オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岸和田市の雨漏りの調査でベランダの防水が傷み亀裂が入っていました


岸和田市のU様より「1階のキッチンの窓枠から雨漏りしていて、多分上にあるベランダが原因だと思うんですけど、調査や見積もりは無料ですか?」とご相談があり、雨漏り調査にお伺いしました。基本的に雨漏りの調査及びお見積りをお預けするまでは無料でさせていただいております。
U様邸は以前から雨漏りしていたそうで、窓枠が腐食して垂れ下がってきており、雨漏り修理後には窓周辺もきれいにしたいとのご希望でした。雨漏り箇所の上には広いベランダがあり、保護塗料の劣化や床の亀裂など防水性能が低下している状態で、雨漏りの原因の可能性が一番高いと判断しベランダを防水するご提案をさせていただきました。
岸和田市のキッチンの窓枠から雨漏り発生
雨漏りしているキッチンの掃き出し窓です。
2階にキッチンなどの水回りがあるため1階のキッチンは使用されていなかったそうですが、今後、1階で生活される予定なので、気になっている箇所も修理しようかとご検討されていました。
岸和田市のキッチンの窓枠が腐食して垂れ下がってきています
以前から雨漏りしていたそうですが、このキッチンは使用しておらず、2階で生活しているので、修理を後回しにしているうちに窓枠が腐ってきてしまったそうです。
窓枠が腐食して垂れ下がってきていて、窓の上のクロスもめくれてきていました。これは、窓の上の壁にも雨水が廻って、クロスの接着力が弱くなったことが原因です。窓の取り合いが原因の場合は、上部の壁に水が廻りません。そのことからこの雨漏りの原因は窓よりも上にあることが分かります。
岸和田市の窓の際の床板まで濡れて変色しています
部屋内に入ってきた雨水は床まで達して、フローリングが変色していました。
床は変色していましたが、腐食はしておらず、強く踏み込んでも動かずしっかりとしていたので、張り替えは見送ることになりました。(その後の床下の調査で、床下の見えない部分にも問題ありませんでした)
雨漏りを放置し続けると木部はどんどん腐食し、建物の耐久性にも影響を及ぼすことがありますので注意が必要です。
岸和田市のベランダの下の窓で雨漏りしています
写真では分かりにくいのですが、雨漏りしている窓の上にはベランダがあり、ちょうど側溝の下あたりに位置していました。
ベランダの側溝やドレン(排水溝)は、水が集まりますので、雨漏りのリスクが高い箇所です。水が集まるということは、長い時間雨水が滞在することになりますので、他の部分よりも劣化が早かったり、傷んでいる箇所から雨水が浸入しやすいといえます。
岸和田市の約8畳ほどの大きなベランダです!
ベランダを確認させていただくと、約8帖ほどある大きなベランダでした。
U様邸は軽量鉄骨造りで、ベランダに施工されている防水は防水層の上に保護モルタルを施工している形状です。

ベランダは外部に面しているので、必ず何かしらの防水を施しています。防水の工法は様々ですが、その防水の部分が劣化すると雨漏りしてしまいます。
岸和田市のベランダの防水塗料が剥がれています
U様邸のベランダは、防水層を保護モルタルで保護している形状ですが、雨漏りしたのでご主人さまがだいぶ前に表面に防水塗料を塗布して応急処置されたそうです。
青色の塗膜が防水塗料で、その塗料も経年劣化により数か所で剥がれてきており、だんだんと薄くなってきていました。
岸和田市のベランダの床がひび割れています
岸和田市のベランダのひび割れから雨水が浸入してしまいます
また、ベランダの床には亀裂がいくつも生じていました。

先ほどお伝えしたように、ベランダは必ず防水が施されています。雨水の浸入を防ぐ防水層は紫外線に弱いため、表面を保護しないといけません。紫外線や雨風から防水層を守るために保護モルタルやトップコートを施工しています。
写真のようにひび割れが発生しても、下にある防水層が健全で傷んでいない場合は雨漏りしないので、トップコートを塗り替えるだけでメンテナンスできますが、すでに雨漏りしていたり、防水層が傷んでいると防水層から施工しないといけません。U様邸は雨漏りしているので、新しい防水層を形成してしっかりと防水することになりました。
岸和田市のベランダのドレンも古くなっています

ベランダのドレン(排水溝)も古くなっていたので、防水工事の際に改修用のドレンを取付けることになりました。
改修用のドレンは、既存のドレンの内側に取り付けることが可能です。

ベランダに入った雨水は側溝からドレンに集まって排出されます。このドレン部分の配管に穴が開いたり不具合が生じて雨漏りする事例が多く、その場合は改修用のドレンを取付ける工事を行います。
岸和田市のベランダのパラペットと壁の取り合いが割れています!
ベランダの周囲に設けられているパラペット(立ち上がりの壁)とその下の壁の取り合いにも大きな亀裂が入っていました。
吹上げの雨や風向きによってはここからも雨水が浸入する可能性があるので、コーキングを充填して補修します。また、この亀裂をそのまま放置し続けると雨水が廻って壁が剥離する危険性がありますのでこの機会にきちんと処置させていただきます。
岸和田市のベランダの下端が割れています
ベランダの下端にもひび割れがありました。
この部分は下に波板の屋根があるので雨水は入りにくいですが、防水工事を行うにあたり、周辺で雨漏りの原因になる可能性がある箇所は修理しておきます。(雨漏りのリスクをできるだけ少なくするため)
岸和田市の外壁の入隅が割れています
他にも、ベランダに面した外壁の入隅(いりすみ・二つの壁が内向きに入り合ってできる角の部分のこと)が大きくひび割れていたので、ここにもコーキングを充填して防水します。上にテラス屋根がありますので雨水は入りにくいですが、外部のひび割れは建物にいい影響を与えませんので処置します。
岸和田市の床下調査中
現地調査の時に、雨漏りの他に気になっている箇所があるということでご相談がありました。
ムカデが部屋の中に出てくることと、一階の床下の湿気が多いこと、トイレの入替などです。
ご相談の結果、ムカデの薬を撒き、湿気対策で床下に竹炭を敷き詰め、トイレの入替も行うことになりました。
雨漏り修理では、劣化したベランダにウレタン塗膜防水を施します。
ウレタン防水はウレタン樹脂という液体状の防水材を塗布して防水層を形成する工法です。ウレタン樹脂は初めは液体状ですが、乾くと弾力のある塗膜になり雨水の浸入を防止してくれます。

街の屋根やさん岸和田店は、住まいのことで気になることがございましたらご相談をお受けしていますので、お気軽にご相談くださいね。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の銅製の谷樋の穴あき修理で銅板をカットして塞ぎました

2f69fdc31e6ed2eb9d599e14248cb7a8-1
岸和田市の谷樋補修及び補強完了
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング材
築年数
約45年
建坪
約43坪
保証
2年
工事費用
約6万円(税込み)
施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)
施工事例

泉大津市の雨漏り修理に伴うベランダのウレタン防水工事

泉大津市の保護モルタルのベランダです
泉大津市のベランダ防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
3年(雨漏りにおいて)
工事費用
約20万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市の銅製の谷樋の穴あき修理で銅板をカットして塞ぎました

2f69fdc31e6ed2eb9d599e14248cb7a8-1
岸和田市の谷樋補修及び補強完了
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング材
築年数
約45年
建坪
約43坪
保証
2年
工事費用
約6万円(税込み)
施工事例

岸和田市の瓦屋根の修理で割れた瓦を交換しシーリングで固定!

岸和田市の袖瓦が飛散
岸和田市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
台風
使用素材
釉薬瓦・シーリング・雨樋他
築年数
築約55年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約96万円(税込み・足場代含む)
施工事例

岸和田市のモニエル瓦(セメント瓦)屋根の修理でズレを戻しました

岸和田市の漆喰の剥がれ
岸和田市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
台風
使用素材
仮設足場、漆喰、コーキング等
築年数
約26年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約45万円(税込)足場代含む

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熊取町の軒先から順に瓦を葺きます

熊取町の雨漏り修理です。台風の影響で屋根の瓦がズレたり、漆喰が剥がれるなどの被害に遭いました。H様邸は長屋で、お隣の建物と繋がっている形状で、屋根の取り合い部には谷樋を設けています。その谷樋が劣化し、錆びついて穴があいている状態でした。また...........

熊取町で足場を設置

熊取町の台風被害に遭った屋根の修理です。H様邸は長屋で、両隣の住宅と壁を共有しています。屋根の取り合いには谷樋を設けて雨仕舞いしている形状でした。台風で瓦がズレたり漆喰が剥がれ、谷樋の下に位置する和室で雨漏りが発生しました。谷樋が経年で劣化...........

熊取町の2階の押入れの天井で雨漏り発生

熊取町の雨漏りの現地調査です。台風で2階にある和室の押入れの天井と、その隣にある和室の天井から雨漏りが発生しました。その後も雨漏りしている状態で、天井にビニールを貼って応急処置されていました。H様邸は長屋で両隣の住宅がくっついた形状です。玄...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747