泉佐野市のシルバーの釉薬瓦の割れた瓦を差替えて補強しました


泉佐野市の台風被害に遭った屋根の修理のご紹介です。
T様邸の屋根はシルバーの釉薬瓦です。台風21号でお隣さんの家の屋根瓦が飛んできて、ご自宅の瓦が割れる被害に遭いました。
泉佐野市の屋根にお隣さんの瓦が飛散しています
台風21号でお隣さんの家の屋根瓦が飛んできて、ご自宅の瓦が割れる被害に遭いました。台風21号では、ご自宅の瓦の飛散はないですが、近隣の家の瓦などが飛んできて被害に遭ったとのご相談も多くございました。その場合、大屋根(一番高い屋根)よりも低い下屋(1階の屋根)に被害があることがほとんどなのですが、T様邸は下屋を含め大屋根の瓦も割れている状態でした。今回は大屋根の修理の様子をご紹介します。
泉佐野市の足場を一部建てました
工事で使用する仮設足場を部分的に設置させていただきました。
2階建て以上の屋根の工事では足場が必要になることがほとんどです。作業中、職人たちは屋根の上から下まで何度も往復することになります。その時に足場があると上り下りしやすいですし、はしごをしっかりと固定することもできます。また、勾配が急な屋根の場合は屋根に足場を組んで作業することもあります。
泉佐野市のテレビとBSアンテナを撤去
現地調査の時に、屋根の上に設置しているテレビのアンテナとBSアンテナはもう使用していないので撤去してほしいとのご希望でしたので、電気の職人により迅速にアンテナを撤去させていただきました。
屋根の上に設置されているアンテナは風をまともに受けますので、倒れて瓦が割れる二次被害を引きおそしている住宅もありました。使用していない古いアンテナがあれば、他に被害が及ぶ前に撤去を検討するといいでしょう。
泉佐野市の瓦が割れて周囲もズレています
台風21号でお隣の家の瓦が飛んできて、写真のようにご自宅の瓦が割れている状態でした。
瓦の割れは1か所だけでなく、数カ所に及んでおり、下屋の方はたくさん割れていました。

地瓦(屋根の平場で使用する瓦)は屋根の上に落ちた雨水が流れる道に使用されていますので、そこが割れると雨漏りのリスクが高くなってしまいます。
泉佐野市の割れた瓦をめくりました
割れた瓦をめくると、葺き土が流れて少なくなっていました。
T様邸は、台風後から応急処置されていない状態でしたので、雨が降った時に少しづつ葺き土が流れてしまったのでしょう。
土葺きの屋根は、瓦の下に粘着力のある土をのせて密着させて葺いています。その土が乾燥して痩せてくると瓦が動きやすくなり強風で飛散する可能性がでてきます。
泉佐野市の屋根に土を足して復旧しました
葺き土が少なくなると瓦のズレや飛散の原因になりますので、新しい葺き土を足して瓦を復旧しました。

古い瓦と新しい瓦の色の差がどうしても出てしまいますが、既存の屋根で使用しているシルバーの釉薬瓦で復旧しています。
泉佐野市の割れた瓦はすべて差し替えました
割れた瓦は全て差し替えました。

瓦は1枚から差し替え可能です。また、部分的に差し替える場合、瓦を一列めくらなくてもその部分だけ修理することが可能です。
泉佐野市の鬼瓦の漆喰も詰め直します
今後どのような大きさの台風が襲ってくるかわからないので、台風に備えてできるだけメンテナンスすることになりました。
棟(屋根の頂点の水平部分)の端に施工している鬼瓦の取り合いの漆喰が劣化して剥がれてきていたので詰め直します。
漆喰は瓦同士の隙間を埋めたり、瓦と瓦をくっつける役割がありますので、定期的なメンテナンスが必要な箇所です。
泉佐野市の鬼瓦の漆喰詰め直し完了
鬼瓦の取り合いの漆喰の詰め直し完了です。棟の両端、両方とも行いました。

鬼瓦の取り合いの漆喰が剥がれると、そこから雨水が浸入して雨漏りしたり、棟のバランスが崩れる原因にもなります。
泉佐野市の棟巴の漆喰も詰め直しました!
鬼瓦の先(棟の一番端)には棟巴という役物瓦が施工されています。
棟巴の下には袖瓦(屋根の三角になった方の一番端の瓦)があり、取り合いに隙間ができるので、そこにも漆喰を詰めました。
泉佐野市の動きやすい瓦はコーキングで固定しました
先ほどもお伝えしましたが、今後上陸する可能性がある台風に備えて、できる範囲で屋根をメンテナス・補強することになりました。瓦がズレたり飛散するのを防ぐために、瓦をラバーロックしました。
瓦のラバーロックとは、コーキングという防水材で瓦と瓦をつなげて補強する工法です。屋根の上を歩いて、葺き土が痩せて動きそうな部分を重点的に補強しました。

次は下屋の修理の様子をご紹介します。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
メニ―ウェルテラス ポリカ屋根
築年数
築35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約33万円(税込・建具調整費含む)
施工事例

岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装

岸和田市極楽寺町のカビ除去もした外壁と屋根塗装 現況
岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
その他塗装
使用素材
屋根・・当社推奨遮熱塗料(2液シリコン)外壁・当社推奨シリコン塗料
築年数
25年
建坪
30坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約110万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉佐野市俵屋の屋根塗装で耐久性のある屋根になりました!

泉佐野市俵屋で遮熱塗料での屋根塗装着工
泉佐野市俵屋で屋根の上塗り塗装に入りました!
工事内容
屋根塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料
築年数
築16年
建坪
35坪
保証
工事費用
約42万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

忠岡町の棟板金の飛散などのご紹介

忠岡町A様邸の風雨災害の現地調査です。「台風21号で屋根のトタンが剥がれた」とご相談をいただきました。A様邸はカラーベストの屋根です。カラーベストは平型に形成された薄い屋根材のことで「化粧スレート」「コロニアル」とも呼ばれています。

泉佐野市の下屋はひどい状態です

泉佐野市の下屋の修理工事のご紹介です。T様邸は台風21号で、お隣の家の瓦が飛んできて被害に遭いました。大屋根(一番高い屋根)にも被害はありましたが、高さが低い下屋(1階の屋根)は飛んできた瓦がぶつかってたくさん割れている状態でした。

泉佐野市の台風被害の調査に伺いました

泉佐野市にお住いのT様より「台風で雨樋が割れたり、屋根にも被害があるんです。火災保険も申請したいのでお願いします」とご相談をいただき現地調査にお伺いしました。