オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

泉佐野市のスレート屋根の塗り替えでタスペーサーを挿入しました


泉佐野市の屋根塗装です。Y様邸の屋根は化粧スレート葺きで、2階のベランダから下屋を見ると表面の塗膜が剥がれてきてボロボロになっているので気になる、とのご相談でした。数年前に屋根と外壁を塗り替えられたそうですが、屋根の塗膜の劣化が外壁よりも進んでいるので、屋根だけを塗装したい、とのことです。この工事で棟板金の交換や破風板・鼻隠しの板金包み工事を行うので全周に足場を建てることから、屋根も耐久性のある塗料で塗り替えることになりました。使用した塗料は日本ペイントのサーモアイSiです。
泉佐野市の屋根を塗装します
Y様邸は鉄骨造の3階建てで、この工事で使用する足場を全周に設置しました。写真は大屋根(一番高い屋根)の様子です。
化粧スレートとは厚みが5mmほどの薄い板状の屋根材のことで、表面を塗装して防水性を持たせています。塗膜が劣化して色褪せや剥がれの症状が出てくると、スレートが雨水などの水分を吸収するようになり、スレート自体が劣化する原因になります。スレートが雨水を含み、乾燥する過程を何度も繰り返すと、スレートが反ってきてひび割れたり、脆くなってきますので、そうなる前に塗装し、塗膜で覆ってあげると雨水を弾いてくれるので劣化症状を抑えることができます。
スレートの塗り替えは10年~15年に1度と言われています。
泉佐野市の屋根の塗膜が剥がれています
Y様邸の屋根は表面の塗膜が劣化して密着性が低下し、ポロポロと剥がれてきている状態でした。
以前塗り替えをされた時の塗膜が剥がれてきていますので、下地のスレートの色が出てきてムラが目立ちます。
こうなると、スレートが雨水を弾く力が低下していますので、ほうっておくと更に劣化が進行してしまいます。
泉佐野市の屋根の隙間が塗料で埋まっています
以前、屋根の塗り替えをされた時に、スレートの隙間のほとんどが塗料で埋まってる状態でした。
スレートは、互い違いになるように葺かれていて、雨水が隙間から抜ける形状になっています。塗り替え時にその隙間が塗料で埋まってしまうと、雨水や湿気がが溜まって雨漏りの原因になることがあります。また、毛細管現象(細い隙間に水分が吸い上げられる現象)を引き起こして雨漏りした事例もございます。
泉佐野市の屋根の塗膜をカッターで縁切り
このまま屋根を塗り替えると、隙間がさらに塗料で埋まり、雨漏りする危険性がありますので、塗料で埋まった部分を一定間隔でカッターで切って隙間を確保しました。この作業のことを「縁切り」と言います。
昔は塗装した後にこのようにカッターで縁切りしていましたが、切り口がガタガタになって見た目に悪影響を与えることから、最近では塗装前に縁切りすることができる「タスペーサー」という便利な部材が出てきました。
タスペーサーについては、以下で詳しくご紹介します。
泉佐野市の屋根の高圧洗浄
屋根塗装の様子です。
まずは高圧洗浄の工程です。文字通り、強い水圧により塗装面を洗浄する工程になります。
Y様邸の屋根の塗膜は密着性が低下している状態で、高圧洗浄すると、塗膜がどんどん剥がれていきました。
泉佐野市の屋根の塗膜がほとんど剥がれました
日当たりのいい面の屋根の塗膜の方が劣化が進んでおり、ほとんどが剥がれてしまいました。
このような密着性が低下している塗膜の上に新しい塗料を塗っても、下地の塗膜と一緒にまた剥がれる可能性があるため、高圧洗浄でできるだけきれいに洗浄しないといけません。
泉佐野市の下屋も洗浄
下屋もきれいに洗浄しました。
この屋根は2階のテラス屋根から見える屋根です。塗膜の剥がれが著しかったので、洗浄でほとんどが剥がれました。
泉佐野市の庇も洗います
Y様邸は庇にもスレートを葺いていました。
スレートはすべて塗装しますので、屋根と同様にきちんと高圧洗浄しました。
阪南市で使用するタスペーサー
先ほどの「タスペーサー」のお話に戻ります。
写真は「タスペーサー」という屋根の縁切り部材です。
この小さな部材を塗装する前にスレートの間に一定間隔で挿入しておくと、上から塗料を塗っても隙間が塞がることはありません。
泉佐野市の屋根にタスペーサーを挿入
すなわち、タスペーサーはあらかじめ縁切りできる便利な部材のことです。
写真のようにスレートの隙間に差し込んでおくと、上に塗料を塗っても隙間を確保した状態を保てる部材です。
塗装後に塗膜をカッターで切る作業はとても時間がかかりますが、タスペーサーを使用すると作業時間も短縮できますし、美しく仕上がります。
泉佐野市の屋根の縁切り完了
タスペーサー挿入後の様子です。
この小さな部材が雨漏りを防ぐ重要な役割を担っています。
使用するタスペーサーの量は屋根の面積によって異なります。
泉佐野市の下屋にも挿入完了
下屋にも同じようにタスペーサーを挿入し、きちんと縁切りしたので安心です。

雨漏りのご相談で、Y様邸のように塗り替えによりスレートの隙間が塞がっており、カッターで切ると中から水が出てくることがあります。雨漏りしていなくても雨水は建物にとっていい影響を与えませんので、スレート屋根の塗り替え時には縁切りが重要な工程になります。

タスペーサーが入っているかどうかは屋根に上がってみないとなかなか判断が難しい部分です。街の屋根やさん岸和田店は、タスペーサー挿入時の様子をカメラで撮影し、工事後にお預けしていますのでご安心ください。

次は屋根塗装の様子をご紹介します。



同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市のスレート屋根を日進産業のガイナで塗装し雨樋も調整!

岸和田市の塗装前の屋根
岸和田市の塗装後の屋根
工事内容
雨樋交換
屋根塗装
その他の工事
使用素材
ガルバリウム鋼板・日進産業・ガイナ他
築年数
約27年
建坪
約20坪
保証
5年(塗装において)
工事費用
足場・・約21万円 屋根塗装・・約72万円 雨樋調整工・・約8万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市で屋根を遮熱塗料で塗装し外壁を多彩模様塗料で塗装しました

岸和田市の塗装前の屋根
岸和田市の屋根塗装
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
使用素材
屋根・・日本ペイント/サーモアイSi 外壁・・ダイフレックス/アーバントーン
築年数
約50年
建坪
約45坪
保証
外壁・・5年 屋根・・5年
工事費用
屋根・・37万円(税込み)外壁・・約170万円 足場代・・約29万円(税込み)
施工事例

岸和田市の外装リフォームで屋根を遮熱塗料で塗り替え外壁も塗装!

岸和田市の屋根塗装前
岸和田市の屋根塗装後
工事内容
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
屋根・・日本ペイントサーモアイSi 外壁・・ダイフレックス スーパーセランフレックス
築年数
約40年
建坪
約30坪
保証
5年
工事費用
屋根・・約65.5万円(税込み)外壁・・約114万円(税込み・付帯部塗装含む)足場・・22万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉佐野市の雨樋の掃除で屋根の漆喰が剥がれて樋に詰まっていました

泉佐野市の樋に漆喰が詰まっています
泉佐野市の樋を掃除して雨水が流れるようになりました
工事内容
その他の工事
使用素材
シーリング
築年数
築約35年
建坪
約18坪
保証
なし
工事費用
3.3
施工事例

泉佐野市の割れた銅製の雨樋を交換し雨水が溢れていた樋を調整!

泉佐野市の呼び樋が割れています
泉佐野市の樋の交換完了
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
銅製の雨樋・金具他
築年数
築約27年
建坪
約32坪
保証
2年
工事費用
約15.5万円(税込み)
施工事例

泉佐野市のスレート屋根とモルタル外壁を既存と同じ雰囲気で塗り替え

泉佐野市の厚型スレートの屋根です
泉佐野市のタスペーサーを入れた厚型スレート屋根の塗装 お客様の声
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
日本ペイント・サーモアイSi 
築年数
約20年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約150万円(足場代含む)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉佐野市の板金屋根を塗装

泉佐野市で行ったトタン屋根の塗装の様子をご紹介します。S様邸には土葺きの瓦屋根とトタン屋根があり、台風で瓦ズレるなどの被害を受けて屋根を修理することになりました。トタン屋根の方は台風での直接的な被害はありませんでしたが、塗り替え時期を過ぎて...........

和泉市の屋根と外壁塗装などのご相談

和泉市のお住いのF様より「雨漏りはしていないのですが、屋根の老朽化が気になっているのでメンテナンスについて相談がしたいんです」とメールでお問い合わせをいただき、現地調査にお伺いしました。

岸和田市の屋根の塗膜が剥がれて真っ白です

岸和田市の屋根塗装です。N様邸は平屋の住宅が二棟あり、ひとつは増築されています。今回、本宅側の瓦やの葺き替えでご相談をいただき屋根の葺き替えを行いました。その時のご相談で、メンテナンス時期にきていた増築部のスレート屋根と外壁の塗装もしてほし...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747