岸和田市の方形屋根の棟板金復旧工事で貫板も交換しました


岸和田市の方形屋根の棟板金などの復旧工事のご紹介です。台風21号の強風で、屋根の棟板金がすべてめくれ上がり、下地の貫板も一部飛ばされてしまいました。

棟板金とは、屋根の山状になった頂点部分にかぶせる板金のことで、下地の貫板に向かって釘留めされているのですが、経年で釘が緩むなど様々な理由から風で飛散することがあります。
岸和田市の棟板金が飛散
屋根の被害状況です。(詳しい様子は前回の記事をご覧になってください)

S様邸は方形屋根で、軒先に向かって降りる棟の板金がすべて飛散しています。
テレビのアンテナも強風で倒れている状態でした。

方形屋根とは、屋根に頂点があり、その頂点部分から四隅に向かって同じ角度で傾斜した屋根の形状のことです。
岸和田市の貫板も飛散しています
棟板金の下には貫板と呼ばれる下地の板があり、そこに板金を釘留めしています。
貫板は屋根面に釘留めしており、普段は板金に覆われて見えません。
板金に覆われている貫板ですが、雨の量が多い日や吹き上げの雨の時に屋根面と板金との隙間から水が入ったり、湿気などの影響で次第に劣化して腐食してきます。そうなると板金を留め付けている釘が効かなくなり、更に貫板を止めている釘が緩んだり、貫板自体が割れて風で飛散することがあります。
岸和田市で一部足場を建てて修理を行います
作業用及び昇降用の足場を一部建てさせていただき、修理を行います。

屋根の傾斜が緩い場合でも、軒先部分に被害があったり、雨樋の修理などの際は足場が必要になります。また、足場があると職人がより安全に、スムーズに昇降できます。
岸和田市のアンテナを撤去しました
倒れていたテレビのアンテナを撤去し、屋根の上から降ろしました。
S様邸はケーブルを引かれてテレビを見ているので不要だということでした。
岸和田市の屋根のアンテナが倒れてスレートに穴が開いています
テレビのアンテナが倒れてスレートに穴が開いていました。

このように、テレビのアンテナが倒れて屋根材が破損して雨漏りした事例もあるので、補修することになりました。
岸和田市のスレートの穴をコーキングで補修します
化粧スレートは重ね代をとって屋根面に釘留めして葺いています。そのため、差し替え作業時には釘を抜かないといけません。破損個所が小さい場合は、このようにコーキングを充填して補修することが多いです。
岸和田市の劣化した貫板や屋根に残った釘を撤去します

続いて、棟板金の復旧を行いました。

S様邸は板金がすべて飛散し、貫板の劣化も進んでいたので、貫板から交換します。
まずは貫板と屋根に残った釘を撤去します。
屋根に残っている釘は貫板を留めていたもので、強風で貫板が割れて釘だけが残っている箇所がありました。
岸和田市の新しい貫板をビスで固定

新しい貫板を屋根面に向かってビスで固定していきます。

今回は釘ではなく抜けにくいビスを使用しました。
貫板は棟の両側それぞれの屋根面に取付けます。
岸和田市の棟の貫板をすべて交換
方形屋根の棟、すべての貫板を交換しました。この上に板金を被せて取付けます。
岸和田市の棟板金と屋根との取り合いにコーキング充填
先ほどお伝えしましたが、屋根面と棟板金の取り合い部分から雨水が浸入し、貫板の劣化を進めてしまいますので、貫板の際にコーキングを充填して防水しました。
岸和田市のガルバリウム鋼板の板金を取付けます
続いて棟の形状に合わせて加工したガルバリウム鋼板の棟板金を取付けます。
ガルバリウム鋼板は錆に強く長持ちする板金です。
数枚の板金を繋ぎ合わせて固定します。
岸和田市で屋根の板金の側面からビス留め

棟板金を取付ける際には、横方向からビス留めします。
真上から固定すると、雨水をまともに受けてそこから水の浸入を許す可能性があるからです。

棟板金も釘よりも抜けにくいビスを採用しました。
岸和田市の棟板金の継ぎ目にコーキング充填

棟板金には、端に水返しという加工がされています。
万が一板金の継ぎ目から雨水が入った時に内部に浸入しにくい形状を施しています。
水返しがありますが、更に防水性を高めるために継ぎ目にコーキングを充填しました。
岸和田市の板金の継ぎ目の上からも防水
板金を取付けたあと、継ぎ目の上にもコーキングを充填してしっかりと防水しました。
岸和田市の棟のかき合い部分もコーキングで防水しました
かき合い部分(棟が重なり合う部分)から雨水が入ることがありますので、コーキングを充填して防水しました。
きれいに仕上がっています。
岸和田市の棟板金交換完了です
棟板金復旧工事完了です。破損したスレートを差替えて、テラスの平板の張り替え工事も行いました。

棟板金が飛散しても、屋根材の下にルーフィングという防水シートがありますので、ルーフィングが傷んでいなければすぐに雨漏りすることはありません。ですが長期にわたって板金がない状態だと、屋根にとっていいことはないので、必ず修理しましょう。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
メニ―ウェルテラス ポリカ屋根
築年数
築35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約33万円(税込・建具調整費含む)
施工事例

岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装

岸和田市極楽寺町のカビ除去もした外壁と屋根塗装 現況
岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
その他塗装
使用素材
屋根・・当社推奨遮熱塗料(2液シリコン)外壁・当社推奨シリコン塗料
築年数
25年
建坪
30坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約110万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市のカラー鋼板屋根を金属屋根・ガルバリウム鋼板に葺き替え

岸和田市西之内町の錆びた屋根のカラー鋼板
岸和田市西之内町のガルバリウム鋼板の屋根に葺き替え
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築50年
建坪
保証
工事費用
約23万円(税込)
施工事例

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 

岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装 現況
岸和田市加守町の蘇ったスレート板葺きの屋根塗装
工事内容
屋根塗装
使用素材
遮熱材入屋根専用塗材
築年数
約15年
建坪
40坪
保証
工事費用
約35万円(足場含まず)
施工事例

岸和田市下池田町/和室の天井に雨漏り発生!ベランダのコーキング打替修理

岸和田市下池田町のベランダシーリング現況
岸和田市下池田町のベランダコーキング打ち替え
工事内容
雨漏り修理
使用素材
コーキング材
築年数
建坪
保証
工事費用
約3.9万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉南市の屋根の瓦が大きくズレています

泉南市のI様邸の風雨災害に伴う各所修復工事の様子をご紹介します。泉南市で屋根の現地調査をしているときにお隣に住むI様に「うちも瓦が割れてるんです」とお声をかけていただいたのがきっかけです。

泉南市の台風被害の現地調査

泉南市で台風被害に遭った住宅の現地調査を行っているときに、お隣に住むI様に「うちも屋根の瓦がズレてるんです。一緒に見てもらえませんか?」とお声をかけていただき、調査をさせていただきました。

泉大津市の天窓からの雨漏りのご相談

泉大津市にお住いのN様より「台風21号の時に天窓からの雨漏りしたので見に来てもらえますか?」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。N様邸の屋根はスレート(平型の薄い屋根材)で、大屋根(一番高い屋根)に天窓が付いていました。