オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

泉佐野市の軒天井の塗膜が膨れてドレン周りをシーリングで防水


泉佐野市のドレン周りの防水です。台風被害に遭った屋根の修理中に、会社の担当の方より「陸屋根の軒天井の塗膜が膨れていているんですが、大丈夫でしょうか」とのご相談があり確認すると、陸屋根に落ちてきた雨水を排出するためのドレン(排水溝)周りが傷んでいることが分かりました。
泉佐野市の陸屋根の軒天井の塗膜が膨れています
ご相談があった軒天井(外壁よりも突き出した屋根の裏面)です。
こちらの建物は鉄骨造で、軒天井の塗膜がぷくっと膨れて一部割れていました。塗膜が膨れている部分の際には排水のドレン排管が出ています。
ドレンとは排水溝のことで、陸屋根やベランダなどに落ちてきた雨水を集めて排出する役割があります。
陸屋根に排水の穴をあけてドレンを取付け、その先に排管を接続しています。ドレンは雨水が集中する箇所ですので、傷んでくると周囲に水が漏れて雨漏りしてしまいます。この塗膜の膨れは、ドレンから水が漏れて表に出る時に塗膜でせき止められて塗膜が押された結果です。
泉佐野市のアスファルト防水です
この陸屋根はアスファルト防水仕様です。
アスファルト防水は主にビルやマンションなどの大型の建物や施設の屋根に施工される防水です。
合成繊維不織布にアスファルトを染み込ませて加工したシート状のルーフィングを重ね貼りして施工します。
泉佐野市のドレン周りに砂が溜まって草が生えています
軒天井の塗膜が膨れている箇所の際から出ている排管の上にはドレンがあります。このドレンは陸屋根から軒天井にかけて中を通っています。見た目には問題が無くても、見えない排管の途中で割れていると雨水が漏れてしまいます。また、表面のドレン周りが傷んでいても雨漏りします。
ドレン周りは雨水が流れ込むように床面よりも低くなっています。そのくぼみに砂が溜まって草が生えていました。
泉佐野市のドレン周りがひび割れています
ドレン周りと床面の取り合いから雨水が浸入しないように防水材を充填しているのですが、傷んで切れて隙間があいていました。先ほどもお伝えしたように、ドレンには雨水が集まります。ですので僅かな隙間でも雨水が入り込んでしまいます。
泉佐野市の陸屋根の防水の目地も割れています
ドレン周囲のアスファルト防水の継ぎ目に施した防水材も切れていました。
ドレンの方向に水が流れるように勾配を付けていますので、ドレンの周りはきちんと雨仕舞しないといけません。
泉佐野市の陸屋根のパラペットの笠木がひび割れています
陸屋根の周囲に設置されている立ち上がりの壁(パラペット)の天端もひび割れていました。
表面だけの細いひび割れですので問題はないですが、幅が広がったり奥深く割れてくると雨漏りの原因になることがあります。

既存のドレンの内側に新しいドレンを取付ける改修用のドレンもありますが、その工事を行うとなると防水専門の職人が作業しないといけないですし、費用もかさんでしまいます。部屋内に雨漏りしているわけではないので、今回はシーリングを用いて応急処置を施し、今後様子を見ていただくことになりました。
泉佐野市のドレン周りの砂を取り除きます
まずはドレン周囲の清掃です。
溝に溜まった砂を取り除いてきれいに掃除します。
砂が溜まった状態だと、この後に充填するシーリングがうまく密着しません。
泉佐野市のドレン周りにシーリングを充填して防水
ドレン周りにシーリングを充填しました。
シーリングは乾くと弾力のあるゴム状になり、雨水をシャットアウトしてくれます。
今回は防水の目地に合わせて黒いシーリングを採用しました。
泉佐野市のドレンの周囲の目地も防水しました
ドレンの周囲のアスファルト防水の目地も傷んできていたので、シーリングを充填してしっかりと防水しました。
通常、シーリング材をより強固に密着させるためにプライマーという接着剤のような塗料を塗ってからシーリングを充填するのですが、下地がアスファルト防水ですので、プライマーを充填するとシートが溶けるなど悪影響を与えてしまうのでシーリングのみ充填しました。

今回の修理はあくまでも応急処置ですので、今後様子を見ていただき、症状が改善されなければご連絡をいただくことになりました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉佐野市のスレート屋根とモルタル外壁を既存と同じ雰囲気で塗り替え

泉佐野市の厚型スレートの屋根です
泉佐野市のタスペーサーを入れた厚型スレート屋根の塗装 お客様の声
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
日本ペイント・サーモアイSi 
築年数
約20年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約150万円(足場代含む)
施工事例

忠岡町の屋根修理で落ちた瓦を修復し漆喰も詰め直しました

忠岡町の台風被害に遭った降り棟
忠岡町の降り棟修理後の様子
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
いぶし瓦・漆喰・ポリカーボネート波板他
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約80万円(税込み)足場代、カーポート・テラス波板張替え及び塗装費用含む
施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉佐野市のスレート屋根とモルタル外壁を既存と同じ雰囲気で塗り替え

泉佐野市の厚型スレートの屋根です
泉佐野市のタスペーサーを入れた厚型スレート屋根の塗装 お客様の声
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
日本ペイント・サーモアイSi 
築年数
約20年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約150万円(足場代含む)
施工事例

泉佐野市俵屋の屋根塗装で耐久性のある屋根になりました!

泉佐野市俵屋で遮熱塗料での屋根塗装着工
泉佐野市俵屋で屋根の上塗り塗装に入りました!
工事内容
屋根塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料
築年数
築16年
建坪
35坪
保証
工事費用
約42万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市の崩れた棟を修復します

和泉市の屋根修理です。台風で棟の瓦が飛散し、下にある地瓦が割れていまいました。玄関の天井で雨漏りが発生している状態です。この記事では崩れた棟の修復の様子をご紹介します。Y様邸は土葺きの瓦屋根です。棟を一度解体し、積み直す工事は費用がかさんで...........

和泉市の屋根の現地調査

和泉市の台風被害に遭った屋根の現地調査です。玄関の天井に雨漏りが発生していました。Y様邸は平屋建てで土葺きの瓦屋根です。棟の瓦(屋根の頂点の水平部)が強風で飛散し、屋根面に落下したことで地瓦(屋根面の瓦)が割れて雨漏りしていました。台風後に...........

熊取町の軒先から順に瓦を葺きます

熊取町の雨漏り修理です。台風の影響で屋根の瓦がズレたり、漆喰が剥がれるなどの被害に遭いました。H様邸は長屋で、お隣の建物と繋がっている形状で、屋根の取り合い部には谷樋を設けています。その谷樋が劣化し、錆びついて穴があいている状態でした。また...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747