドグランデ・棟包み
築年数
約2年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・10.5万円 屋根修理費用・・16万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市の雨漏り修理で銅板晒し葺きの屋根の棟を修理しました

岸和田市の修理前の銅板屋根
岸和田市の修理後の銅板屋根
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング
築年数
築35年
建坪
約50坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・19.8万円 屋根修理費用・・24.8万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市で強風で屋根のケラバ水切りが剥がれたので交換しました

岸和田市のケラバ水切りが貫板と一緒に飛散
岸和田市のケラバ水切りを復旧
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板製ケラバ水切り・下地
築年数
約23年
建坪
約23坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・14.8万円 屋根修理費用・・9.9万円(ともに税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉佐野市の強風で落ちたセメント瓦の復旧工事の施工事例をご紹介!

泉佐野市の台風被害に遭った屋根
泉佐野市の台風被害に遭った屋根の修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
セメント瓦
築年数
約38年
建坪
約21坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・約21万円 屋根修理費用・・約27万円(共に税込み)
施工事例

泉佐野市の雨樋の掃除で屋根の漆喰が剥がれて樋に詰まっていました

泉佐野市の樋に漆喰が詰まっています
泉佐野市の樋を掃除して雨水が流れるようになりました
工事内容
その他の工事
使用素材
シーリング
築年数
築約35年
建坪
約18坪
保証
なし
工事費用
3.3
施工事例

泉佐野市の割れた銅製の雨樋を交換し雨水が溢れていた樋を調整!

泉佐野市の呼び樋が割れています
泉佐野市の樋の交換完了
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
銅製の雨樋・金具他
築年数
築約27年
建坪
約32坪
保証
2年
工事費用
約15.5万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熊取町の土居のしの取り合いの漆喰の剥がれ

熊取町で壁際の漆喰詰め直し工事を行いました。漆喰は、瓦同士の隙間を埋めて防水し、瓦と瓦をくっつけたり、瓦を固定する役割があります。2階の窓から外を見た時に、下の屋根に剥がれた漆喰が落ちていたので、心配になってご相談をいただいたことがきっかけ...........

泉大津市の瓦を復旧して全体的に固定しないといけません

泉大津市の皆様こんにちは!街の屋根やさん岸和田店の小南です。最近、地震が頻繁に発生しているのでとても心配ですね・・・。台風はある程度予測がつくので事前に備えることができますが、地震は突発的に起こるので本当に恐ろしいです。「台風」や「地震」「...........

熊取町の屋根の漆喰の剥がれ

熊取町にお住いのY様より「漆喰の剥がれ」「漆喰の汚れ」のご相談があり、漆喰の詰め直し工事を行いました。屋根の漆喰(しっくい)は、葺き土の流出や雨水の浸入を防止したり、瓦を固定する重要な役割があります。しかし漆喰は、永久的ではなく、残念ながら...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747