オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

泉佐野市のベランダのメンテナンスでウレタン防水を施工しました


泉佐野市の外壁塗装、陸屋根防水などの工事で今回はベランダと小さな陸屋根の防水の様子をご紹介します。
泉佐野市のベランダの下端に水が廻っています
H様邸のベランダは排水溝がなく、雨水が直接下に流れる形状で、側面が錆びや雨だれで汚れて、ベランダの下端に雨水が廻っている状態でした。
先にベランダの下端に水切り金物(雨水が浸入するのを防ぐ部材)を取付けて水が廻るのを防ぎました。
泉佐野市のベランダの水切り取付完了
ベランダの下端に水切りを取付けた様子です。
この水切りはベランダの下端より突き出ていますので、表面に流れてきた雨水が廻ることなく下に流れ落ちます。
次に行った外壁塗装工事で、水切り部分も塗装したので目立たなくなりました。

泉佐野市のベランダを防水します
防水前のベランダです。
立ち上がりの壁も含めて防水を施します。
今回行う防水方法は、ウレタン樹脂塗膜防水という、ゴム状の防水層で覆う工事になります。
泉佐野市の小さな陸屋根も防水します
別棟との取り合いの小さな陸屋根にもウレタン樹脂塗膜防水を施します。
ウレタン樹脂塗膜防水材は液体状で、塗布すると時間とともに硬化し、弾力のある防水層になります。
泉佐野市のベランダをケレン・清掃
ウレタン樹脂塗膜防水工事の様子をご紹介します。

まずは下地になる既存の防水面のケレン・清掃を行います。
傷んで剥離してきている既存の塗膜を撤去し、きれいに清掃します。
泉佐野市の小さな陸屋根も清掃しました
これから施す防水の下に剥がれかかった弱い塗膜が残っていると、塗膜ごと剥離する可能性がありますので、先に撤去しないといけません。
泉佐野市のベランダをカチオンクリートで下地処理
防水面をケレン・清掃した後、カチオンクリートをしごき塗りして新しい下地を作ります。
カチオンクリートは防水材や下地との密着性に優れており、薄い塗膜で丈夫な下地を施工することが可能です。
泉佐野市のベランダの表面を平滑に整えます
カチオンクリートを施工すると、健全な下地の上に防水層を形成することができますのでより安心です。
カチオンクリートを乾燥させてからスクレーパーという道具を使って、表面削り凹凸を少なくして平滑に整えます。
泉佐野市のベランダにプライマー塗布

下地を整えた後、プライマーを塗布します。
プライマーは透明で、分かりやすくお伝えすると、接着剤のような塗料です。
下地と防水層をしっかりと密着させる役割がありますので、塗り残しなく丁寧に塗布します。
泉佐野市のベランダにウレタン樹脂を塗布
プライマーを塗布した後、ウレタン樹脂塗膜防水材を塗布します。
壁の立ち上がり部分から順に、刷毛やローラーを使用して塗布していきます。
ご覧のように液体状ですので、立ち上がり壁や段差のある部分にも施工可能です。
泉佐野市のベランダにウレタン樹脂を塗り重ねました
ウレタン樹脂塗膜防水材の防水性能を確保するためには、塗膜に規定の厚みが必要です。そのため、1回目の塗布完了後、乾燥させてから2回目を塗り重ねることで規定の厚みに仕上げます。
ベランダ手すりの支柱の根元部分が傷むと雨水が入りやすいので、床から支柱にかけて防水しました。
泉佐野市の小さな陸屋根にもウレタン樹脂を塗布
別棟との取り合いの小さな陸屋根も同じ手順で防水を施しました。
面積は小さいですが、陸屋根は勾配がほとんどないため、弱点になる可能性があります。雨漏りなどの不具合を防ぐためにもこのように防水のメンテナンスが必要です。

泉佐野市のトップコートを塗布しました
ウレタン樹脂は紫外線に弱く、直接当たると急速に劣化が進みます。ですので、表面にトップコートを塗布して保護しました。これで下にある防水層を守ることができますが、トップコートも経年でうすくなったり剥がれたりしますので、傷みが進む前にトップコートの塗り替えを行うと、防水層が長持ちします。
泉佐野市の小さな陸屋根も防水完了です
小さな陸屋根の防水も完了しました。
これでしばらく雨漏りの心配もありません。
泉佐野市の複雑な形状も防水できました
ウレタン樹脂の利点は液体状だということです。写真のように複雑な形状も防水できました。
陸屋根やベランダには必ず防水が施されています。ですが、その防水も永遠にもつわけではありません。定期的にメンテナンスしてあげると雨漏りのリスクが低減されますし、結果的に費用も抑えることができます。もしあなたも、陸屋根やベランダのなどの防水でお困りのことがございましたら街の屋根やさん岸和田店にお気軽にご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の雨漏り修理で窓周りと庇のシーリングを打ち替え!

岸和田市の庇の取り合いのシーリングが劣化
岸和田市の庇の取り合いのシーリングを打ち替え
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
シーリング・プライマー
築年数
約36年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・7.7万円 雨漏り修理・・13.6万円
施工事例

泉佐野市の陸屋根のドレン周りから雨水が浸入!応急処置しました!

泉佐野市のドレン補修前
泉佐野市のドレン補修後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
シールプライマー、シーリング
築年数
約30年
建坪
約32坪
保証
なし
工事費用
施工事例

忠岡町の基礎巾木の補修!基礎の剥がれは表面だけ?内側から?

忠岡町の破断した基礎巾木
忠岡町の破断した基礎巾木補修完了
工事内容
防水工事
使用素材
アイカ工業・ジョリシール アイカ工業・防錆プライマー
築年数
約28年
建坪
建坪18坪
保証
2年
工事費用
4.7万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉佐野市の陸屋根のドレン周りから雨水が浸入!応急処置しました!

泉佐野市のドレン補修前
泉佐野市のドレン補修後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
シールプライマー、シーリング
築年数
約30年
建坪
約32坪
保証
なし
工事費用
施工事例

泉佐野市の雨漏り修理でパラペットの笠木を交換しました!

泉佐野市の台風で剥がれた笠木
泉佐野市の台風で剥がれた笠木の交換
工事内容
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板 シーリング
築年数
約30年
建坪
約32坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・約16万円 笠木交換費用・・11.2万円(それぞれ税込み)
施工事例

泉佐野市の出窓の雨漏り修理の気になる費用をご紹介!!

泉佐野市の出窓の雨漏り修理前
泉佐野市の出窓の雨漏り修理後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
プライマー・シーリング・ステンレス製換気フードカバー・専用木下地・木部塗装
築年数
約28年
建坪
約25坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・9.7万円 出窓修理費用・・11.7万円 換気フードカバー交換費用・・5.9万円(すべて税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

貝塚市の家事室で雨漏りしているとのご相談

貝塚市にお住いのO様より「雨漏りか水漏れか分からないんですが、1階のところから水が出てくるんです」というご相談をいただき現地調査にお伺いしました。雨漏り、水漏れ、どちらにしても天井から水がポタポタ落ちてくると気持ちがいいものではありません。...........

雨水は屋根から入るだけではありません

阪南市のベランダ防水工事の様子をご紹介します。I様邸は台風の時にベランダの下のお部屋で雨漏りしました。「雨漏りしたので自分でひび割れにシーリングを打ってブルーシートをかけたら止まったんです」とのことで様子を見られていたそうですが、被害を受け...........

貝塚市の1階のリビングの窓から雨漏り発生

貝塚市のY様より「台風の後の長雨から1階のリビングの窓から雨漏りするんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。Y様邸は木造・2階建ての住宅で、外壁はジョリパッドというアクリル系の壁の仕上げ材を塗装しています。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747