オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岸和田市の瓦屋根の補強で棟を銅線で固定し屋根全体をラバーロック


岸和田市の屋根修理工事で今回は、屋根の補強の様子をご紹介します。

O様邸は土葺きの日本瓦の屋根で、台風21号で袖瓦が飛散し、隅棟が一部崩れていました。被害箇所を修復した後、今後の台風や震災に備えて屋根全体を補強することになりました。
岸和田市の隅棟に葺き土をはさんでのし瓦を積みます
屋根の被害箇所の修復の様子です。
隅棟(軒先方向に流れる棟)が崩れていたので、瓦を一部積み直しました。
岸和田市の袖瓦をビスで固定
屋根の三角になった面の端で使用する袖瓦が強風で飛散したので新しい瓦で復旧し、今後同じ被害に遭わないよう瓦をビスで留めて、さらにシーリングで固定しました。

(※補修工事の詳しい様子は下のリンクよりご覧になってください)
岸和田市の棟をシーリングで固定
台風21号で、隅棟に被害がありましたが水平棟という屋根の頂点の横方向の棟には問題ありませんでした。
水平棟はズレなどは見受けられませんでしたが、今後、もっと強い台風が襲ってくるかもしれませんし、南海トラフ地震など地震の発生も心配要素の一つです。それらの自然災害にできるだけ備えられるように、棟も補強することになりました。
棟の瓦が飛散しないように取り合いにシーリングを充填して固定しました。
岸和田市の水平棟を銅線で固定
O様邸の棟はもともと銅線で固定されていましたが、冠瓦の中心のみで固定する方法でした。
より耐久性を持たせるために新たに銅線を使用して、棟を包むように巻き付けて固定しました。
銅線を斜めに渡していますので、固定している力が分散されて飛散しにくくなります。
岸和田市の屋根をラバーロックしました
続いて「ラバーロック」という工法で屋根全体の補強を行いました。

ラバーロックとはシーリングを用いて瓦同士を繋げて固定することで瓦の飛散を防ぐ、というものです。
瓦が繋がっている状態ですので、1枚1枚バラバラの時よりも重量があることになり、強風や突風を受けた時に瓦が飛散しにくくなります。
シーリングを瓦の下端に充填してしまうと、万が一瓦の内側に雨水が入った時に水が抜けなくなり雨漏りしてしまいますので、必ず山になっている部分と側面に充填しないといけません。
岸和田市の屋根の漆喰が剥がれてきています
屋根には各取り合いに漆喰が用いられています。

漆喰は瓦同士の隙間を埋めて雨水の浸入を抑えたり、瓦を密着・固定したり、下地の土が流れ出るのを防ぐ重要な役割を担っています。
屋根の上は風雨や温度差、紫外線などに晒されて過酷な環境下に置かれています。それらの影響で、漆喰は月日とともに劣化してポロポロと剥がれてきます。そうすると、雨漏りが発生したり、瓦が動く原因になりますので劣化が進むと詰め替える必要があります。
岸和田市の屋根の漆喰を剥がしました
O様邸は黒い漆喰を使用されていて、鬼瓦の取り合いや棟の取り合いなどの漆喰が台風の影響も重なって剥がれてきていたので詰め直すことになりました。

漆喰を上から足す、詰め増しも可能ですが、下地の漆喰の劣化が進んでおり、せっかく詰めた漆喰が下地と一緒に剥がれる可能性がありますので、古い漆喰を撤去して詰め直す方法をとりました。
岸和田市の棟に黒漆喰を詰めました
既存の漆喰と同じ、黒漆喰を使用しました。

一般的に使用されているのは白ですが、部分的に色を変えるとちぐはぐとした印象を与えてしまいますので、色をそろえました。
岸和田市の漆喰とシーリングで固定
雨水が浸入しにくいよう、漆喰を厚く詰めました。

漆喰を詰めた後、瓦の取り合いにシーリングを充填して2重に補強・防水しました。
屋根には漆喰が至る箇所で使用されています。ですが、棟の漆喰工事は特に施工方法を間違えると雨漏りを引き起こす危険性があります。しっかりとした知識と技術が必要となりますので、信頼できる業者に依頼しましょう。

次は劣化したテラス屋根の補強と波板の張り替えをご紹介します。




お住いは建てたら終わりと思っていませんか?

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市のセメント瓦がズレて雨漏りが発生!瓦をシーリングで復旧

岸和田市のセメント瓦がズレています
岸和田市のズレたセメント瓦を固定
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
台風
使用素材
シーリング・漆喰
築年数
築約25年
建坪
約40坪
保証
2年
工事費用
約45万円(税込み・足場費用・カーポートパネル仮撤去及び復旧含む)
施工事例

貝塚市の3階建ての住宅の屋根にガルバリウム鋼板の棟板金を取付

貝塚市の棟板金が飛散
貝塚市の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
貫板・ガルバリウム鋼板・シーリング・ポリカ波板
築年数
築約30年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
棟板金・貫板交換工事・約58万円(税込み)足場費用含む テラス波板張替え及び樋交換工事・約12万円(税込み)
施工事例

岸和田市の台風でめくれた丸瓦の積み直しと漆喰壁などの塗り替え

岸和田市の丸瓦が飛散しています
岸和田市の丸瓦修理完了
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め増し
火災保険
台風
使用素材
漆喰・聚楽・シーリング等
築年数
築約65年
建坪
約42坪
保証
2年
工事費用
約79万円(税込み)足場代、漆喰及び聚楽壁塗替え費含む

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市のセメント瓦がズレて雨漏りが発生!瓦をシーリングで復旧

岸和田市のセメント瓦がズレています
岸和田市のズレたセメント瓦を固定
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
台風
使用素材
シーリング・漆喰
築年数
築約25年
建坪
約40坪
保証
2年
工事費用
約45万円(税込み・足場費用・カーポートパネル仮撤去及び復旧含む)
施工事例

岸和田市の台風でめくれた丸瓦の積み直しと漆喰壁などの塗り替え

岸和田市の丸瓦が飛散しています
岸和田市の丸瓦修理完了
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め増し
火災保険
台風
使用素材
漆喰・聚楽・シーリング等
築年数
築約65年
建坪
約42坪
保証
2年
工事費用
約79万円(税込み)足場代、漆喰及び聚楽壁塗替え費含む
施工事例

岸和田市で穴があいていた銅製の谷板金をガルバリウム鋼板に入替

岸和田市の玄関屋根現況
岸和田市で凍害の症状で玄関屋根の棟瓦と隅棟を積み直し雨漏りも解消したお客様の声
工事内容
屋根補修工事
棟瓦取り直し
雨漏り修理
使用素材
ガルバリウム鋼板・いぶし瓦・なんばん
築年数
築約45年
建坪
約20坪
保証
2年
工事費用
約35万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

忠岡町の破風板と鼻隠し

忠岡町の台風被害に遭った屋根の修理です。N様邸は木造・3階建ての住宅で、台風の強風で破風板とスレートが剥がれてしまいました。破風板とは屋根の雨樋が付いていない面に取り付ける板のことです。N様邸は破風にケイ酸カルシウム板(ケイカル板)を張って...........

忠岡町の台風被害と塗装のご相談

忠岡町のN様より「台風で屋根と外壁が剥がれてしまったんです。火災保険の申請用紙は届いてるんですが、まだ出せていない状態です」とのご相談をいただき、現地調査にお伺いしました。N様邸は木造3階建てです。屋根はスレート葺きで、外壁はサイデイングを...........

貝塚市の波板を張り替えます

貝塚市の木製テラス屋根の入替です。N様邸は台風で屋根や外壁の板金がめくれたり屋根材が飛散するなどの被害を受けました。その時に古くなったテラスの雨樋も破損し、波板も一部めくれてしまったので、この工事で波板を張り替えることになりました。また、テ...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747