熊取町のベランダ防水で雨水をシャットアウトする防水層の形成


熊取町のベランダ防水工事で前回、ベランダの下地調整の様子をご紹介しました。今回は、下地調整の次の工程で防水層の形成とトップコート仕上げの様子をお伝えします。
N様邸は台風21号でベランダのテラス屋根の波板がすべて飛散し、下のお部屋に雨漏りが発生しました。ベランダの防水が劣化していたため、雨漏り修理でベランダを防水することになりました。
熊取町のベランダの下地調整完了
前回、ベランダの下地調整でカチオンクリートという下地調整材をしごき塗りしたところまでご紹介しました。
(下地調整の詳しい様子は下のリンクよりご覧になってください)
熊取町のベランダをスクレーパーで表面を整えます
カチオンクリートをしっかりと乾燥させてから、スクレーパーというヘラのような道具を使用して表面をこすって不陸(凹凸)を少なくします。
熊取町のベランダにプライマーを塗布します
続いて防水層の形成で、プライマーを立ち上がりの壁を含めて全体的に塗布します。
プライマーは透明の塗料で、防水層を下地にしっかりと密着させる接着剤の役割があります。
熊取町のベランダにプライマー塗布完了
ウライマーが薄塗りすぎたり、塗り残しがあるとその部分だけ接着力が低下し、施工不良を起こす可能性がありますので、ローラーを往復させて塗りムラなく丁寧に塗布しました。
熊取町のベランダにウレタン樹脂を塗布します
プライマー塗布後、防水層になるウレタン樹脂を塗布します。
ウレタン樹脂は液体状ですので、立ち上がりの壁から床面にかけて継ぎ目のない一体性のある防水層を形成することができます。
熊取町のベランダの床全体を防水します
継ぎ目部分は何かと弱点になりやすいので、一体性のある防水層を形成できるウレタン樹脂は、複雑な形状の箇所などにも使用できるので防水工事で幅広く使用されています。
熊取町のベランダにウレタン樹脂を2回塗り重ねました
ウレタン樹脂は優れた防水材ですが、既定の厚みで施工しないとその性能を発揮できません。ですので、ほとんどの場合2回に分けて塗布し、厚膜に仕上げます。
1回目塗布後に乾燥させてから2回目を塗布すると塗膜が2重になり厚膜に仕上がります。
ウレタン樹脂は乾燥すると弾力のあるゴム状になりますので、雨水の浸入を防止する防水層になります。
熊取町のベランダにトップコートを塗布します
ウレタン樹脂塗布後、最後にトップコートを塗布して仕上げます。
トップコートは字の通り、一番上に塗る塗料のことで、この場合、保護塗料になります。
熊取町のベランダで紫外線から防水層を守ります
ウレタン樹脂は紫外線に当たると急速に劣化してしまいますので、トップコートで膜を作って保護してあげる必要があります。
熊取町のベランダ防水完了!
トップコートの塗布完了です。
トップコートが傷んでいなければ、下にある防水層はそれほど劣化しませんが、トップコートが剥がれたり割れてくると、防水層にも影響が及んでしまい、雨漏りしてしまいます。
今後は定期的にトップコートを塗り替えてあげると防水層が長持ちします。
熊取町の波板を張替えました
ベランダのテラス屋根の波板が台風21号ですべて飛散している状態でしたので、張替えさせていただきました。
ベランダに屋根がないと雨水が直接落ちますし、紫外線もたくさん当たります。そうなるとベランダの劣化が早くなりますので、防水後、早急に張り替えました。

街の屋根やさん岸和田店は、ベランダの防水工事や波板の張り替えなど承っておりますのでお気軽にご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市下池田町/和室の天井に雨漏り発生!ベランダのコーキング打替修理

岸和田市下池田町のベランダシーリング現況
岸和田市下池田町のベランダコーキング打ち替え
工事内容
雨漏り修理
使用素材
コーキング材
築年数
建坪
保証
工事費用
約3.9万円(税込)
施工事例

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
メニ―ウェルテラス ポリカ屋根
築年数
築35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約33万円(税込・建具調整費含む)
施工事例

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装
岸和田市春木本町のひび補修と外壁塗装
工事内容
漆喰詰め直し
雨漏り修理
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
当社推奨セラミックシリコン
築年数
30年
建坪
35坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約130万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉大津市の天窓からの雨漏りのご相談

泉大津市にお住いのN様より「台風21号の時に天窓からの雨漏りしたので見に来てもらえますか?」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。N様邸の屋根はスレート(平型の薄い屋根材)で、大屋根(一番高い屋根)に天窓が付いていました。

泉大津市の台風被害の現地調査

泉佐野市の台風被害に遭った住宅の現地調査の様子をご紹介します。I様邸はスレート(平型の薄い屋根材)の屋根で棟の板金とその下地の貫板が飛散し、棟の下のスレートも数枚飛んでいる状態でした。

和泉市の壁際水切りを取付け

和泉市の雨漏り修理及び台風被害箇所の修復工事のご紹介です。U様邸は鉄骨造で屋根はスレート、外壁はモルタルの塗り壁です。お隣さんと外壁がつながっている形状で、お隣さんの方が建物が高いため、U様邸の屋根が外壁の取り合いになっています。U様邸は台...........