オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岸和田市の表面が剥がれボロボロになったベランダの防水・下地調整


岸和田市のベランダにウレタン防水を施します
岸和田市の外壁塗装とその他改修工事で前回、塀の塗装をご紹介しました。今回は、ベランダ防水の様子をお伝えします。

Y様邸のベランダは経年劣化で表面のトップコートが剥がれてきてボロボロになっていました。
立ち上がりの壁には苔が発生し、鉄製の手すりも錆びつき、床や壁との取り合いにはひび割れている箇所がありました。

せっかく外部を補修して塗装までしたのに、古くなったベランダから雨漏りしたら元も子もないので、建物全体の防水性能を高めるためにも、きちんと防水しなおすことになりました。

今回は、ウレタン樹脂塗膜防水を施します。
ウレタン樹脂という液体状の防水材を塗布し、水を通さない箱型の防水層を形成する工事で、その中の下地処理までを分かりやすくご紹介します。
岸和田市のベランダのトップコートが剥がれています
ベランダは雨風の影響を受けますので、必ず何かしらの防水を施しています。
その防水部分を長持ちさせるための保護として、表面にトップコートを塗って仕上げています。
Y様邸のベランダのトップコートは月日と共に密着力が弱くなり、剥離してきていました。
このように、トップコートがひび割れたり剥がれたりすると、防水層が露になり紫外線などを浴びて防水層自体が傷んできます。そうなると、雨水の浸入を許してしまうことになりますし、見た目も悪くなります。
岸和田市の手すりも塗装します
更に、ベランダの手すりは鉄製で錆びついており、塗装が必要な状態でした。
鉄部の錆を放っておくと、錆がどんどん広がって、手が付けられなくなります。
鉄部はできるなら錆びる前に塗装でメンテナンスするのが理想的(錆を落とす作業がなくなり手間が省けます)ですが、錆びついてしまった場合は必ず錆を落としてから塗装することが必須です。錆の上から塗装してもまたすぐに錆てしまいます。
岸和田市のベランダ高圧洗浄
今回は、外壁塗装工事の流れでベランダも防水するので、外壁塗装での高圧洗浄時にベランダの苔や汚れも落としました。
剥離してきていたトップコートも水圧でできるだけ洗い落としました。
岸和田市の鉄部に錆止めを塗布して上塗りします
錆びついた手すりはケレン作業を行い、錆止めを塗布してから上塗りして仕上げました。

ケレン作業とは、ヤスリやスクレーパー(へら状の刃に柄を付けた工具の総称)などを使用して、錆・汚れを落として清掃する作業のことです。
岸和田市のベランダのトップコートを剥がします!
ベランダを防水するにあたり、健全な防水層を形成するために下地を整える必要があります。

劣化して密着力が弱くなったトップコートをスクレーパーを使って剥がしていきます。
岸和田市のベランダの立ち上がりの壁も剥がします!
立ち上がりの壁のトップコートも浮いてきていたので、そぎ落としていきます。

劣化して密着力が弱くなったトップコートの上に防水層をつくっても下地が悪い状態なのでうまく密着せず、また同じように浮きや剥離の症状が出てきてしまいます。
岸和田市のベランダの床面もケレン清掃します
続いてベランダの床面もケレン・清掃します。
ケレン作業は、防水工事で重要な工程で、ここを省くとせっかく施工した防水層の性能が発揮できないばかりか、長く待たなくなります。地道な作業ですがコツコツと丁寧にケレンし、防水面を整えることが大切です。
岸和田市のベランダの取り合いにプライマーを塗布します

ケレン・清掃後、取り合い部分や床の目地にシーリングを充填して防水します。

壁との取り合いや床の目地が割れてくると雨漏りしやすいので、シーリング→防水層を重ねて二重に防水します。

シーリングをしっかりと密着させるために充填部にプライマーという接着塗料を塗布します。
岸和田市のベランダの取り合いにシーリング充填

壁との取り合い部分や床の目地に沿ってプライマーを丁寧に塗布し、その上にシーリングを充填します。

シーリングがきちんと密着せず、ところどころで浮きなどがあると、その隙間から雨水が浸入しますので意味がありません。ですので、シーリングを接着するプライマーも塗りムラが無いように塗布しないといけません。
岸和田市のベランダの床の目地にもシーリング充填
床の目地にもプライマーを塗布してシーリングを充填します。
大きなひび割れがある場合もこのようにシーリングで防水する必要があります。
岸和田市のベランダのシーリングをヘラで押さえます
シーリング充填後、中に空洞ができないようにヘラで押さえて密着させます。(この時、余分なシーリングは除去します)
1fa3dfb94a2d5b74775d9e29f84cde80-2-columns2
雨漏りしやすい箇所(取り合いや目地、ひび割れ)をシーリング処理してから下地調整を行います。

既存のベランダは劣化しており防水面の状態も良くありません。ですので、下地を新しくつくる意味合いで、カチオンクリートをしごき塗りします。
岸和田市のベランダの立ち上がり部分も防水します
立ち上がり部分の壁も防水するのでカチオンクリートをしごき塗りしました。

カチオンクリートは薄塗りで下地をつくれるので、建物に負担をかけずに施工できます。
岸和田市のベランダの下地処理完了
壁の立ち上がり、上端、床全体にカチオンクリートをしごき塗りして下地を処理しました。
この上にウレタン樹脂を塗布して膜状の防水層を形成し、ベランダを防水します。

次はベランダの防水層形成をご紹介します。

もしあなたも、ベランダが古くなって雨漏りの心配をされていましたら、街の屋根やさん岸和田店へご相談くださいね。



同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉大津市の雨漏り修理に伴うベランダのウレタン防水工事

泉大津市の保護モルタルのベランダです
泉大津市のベランダ防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
3年(雨漏りにおいて)
工事費用
約20万円(税込み)
施工事例

貝塚市の雨漏りしていたベランダにFRP防水を施工しドレンも調整

貝塚市のベランダの下端から雨漏りしています
貝塚市のベランダのFRP防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
FRP防水材
築年数
約15年
建坪
約20坪
保証
3年
工事費用
約21.5万円(税込み)床補強・ドレン調整費用含む
施工事例

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装 

岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装の現況
岸和田市上松町のアーバントーンが映える外壁塗装
工事内容
雨樋交換
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料、一部多彩模様アクリルシリコン塗材
築年数
築35年
建坪
約65坪
保証
工事費用
約150万円(税込)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市の銅製の谷樋の穴あき修理で銅板をカットして塞ぎました

2f69fdc31e6ed2eb9d599e14248cb7a8-1
岸和田市の谷樋補修及び補強完了
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング材
築年数
約45年
建坪
約43坪
保証
2年
工事費用
約6万円(税込み)
施工事例

岸和田市の瓦屋根の修理で割れた瓦を交換しシーリングで固定!

岸和田市の袖瓦が飛散
岸和田市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
台風
使用素材
釉薬瓦・シーリング・雨樋他
築年数
築約55年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約96万円(税込み・足場代含む)
施工事例

岸和田市のモニエル瓦(セメント瓦)屋根の修理でズレを戻しました

岸和田市の漆喰の剥がれ
岸和田市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め直し
台風
使用素材
仮設足場、漆喰、コーキング等
築年数
約26年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約45万円(税込)足場代含む

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉佐野市のベランダを防水します

泉佐野市のベランダ防水です。H様邸はこの工事で台風被害に遭った屋根を修理し、屋根・外壁塗装を行いました。現地調査でベランダに施工されている防水の劣化も進んでいることが分かったので、塗装後に防水工事を行うことになりました。ベランダや陸屋根は外...........

和泉市の雨漏りの現地調査です

和泉市の雨漏り調査です。U様邸は鉄骨造の2階建てで、裏の敷地に木造1階建ての建物を増築されています。雨漏りしているのは増築部に設置されている洋室のクローゼットの中で、鉄骨造と増築部の取り合いにあたります。

阪南市の外壁の目地のシーリングを打ち直します

阪南市の外壁塗装に伴うシーリング打ち替え工事です。S様邸は築20年が経過し、まだ一度も塗装されておらず、今回が初めての塗り替えです。外壁にはサイディングという外装材を張っており、表面の塗膜が劣化して雨水を吸い込む状態になっていました。塗装前...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747