オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

泉南市で屋根と外壁塗装及び破損した庇などの現地調査


泉南市の屋根・外壁塗装、台風被害箇所の現地調査です。T様邸は台風で2階のテラス屋根の波板がほとんど飛散し、庇の天板も外れて浮いている状態でした。屋根と外壁の塗装もご検討されていたので、同時に調査をさせていただきました。屋根はカラーベスト(化粧スレートとも言います)という薄型の屋根材を葺いていて、表面の塗膜が色褪せて苔が生えていました。外壁はモルタルの塗り壁で、クラック(ひび割れ)がいくつか発生し、塗膜も剥がれて汚れが目立ってきていました。屋根・外壁を塗装し、台風被害箇所の修理、波板の張り替えなどを行うことになりました。
泉南市の屋根と外壁塗装のご相談
T様邸の外観です。
この角度からだと屋根面はあまり見えませんが、外壁の塗膜が傷んで全体的に色褪せてきており、古い印象を与えていました。
屋根や外壁の塗り替えは、外観を美しく保ち、外気の影響から建物を守るために必要です。
泉南市の屋根の塗膜が色褪せています
屋根を確認すると、台風での被害(カラーベストや板金の飛散など)はありませんでしたが、塗り替え時期にきていました。
カラーベストは表面を塗膜で覆って防水性を加えています。その塗膜が外気の影響で劣化し、剥がれてくると、カラーベストが雨水を含むようになり、含水と乾燥を繰り返すうちにカラーベストに反りが生じ、割れてくることがあります。また、カラーベストが反ると隙間ができ、台風の強風が吹き込むと飛散する危険性があります。
泉南市の屋根に苔が生えています
下屋には苔がびっしりと生えていました。
苔は水分と少しの日光で育ちます。カラーベストが劣化して水を含むようになると、汚れが付着しやすくなり、日当たりが悪い部分に苔が生えてしまいます。苔の発生はカラーベストの劣化を見極める時にも確認される事柄です。
カラーベストのひび割れや苔の発生などを抑えるためには定期的に塗り替えないといけません。塗装することで雨水を弾くようになり、劣化を遅らせることができるのです。
泉南市の板金を固定している釘が緩んでいます
屋根の各板金を固定しているスクリュー釘が緩んで抜けてきていました。

カラーベストの屋根には棟やケラバ、壁際など雨仕舞い(雨水が内部に浸入しないようにすること)が必要な箇所に板金を取付けて処置されています。その板金は釘留めされているのですが、風を受けたり地震などの揺れの影響で緩んで抜けてくることがあります。板金を固定している釘が緩むと台風の時以外でも強風で板金が浮いたり飛ばされる危険性がありますので、塗装前に緩んだ釘を打ち直し、抜けにくいビスで補強させていただくことになりました。

棟・・屋根面同士が合流する三角の頂点部
ケラバ・・屋根の雨樋が付いていない面の端
泉南市の庇を万力で固定しています
台風の強風で庇の天板が浮き上がり、ズレてしまったとのことで、万力という仮に固定する工具を使用して上下に挟んで処置されていました。
泉南市の庇の天板が動いています
万力を外して確認すると、庇の天板が動いている状態です。
幸い、天板が飛散せず残っていたので、再固定してから塗装することになりました。
泉南市の外壁にクラックが発生
外壁はモルタルの塗り壁です。
屋根と同様に経年で塗膜が劣化して、雨水を吸い込んでいる状態です。雨水があたりにくい軒下の外壁は特に汚れていました。そして、写真のようにクラックがいくつか発生していました。
外壁のクラックから雨水が浸入すると雨漏りしたり、壁の内側の見えない部分で木部が腐食し、強度を低下させていることがありますので、必ず処置しないといけません。(クラックの種類にもよります)
泉南市の外壁のひび割れをエポキシ樹脂モルタルで補修します
モルタルの外壁は乾燥・収縮、建物が揺れることによってひび割れが生じます。
クラックの幅が0.3mm以上、深さが5mm以上のひび割れは、エポキシ樹脂モルタルを充填して補修します。
エポキシ樹脂モルタルは樹脂製の補修材で、強度がありますので、補修した箇所がまた割れる心配はありません。
外壁を塗装する前に、クラックを補修して建物の防水性・耐久性を向上させることが大切です。
泉南市の外壁に横方向のひび割れもあります
横方向のひび割れも発生していました。
外壁に対して横方向に走るクラックは、外壁を伝ってきた雨水を受けてしまうため、縦方向のクラックよりも雨水が入りやすい形状です。

泉南市の外壁の誘発目地が割れています
外壁の誘発目地も割れていました。
誘発目地はモルタル外壁に発生するひび割れを想定し、あらかじめ設けた目地のことです。目地を設けることで、ひび割れを集中させる役割があります。目地が割れるのは想定内ですが、このままでは雨水が入ってしまいますので、補修が必要です。目地の補修は、弾力があるシーリングでの補修になります。(地震時などに力が集まるので硬い補修材を使用すると割れてしまうため)
泉南市のテラスの波板がほとんど飛散
ベランダに設置しているテラス屋根の波板は、台風の強風で1枚だけ残してすべて飛散していました。
波板は、外壁塗装が終わって、足場を解体してから張り替えます。
今回使用する波板はポリカーボネートという丈夫で割れにくい波板です。

次は、外壁のクラック補修の様子をご紹介します。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市で屋根を遮熱塗料で塗装し外壁を多彩模様塗料で塗装しました

岸和田市の塗装前の屋根
岸和田市の屋根塗装
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根・・日本ペイント/サーモアイSi 外壁・・ダイフレックス/アーバントーン
築年数
約50年
建坪
約45坪
保証
外壁・・5年 屋根・・10年(メーカー保証)
工事費用
屋根・・37万円(税込み)外壁・・約170万円 足場代・・約29万円(税込み)
施工事例

岸和田市の外装リフォームで屋根を遮熱塗料で塗り替え外壁も塗装!

岸和田市の屋根塗装前
岸和田市の屋根塗装後
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
屋根・・日本ペイントサーモアイSi 外壁・・ダイフレックス スーパーセランフレックス
築年数
約40年
建坪
約30坪
保証
5年
工事費用
屋根・・約65.5万円(税込み)外壁・・約114万円(税込み・付帯部塗装含む)足場・・22万円(税込み)
施工事例

忠岡町のひび割れた外壁のシーリングを打ち替え屋根と外壁を塗装

忠岡町の屋根を塗装します
忠岡町の屋根塗装完了
工事内容
防水工事
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根・・日本ペイントサーモアイSi 外壁・・ラジカル制御形高耐候塗料
築年数
約20年
建坪
約17坪
保証
工事費用
約170万円(税込み・足場代・シーリング打ち替え費含む)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉南市の台風被害の屋根修理で足場を建てて棟を修復しました

泉南市の台風で崩れた降り棟
泉南市の降り棟修復状況
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
漆喰取り直し
台風
使用素材
オレンジ釉薬瓦・葺き土・銅線・漆喰他
築年数
約43年
建坪
約25坪
保証
2年
工事費用
約41万円(税込み・足場代含む)
施工事例

泉南市男里の劣化した軒天井板の貼替・修理工事

泉南市男里の劣化が激しい軒天井修理工事
泉南市男里の劣化が激しい軒天井修理工事
工事内容
その他の工事
使用素材
軒裏天井用化粧合板
築年数
築35年
建坪
約32坪
保証
工事費用
約20万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市の色褪せた外観

岸和田市の外壁塗装に伴うシーリング打ち替え工事です。K様邸は3階建てで、この工事でスレート屋根と外壁の塗り替えを行います。外壁はサイディング張りで、全体的に色褪せている状態でした。サイディング自体の防水性も低下していますが、サイディングの継...........

泉大津市の外壁の塗膜が剥がれています

泉大津市の外壁塗装です。K様邸は台風で外壁の塗膜が一部剥がれ、軒天井も落ちかかってしまい、街の屋根やさん岸和田店にご相談をいただきました。外壁にはパネルを張っていてその上に塗装をかけて仕上げている形状です。外壁の目地部分の塗膜が浮いてきてい...........

泉大津市の外壁の塗膜が剥がれています

泉大津市K様邸で外壁の補修及び塗装を行うことになりました。K様邸は木造3階建てで、台風の強風で外壁の塗膜が一部剥がれました。被害箇所を確認すると、剥離している塗膜は目地部分に集中していてその周辺の塗膜も密着性が低下して剥離してきている状態で...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747