オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

阪南市のベランダをポリマーセメント系のビッグサンコートで防水


阪南市のベランダ防水工事の様子をご紹介します。

I様邸は台風の時にベランダの下のお部屋で雨漏りしました。
「雨漏りしたので自分でひび割れにシーリングを打ってブルーシートをかけたら止まったんです」
とのことで様子を見られていたそうですが、被害を受けてから約2年が経って、
火災保険の申請もできていないので「そろそろちゃんと修理しよう」

街の屋根やさん岸和田店にご相談をいただきました。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

雨水は屋根から入るだけではありません

● 雨水は屋根だけでなく、外壁や窓など、建物のあらゆる箇所から浸入します。

天井裏から雨音がしたり、雨染みやカビなど異変に気づいたら早めに業者に相談しましょう。

雨漏りは突然発生して不安や心配を招きます!
↓↓↓↓

阪南市のベランダを防水します
■ I様邸のベランダは水性の防水材で防水されていました。

今回も同じ水性の防水材、ポリマーセメント系のビッグサンコートを使用して防水することになりました。

ベランダやバルコニーは雨水から住まいを守るために必ず防水が施されています。
その防水工法は様々で、I様邸に至っても他の防水工法も視野に入れましたが、冬の時期の気温が低い中での工事ですので、乾燥時間が早い水性の防水材を使用することになりました。


ビッグサンコートとは?
●● ビッグサンコートってどんな防水材? ●●

● 優れた防水性・耐久性を備えた塗膜防水材です

● 防水面に塗布することで丈夫で安全な防水層を形成できます

● 水性の防水材で、乾燥時間が早い為、冬場の気温が低い時期での施工でも乾燥不良の心配がありません

● 湿気に強く多少の水分があってもしっかりと硬化します

● 弾性があるので下地が動いた時に追従し、割れにくい


ベランダ防水工事の様子

阪南市のベランダをケレンします
■ ベランダに防水を施す前に「ケレン・清掃・躯体補修」を行いました。

ケレンとは・・鉄部に発生した錆を落としたり、密着性が低下している塗膜を剥がす作業のこと。

電動工具などを使用して既存の劣化した防水層を剥がし、きれいに清掃しました。

阪南市のベランダのケレン・躯体補修完了
■ 立ち上がり壁との取り合いに生じていたひび割れをシーリングで補修し、手すりの支柱の根元もシーリングで防水しました。

防水を施す前に防水面の劣化している部分を補修し、剥がれてきている防水膜などを落とさないと、新しく施工した防水層が剥がれるなどの不具合を起こしてしまいます。


阪南市のベランダにプライマーを塗布します
■ ベランダのケレン・清掃・躯体補修をきちんと行った後、ようやく防水を施工することができます。

防水工事は、防水する前の下地処理の工程がとても重要で、その分時間がかかります。下地処理を確実に行わないと、防水層が長持しません。

防水の塗膜をしっかりと密着させるために、プライマーという接着効果がある塗料を塗布しました。

阪南市のベランダに防水材を塗布します
■ プライマーを塗布した後、液剤とパウダーを混合させたビックサンコートを塗布します。

ビッグサンコートは液体状で、立ち上がり壁から床面にと継ぎ目のない防水層を形成することができます。

この塗膜を乾燥させると丈夫な防水層になります。



阪南市のベランダに防水材2回目を塗布
■ ビッグサンコートを塗布した後、乾燥させてから2回目を塗布します。

耐久性のある防水層を形成するためには、塗膜に厚みが必要です。そのため、2回に分けて塗布して厚膜に仕上げます。

ビッグサンコートは乾燥時間が早いので、気温が低い時でも乾燥不良を起こさず、作業がスムーズに進みます。


阪南市のベランダにトップコートを塗布
■ ビッグサンコートを2回塗り重ねて健全な防水層を施工した後、トップコートを塗布します。

トップコートは一番上に塗る塗料のことで、下に控えている防水層を紫外線や外気の影響から守る役割があります。

トップコートが傷むと、防水層が外気に晒されて防水層の劣化が進みます。

防水層の劣化は雨漏りに繋がりますので、トップコートを定期的に塗り替えて劣化を遅らせましょう。


阪南市のベランダ防水完了
◆◇ ベランダ防水完了です! ◇◆

立ち上がり壁との取り合いに発生したひび割れをシーリングで処置してから防水を施したので、
以前よりも防水性が向上しています。

見た目も美しく仕上がり、I様にお喜びいただけました。



阪南市のベランダのシーリング完了
■ ベランダの手すりの支柱と笠木との取り合いや継ぎ目もシーリングでしっかりと防水しました。

笠木とは・・手すり壁や立ち上がり壁の天端の仕上げのこと

雨漏りを止めるために、雨水が入る可能性がある部分をきちんと防水しています。


阪南市の雨染みがついた天井板の張替

■ 雨漏り修理後、ベランダの下のお部屋の天井板を張り替えました。

雨漏りの影響で茶色い雨染みがついていたので部分的に張り替えました。

この機会に部屋全体を掃除されていて「気持ちがすっきりしました」と笑顔でお話しくださりました。


工事後のI様の声

雨漏り修理は街の屋根やさん岸和田店へ!

● 雨漏りでお困りの方は街の屋根やさん岸和田店にご相談くださいね。

雨漏りで傷んだ内部の修理も承っております!

お電話でのご相談 0120-169-747(フリーダイヤル)

メールでのご相談 お話が苦手な方はこちらから

オンラインでのご提案 オンラインで無料点検!


同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の雨漏り修理で窓周りと庇のシーリングを打ち替え!

岸和田市の庇の取り合いのシーリングが劣化
岸和田市の庇の取り合いのシーリングを打ち替え
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
シーリング・プライマー
築年数
約36年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・7.7万円 雨漏り修理・・13.6万円
施工事例

泉佐野市の陸屋根のドレン周りから雨水が浸入!応急処置しました!

泉佐野市のドレン補修前
泉佐野市のドレン補修後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
シールプライマー、シーリング
築年数
約30年
建坪
約32坪
保証
なし
工事費用
施工事例

泉佐野市の雨漏り修理でパラペットの笠木を交換しました!

泉佐野市の台風で剥がれた笠木
泉佐野市の台風で剥がれた笠木の交換
工事内容
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板 シーリング
築年数
約30年
建坪
約32坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・約16万円 笠木交換費用・・11.2万円(それぞれ税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

阪南市の木製テラスを補強してポリカ波板に張り替えた施工事例

阪南市の台風で飛ばされたテラスの波板
阪南市の台風で飛ばされたテラスの波板の張替
工事内容
台風
使用素材
ポリカーボネート波板(ブロンズ・4尺(1220mm)9枚)波板ビス(ポリカ座金)
築年数
築38年
建坪
約28坪
保証
1年
工事費用
約7.7万円(税込み・波板張替え工事のみ)
施工事例

阪南市の雨漏りしていたベランダをビッグサンコートで防水!

阪南市のベランダ現況
阪南市のベランダ防水完了後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
火災保険
台風
使用素材
シーリング・プライマー・ビックサンコート(液体・粉材)・トップコート
築年数
築38年
建坪
約28坪
保証
2年
工事費用
約17万円(税込み)
施工事例

阪南市の強風で飛ばされた波板の張替でポリカ波板を採用しました

阪南市の台風で飛ばされたテラスの波板
阪南市のテラスの波板張替え後
工事内容
その他の工事
台風
使用素材
ポリカーボネート波板・ポリカフック・シーリング他
築年数
約38年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
約11万円(税込み)既存波板撤去・処分費用含む

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉大津市の樋掃除・雨樋が詰まるとどうなるの

泉佐野市の皆さまこんにちは!街の屋根やさん岸和田店の小南です。雨樋から水が溢れてお困りの方はいませんか?雨樋から雨水が溢れてバシャバシャと大きな音をたてて気になっている方もいるかもしれません。雨樋から水が溢れる主な原因は「雨樋の詰まり」「雨...........

貝塚市の家事室で雨漏りしているとのご相談

貝塚市にお住いのO様より「雨漏りか水漏れか分からないんですが、1階のところから水が出てくるんです」というご相談をいただき現地調査にお伺いしました。雨漏り、水漏れ、どちらにしても天井から水がポタポタ落ちてくると気持ちがいいものではありません。...........

泉大津市の瓦を復旧して全体的に固定しないといけません

泉大津市の皆様こんにちは!街の屋根やさん岸和田店の小南です。最近、地震が頻繁に発生しているのでとても心配ですね・・・。台風はある程度予測がつくので事前に備えることができますが、地震は突発的に起こるので本当に恐ろしいです。「台風」や「地震」「...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747