阪南市の木製のカーポートの白蟻被害に遭った柱を撤去して入れ替えます!


阪南市のカーポートの屋根を張り替えて補強します
阪南市の木製カーポートの修理工事です。
塩ビ製の波板を張替えて、傷んだ木部の修理(柱の入れ替えなど)を行います。

U様邸のカーポートはお父様のお手製のカーポートで、長年大切に使用されてきましたが、経年劣化で木部が傷み、屋根からは雨漏りしてきていました。
かなり古くなって、傷んでいるので倒壊しないか心配されており、きちんと修理することになりました。
阪南市のカーポートの波板が変形して隙間が開いています
カーポートの屋根は塩ビ製で、経年劣化で変形し、隙間が開いていて雨漏りしていました。
塩ビ製の波板は以前は多くの住宅でテラス屋根などに使用されていましたが、写真のように熱や紫外線などの影響で変形や変色などの症状が出てきます。
最近では塩ビ製よりもはるかに耐久性のあるポリカーボネート素材の波板が主流になっており、今回もポリカに張替えます。
阪南市のカーポートの柱の根元もひび割れています
カーポートの柱や枠組などは木製で、こちらも月日と共に傷んできていました。
一番心配されていたのが柱です。
U様邸のカーポートは大きいということもあり、風の影響を受けやすく、何度も強風にさらされるうちに振動で柱の根元のコンクリートが割れてしまっていました。
また、この柱は白蟻の被害に遭っており、強度的にも問題がありました。
このことから、柱を撤去して新しい木材に入替えて、コンクリートも打ち直すことになりました。
阪南市の木製のカーポートの柱を5本入れ替えます
黄色い点線部分の柱5本を入れ替えます。
柱の根元が割れているのはこちら側だけなので、吹上げの風がよくあたり負荷がかかっていたのでしょう。
阪南市のカーポートの仮の柱を設置します!
既存の柱を撤去するので、工事中、カーポートを支える仮の柱を設置します。
仮の柱ですが、工事中カーポートが倒壊しないように支えなくてはいけないので、上下ともに金具でしっかりと固定しました。
阪南市のカーポートの柱が白蟻に喰われて危険な状態に!
先ほどお伝えしましたが、現地調査の時にこの柱は白蟻の被害に遭っていることが分かりました。
カーポートを支えている大事な柱が白蟻に喰われて空洞になっていました。
柱や壁は家屋を支える重要な部分ですので、スカスカになっていると大変危険です。
阪南市のカーポートの柱を地面に直接建てていました
このカーポートの柱は、土の地面に建てて、その上にコンクリートを打設して固定していました。
湿気を含む地面に木部が接している状態だと、当然、木も濡れてしまいます。また、コンクリートが上に乗っているので乾きが悪いということも加算され、腐食しやすい環境下にありました。

阪南市のカーポートの柱の上の方まで白蟻の被害に!
今回の修理工事で木部が地面に直接あたらないように、地面の上にコンクリートの束石(柱を支えるための石)を設置し、その上に柱を建てることになりました。
束石と柱を金具でしっかりとつないで固定し、束石を基礎に固定する時にコンクリートを打設するのですが、それと同時に柱にホールダウン金物(補強の金物)を取付けて、基礎と柱、束石を連結します。
束石の上に柱を設置することにより、柱が木部に触れるのを防ぐことができます。
阪南市のカーポートの基礎が薄いコンクリートでした
白蟻に喰われた柱を撤去して、基礎のコンクリートを割って解体すると、コンクリートの厚みが薄かったので、柱の根元のコンクリートが割れたのも納得しました。
カーポートやテラス屋根などは、強風の影響をまともに受けますので、柱を建てる基礎のコンクリートは厚く打設しないと強風に耐えられません。
阪南市のカーポートの柱撤去完了!
今回の工事では、基礎部分に補強の鉄筋を入れてコンクリートに厚みを持たせて打設します。
基礎の補強の鉄筋と、柱に取付けた補強金物を連結してからコンクリートで固めるので以前よりも強度のあるカーポートになります。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
メニ―ウェルテラス ポリカ屋根
築年数
築35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約33万円(税込・建具調整費含む)
施工事例

岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装

岸和田市極楽寺町のカビ除去もした外壁と屋根塗装 現況
岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
その他塗装
使用素材
屋根・・当社推奨遮熱塗料(2液シリコン)外壁・当社推奨シリコン塗料
築年数
25年
建坪
30坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約110万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市の屋根の調査にお伺いしました

岸和田市で「台風で屋根に被害があったので見てほしい」とのご相談で、現地調査にお伺いしました。O様邸の屋根は化粧スレート(平型の薄い屋根材)で、下から見上げるとケラバの水切り板金が剥がれているのが分かりました。屋根に上がって確認すると、被害は...........

岸和田市の棟板金が飛散

岸和田市の方形屋根の棟板金などの復旧工事のご紹介です。台風21号の強風で、屋根の棟板金がすべてめくれ上がり、下地の貫板も一部飛ばされてしまいました。棟板金とは、屋根の山状になった頂点部分にかぶせる板金のことで、下地の貫板に向かって釘留めされ...........

忠岡町で袖瓦付近の瓦が飛散

泉北郡忠岡町のK様邸の屋根の補修工事のご紹介です。台風21号で1階と2階の天井に雨漏りが発生しました。雨漏り箇所の上の瓦が強風でめくれ上がり、飛散するなどして雨漏りしているようでした。K様邸の瓦はシルバーの釉薬瓦で、再利用できる瓦は使用し、...........