オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岸和田市の屋根修理で棟板金やスレート、破風板の修理を行いました


岸和田市の台風被害に遭った屋根修理のご紹介です。
F様邸の被害状況は、棟板金と貫板の飛散、スレート(平型の屋根材)の一部剥がれ、破風板の破損などです。また、軒樋も一部飛散している状態でした。
岸和田市の棟板金と貫板が飛散
屋根の棟板金と貫板の飛散状況です。
屋根と屋根がぶつかる山状になった部分を「棟」と言い、スレート屋根の棟に被せる板金のことを「棟板金」と言います。
棟は2つの屋根の取り合い部分になりますので、必ず隙間が開いてしまいます。その隙間から雨水が入らないように板金を取付けているのです。日本瓦の場合は、棟に瓦を積み上げて仕舞いしています。これを「棟瓦」と言います。

スレート屋根の場合、板金を取付けるために「貫板」という下地の長い木材を打ち付けていますが、台風の強風で板金と一緒に飛散していました。

岸和田市の破風板も破損
軒先のスレートも数枚飛散し、そのすぐ下の破風板も破損している状態でした。
破風板とは屋根の三角になった面に取付ける風を防止する板のことです。
岸和田市の軒樋が外れています
スレートがめくれてしまった箇所と同じ面の軒樋も飛散していました。
飛散した板金は家の周囲に落ちていたのですが、樋は回収できなかったとのことで、新しい樋を取付けます。
岸和田市の飛散していた板金を復旧しました

新しい貫板を屋根に打ち付けて、飛散していた棟板金を再利用して復旧しました。

台風21号では、F様邸のようにスレート屋根の板金が飛散する事例が数多くありました。
F様のように付近に板金が落ちていて使えそうな状態であれば再利用できますし、その分修理の費用うが抑えられますので保管しておくといいでしょう。
岸和田市の傷んでいる屋根下地を交換し破損したルーフィングを復旧
めくれてしまったスレート部分です。
スレートの下には必ずルーフィングという防水シートを敷いており、そのルーフィングが雨水の浸入を防いでいます。
F様邸はルーフィングも破れていたので新しいルーフィングを敷きます。また、下地の野地板も腐食して破損していたので、傷んでいる部分をカットして補修してからスレートを復旧します。
岸和田市の破風板を一部交換
飛散したスレートの下にある破風板も一部破損していたので、屋根の下地と同じように傷んでいる部分をカットして補修します。
最後に色合わせの塗装で仕上げます。
岸和田市の屋根の傷んでいる部分をカットして構造用合板を張りました
野地板の傷んでいる部分をカットして、新しい野地板を張って復旧しました。
既存の屋根下地との取り合いにはコーキングを充填して防水しました。
この上にルーフィングを敷いてからスレートを復旧します。
岸和田市の破風板も一部交換して取り合いをコーキングで防水
破風板の傷んでいる部分もカットして張替えました。
屋根面と同じように、既存の破風板との取り合いにはコーキングを充填してきちんと防水しています。
この部分は塗装して仕上げます。
岸和田市の屋根にルーフィングを敷きました

修理した屋根部分に新しいルーフィングを敷きました。
既存の屋根材があり、ルーフィングをすべて敷き直すことができないので、破損した部分のみ敷き直しました。
既存のルーフィングの上に重なり代をとって幅を広めに敷いてしっかりと防水!
岸和田市の屋根に水切りを取付け

新しいスレートを下から順に張って復旧していきます。
スレートは1枚1枚釘で固定されているのですが、今回のように部分的な張り替えの場合はどうしても釘留めできない部分が出てきますので、その場合はコーキングで接着することになります。
コーキングは屋根の流れに沿って充填しないと、万が一内側に雨水が入った時にダムのようにせき止めてしまいます。
岸和田市の屋根のスレートを接着して復旧
コーキングでスレートを接着して復旧しました。

既存の屋根と色が違うので色合わせの塗装を施します。
岸和田市の屋根のスレートを塗装して色合わせ
全く同じ色にはできませんが、ブルーで色付け塗装したので既存の屋根に少し馴染みました。
岸和田市の破風板も塗装完了
修理した破風板も塗装して仕上げました。
塗装することで修理箇所がほとんど目立たなくなりました。
岸和田市の樋も復旧完了
飛散していた軒樋も復旧完了!
これで、雨が降った時に雨が直接流れ落ちることはありません。
今回は、板金をすべて再利用したのでその分修理費用が少し抑えられました。
「屋根の被害があると思うといつも気になっていましたが、これで安心して暮らせます」

F様の不安が取り除かれて良かったです。
街の屋根やさん岸和田店は、飛散した板金やスレートの修復、また破風板の修理なども行っておりますのでお気軽にご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉佐野市のスレート屋根とモルタル外壁を既存と同じ雰囲気で塗り替え

泉佐野市の厚型スレートの屋根です
泉佐野市のタスペーサーを入れた厚型スレート屋根の塗装 お客様の声
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
日本ペイント・サーモアイSi 
築年数
約20年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約150万円(足場代含む)
施工事例

忠岡町の屋根修理で落ちた瓦を修復し漆喰も詰め直しました

忠岡町の台風被害に遭った降り棟
忠岡町の降り棟修理後の様子
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
いぶし瓦・漆喰・ポリカーボネート波板他
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約80万円(税込み)足場代、カーポート・テラス波板張替え及び塗装費用含む
施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市の銅製の谷樋の穴あき修理で銅板をカットして塞ぎました

2f69fdc31e6ed2eb9d599e14248cb7a8-1
岸和田市の谷樋補修及び補強完了
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング材
築年数
約45年
建坪
約43坪
保証
2年
工事費用
約6万円(税込み)
施工事例

岸和田市の瓦屋根の修理で割れた瓦を交換しシーリングで固定!

岸和田市の袖瓦が飛散
岸和田市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
台風
使用素材
釉薬瓦・シーリング・雨樋他
築年数
築約55年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約96万円(税込み・足場代含む)
施工事例

岸和田市のモニエル瓦(セメント瓦)屋根の修理でズレを戻しました

岸和田市の漆喰の剥がれ
岸和田市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
台風
使用素材
仮設足場、漆喰、コーキング等
築年数
約26年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約45万円(税込)足場代含む

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熊取町で足場を設置

熊取町の台風被害に遭った屋根の修理です。H様邸は長屋で、両隣の住宅と壁を共有しています。屋根の取り合いには谷樋を設けて雨仕舞いしている形状でした。台風で瓦がズレたり漆喰が剥がれ、谷樋の下に位置する和室で雨漏りが発生しました。谷樋が経年で劣化...........

熊取町の2階の押入れの天井で雨漏り発生

熊取町の雨漏りの現地調査です。台風で2階にある和室の押入れの天井と、その隣にある和室の天井から雨漏りが発生しました。その後も雨漏りしている状態で、天井にビニールを貼って応急処置されていました。H様邸は長屋で両隣の住宅がくっついた形状です。玄...........

泉佐野市の破風板と鼻隠し

泉佐野市の破風(はふ)と鼻隠し(はなかくし)の板金包み工事です。破風とは、屋根の妻側(雨樋が付いていない面)の端のことで、そこに取り付ける板のことを破風板と言います。対して鼻隠しとは、雨樋が付いている軒先部分のことで、雨樋の下地板としての役...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747