オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

岸和田市の破風板の塗膜が剥がれて鼻隠しに水が廻り破損していました


以前、街の屋根やさん岸和田店で、屋根修理をしていただいた岸和田市のO様より「2階の外壁の一部が剥がれてポロポロと落ちてきてるみたいなんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。
岸和田市の外壁などのご相談
O様邸は2階建てで、屋根はセメント瓦で外壁はALCパネル(軽量気泡コンクリートパネル)を張っています。
「最近、家の前の地面に外壁の欠片のようなものが落ちてるんです」とのご相談です。目に見える範囲では壁に剥がれた形跡がないことから、2階部分の外壁が剥がれているのでは、と心配されていました。
岸和田市の土間に白い破片が落ちています
家の前を確認すると、確かに白い破片が散らばっていました。パッと見た感じでは塗膜のように思いますが、それが何かすぐに分かりました。
岸和田市の屋根のケイ酸カルシウム板です
落下物はケイカル板(ケイ酸カルシウム板)でした。
ケイカル板は不燃の建材で、耐火性と耐水性を持っています。そのため、水回りや半外部(軒天井など)で使用されます。O様邸は軒天井と破風板・鼻隠しにケイカル板を張っています。
岸和田市の現地調査で破風板・鼻隠し
破風板・鼻隠しについて写真でご説明します。赤い点線部分が破風板で、黄色い点線部分が鼻隠しです。
破風板は、屋根のケラバ(雨樋が付いていない面の端)に取り付けられている他のことで、風が屋根内部に吹き込むのを防止するための板です。
対して鼻隠しは、屋根の軒先に取り付けられている板のことで、屋根の垂木(屋根の頂点から軒先に渡した長い材)の鼻先を隠すための板です。また、雨樋を取付けるための下地にもなっています。
岸和田市の破風板の塗膜が剥がれています
ケイカル板は湿気や雨水の影響で染みができ、汚れやすいので塗装されていることがほとんどです。
O様邸の破風板と鼻隠しも塗装されていましたが、破風板の塗膜が剥がれてボロボロになっていました。濃い茶色で塗装されている為、剥がれるととても目立ってしまいます。このように、塗膜が剥がれたり、雨染みなどの汚れが目立ってくると塗り替えのメンテナンスが必要です。
岸和田市のケラバの軒先に水が廻っていました
ケイカル板は耐水性がありますが、経年で傷んだり長い間水が廻ると台風の強風などで破損することがあります。
O様邸の家の前に落ちていたケイカル板は、ケラバの軒先の
鼻隠し部分でした。瓦の内側に雨水が浸入し、軒先に水が集まって破風板を腐食させたことが原因です。
岸和田市の袖瓦部に雨水が入りやすい形状です!
破損した鼻隠しの上はケラバ部分で、袖瓦という役物瓦を葺いています。屋根面の地瓦の山になっている部分に袖瓦を重ねて葺いているのですが、重なり代が頂点を超えた位置にあり、雨水が内部に流れ込みやすい形状になっていました。面積が狭いので、浸入する雨水の量は少ないかもしれませんが、長い年月をかけてじわじわと水に侵されて、破風板が腐食したのでしょう。

状況をご説明すると、「そろそろ塗り替え時期にきているので塗装の見積もりもほしい」とのご希望でしたので、塗り替えのご提案と、鼻隠しの修理のご提案をさせていただき、それぞれ工事を行うことになりました。
岸和田市のセメント瓦の屋根です
O様邸の屋根の現況です。
セメント瓦を葺いた屋根で、表面の塗膜が傷んで色褪せてきていました。セメント瓦は字の通り主成分がセメントと砂ですので吸水性があります。そのため、表面に塗装をかけて防水して使用します。
岸和田市で瓦と雨樋が屋根のアンテナが倒れた為、割れていたお客様の声
水を弾いて防水するための塗膜が剥がれてくると、雨水が染み込んで劣化が進んでしまいます。そうすると、小さな衝撃でも割れてしまいますので、塗膜が劣化する前に定期的な塗り替えが必須です。O様邸は、今回は屋根塗装はせず、使用できるところまでそのまま使用し、傷んできたら葺き替えなどを視野に入れることになりました。
岸和田市の外壁がチョーキングを起こしています
外壁にはALCパネルを張っています。ALCパネルは簡単にお伝えすると、気泡が入った軽いコンクリートです。コンクリートも水を吸い込む性質があるため、表面を塗膜で覆っています。その塗膜が傷んでチョーキングを起こしていました。
チョーキングとは塗膜が粉状になって剥がれてくる現象のことで、塗り替えの目安にもなります。
岸和田市の外壁のシーリングが肉痩せして割れています
ALCパネルには横目地と縦目地があり、雨水が入らないようにシーリングを充填しています。シーリングも紫外線などの影響で硬化して肉痩せし、割れたり剥がれてきます。そうなるとメンテナンスが必要です。シーリングに弾力と厚みがあればそのまま塗装することもありますし、逆に肉痩せしていればシーリングを増し打ちします。O様邸は、費用面を踏まえて、割れている箇所のみ補足シーリングを充填し、その後に外壁塗装を行うことになりました。
次は鼻隠しの修理と屋根のケラバ部分の補修の様子をご紹介します。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の雨漏り修理で銅板晒し葺きの屋根の棟を修理しました

岸和田市の修理前の銅板屋根
岸和田市の修理後の銅板屋根
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング
築年数
築35年
建坪
約50坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・19.8万円 屋根修理費用・・24.8万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市で強風で屋根のケラバ水切りが剥がれたので交換しました

岸和田市のケラバ水切りが貫板と一緒に飛散
岸和田市のケラバ水切りを復旧
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板製ケラバ水切り・下地
築年数
約23年
建坪
約23坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・14.8万円 屋根修理費用・・9.9万円(ともに税込み)
施工事例

泉大津市の強風で剥がれた棟板金とスレートの復旧工事

泉大津市のスレート屋根の修理前
泉大津市のスレート屋根の修理完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
化粧スレート・杉貫板・ガルバリウム鋼板製棟板金
築年数
約23年
建坪
約20坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・約13万円 屋根修理費用・・約23万円(共に税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市の雨漏り修理で銅板晒し葺きの屋根の棟を修理しました

岸和田市の修理前の銅板屋根
岸和田市の修理後の銅板屋根
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング
築年数
築35年
建坪
約50坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・19.8万円 屋根修理費用・・24.8万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市で強風で屋根のケラバ水切りが剥がれたので交換しました

岸和田市のケラバ水切りが貫板と一緒に飛散
岸和田市のケラバ水切りを復旧
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板製ケラバ水切り・下地
築年数
約23年
建坪
約23坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・14.8万円 屋根修理費用・・9.9万円(ともに税込み)
施工事例

岸和田市の雨漏り修理でベランダに補強のメッシュを敷いて防水!

岸和田市のベランダ防水前
岸和田市のベランダ防水後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材・カチオンクリート・トップコート・プライマー・コーキング
築年数
約26年
建坪
約23坪
保証
2年
工事費用
約31万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熊取町の土居のしの取り合いの漆喰の剥がれ

熊取町で壁際の漆喰詰め直し工事を行いました。漆喰は、瓦同士の隙間を埋めて防水し、瓦と瓦をくっつけたり、瓦を固定する役割があります。2階の窓から外を見た時に、下の屋根に剥がれた漆喰が落ちていたので、心配になってご相談をいただいたことがきっかけ...........

泉大津市の瓦を復旧して全体的に固定しないといけません

泉大津市の皆様こんにちは!街の屋根やさん岸和田店の小南です。最近、地震が頻繁に発生しているのでとても心配ですね・・・。台風はある程度予測がつくので事前に備えることができますが、地震は突発的に起こるので本当に恐ろしいです。「台風」や「地震」「...........

熊取町の屋根の漆喰の剥がれ

熊取町にお住いのY様より「漆喰の剥がれ」「漆喰の汚れ」のご相談があり、漆喰の詰め直し工事を行いました。屋根の漆喰(しっくい)は、葺き土の流出や雨水の浸入を防止したり、瓦を固定する重要な役割があります。しかし漆喰は、永久的ではなく、残念ながら...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747