オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

岸和田市の雨漏りしていたベランダにウレタン防水を施工!


岸和田市のベランダのウレタン防水工事です。K様邸のベランダは立ち上がり壁や床面にひび割れが生じるなど劣化が進み、ベランダの下端の軒天井や外壁に水が廻っている形成がありました。今回の工事で台風被害に遭った屋根を修理して屋根と外壁を塗装したので、ベランダが傷んだままだとそこだけ防水性が低下したままの状態になるため、きちんと防水することになりました。先にベランダのケレン・清掃、躯体補修を行い、準備を整えてからウレタン防水を施工しました。ウレタン防水は液体状の防水材を塗布することで防水層をつくることができる防水工法です。メンテナンスがしやすく防水性も高いのでお勧めの防水工法です。
岸和田市のベランダのひび割れをシーリングで防水
岸和田市のベランダの下地をしっかりと乾燥させます
前回の記事でご紹介したベランダ防水前のケレン・清掃、躯体補修及び下地調整の様子です。
K様邸のベランダは立ち上がり壁や床面にひび割れが発生し、下端の軒天井や外壁に水が廻っている状態でした。防水を施す前にひび割れなどの傷んだ部分を補修しないと、防水層が傷んだ時にまた同じところから雨漏りする危険性がありますので、シーリングを充填してきちんと補修させていただきました。その後、防水面にカチオンクリートという下地調整材を塗布して新しい下地を設置し、しっかりと乾燥させました。この段階まで来ていよいよ防水層を施工することができます。
岸和田市のベランダにプライマーを塗布
まずは、立ち上がり壁からプライマーを塗布します。

プライマーとは接着剤のような効果がある透明の塗料です。この上に形成する防水層(ウレタン樹脂)をしっかりと密着させるための工程になります。
岸和田市のベランダの床面や笠木にもプライマーを塗布
立ち上がり壁に続いて笠木(立ち上がり壁の上部の仕上げ)床面にもプライマーを塗布します。

プライマーの工程を省いて直接ウレタン樹脂を塗布すると、密着力が弱く、後の剥がれや膨れの原因になってしまいますので、塗り残しなく丁寧に塗布しないといけません。
岸和田市のベランダにウレタン樹脂を塗布
プライマー塗布後、ウレタン樹脂の塗布を行います。

ウレタン樹脂は液体状ですので、このような立ち上がり壁や複雑な形状にも対応できます。また、最大の強みは、継ぎ目のない防水層を形成することができるということです。継ぎ目部分は雨漏りの弱点になりやすいので、そこが無いということは防水性が高くなるということです。
岸和田市のベランダの笠木も防水します
立ち上がり壁の天端の仕上げ、笠木部分にもウレタン樹脂を塗布して防水層で包み込みます。

笠木は天を向いていますので、雨水を直接受ける部分です。
笠木には手すりの支柱が取り付けられていることが多く、支柱の取り合いから雨水が入って雨漏りしたり、笠木から雨水が染み込んだりすることがあることから、最近は雨水を通さないアルミ製の笠木と手すりが主流になっています。
岸和田市のベランダの床面も全体的に塗布します
床面にもウレタン樹脂を塗布して防水層を形成します。
K様邸のベランダの立ち上がり壁は高さがありますので、垂れにくいウレタン樹脂を使用し、床面には伸びがいいウレタン樹脂を塗布しました。(それぞれ色が異なりますが同じ防水材です)
岸和田市のベランダにウレタン樹脂2回目を塗布
ウレタン樹脂の防水性能を発揮させるためには、規定の厚みが必要です。厚みが規定を満たしていないと、防水性や耐久性に影響を与えてしまいます。
防水層に厚みを持たせるために、一度塗布した後乾燥させてからもう一度上塗りして厚膜に仕上げます。
岸和田市のベランダにウレタン樹脂2回目を塗布
床面にもウレタン樹脂を塗り重ねて丈夫で厚膜な防水層を形成していきます。
ウレタン樹脂は液体状ですが、乾くと弾力のあるゴム状になり、雨水をしっかりとシャットアウトしてくれます。
岸和田市のベランダをトップコートで仕上げます
ウレタン樹脂は施工性が良く、防水性の高い防水材ですが、紫外線に弱いという弱点があります。そのため、表面を塗料で覆って保護しないといけません。
一番上に塗る塗料のことをトップコートと言います。
岸和田市のベランダの笠木も防水完了です
笠木部分も防水し、トップコートで仕上げました。
トップコートを塗ることで防水層が直接紫外線にあたるのを防ぎ、劣化を遅らせることができます。また、ウレタン樹脂は乾燥しても表面がネバネバしているので歩行が困難ですが、トップコートを塗布すると歩行が可能になります。
岸和田市のベランダ防水完了
立ち上がり壁・笠木・床面にトップコートを塗布してベランダ防水完了です!

既存のベランダはひび割れがいくつも発生し、雨水が浸入しやすい状況下に置かれていましたが、ウレタン防水により防水性が向上しました。
トップコートが傷んで割れてくると、下に控えている防水層(ウレタン樹脂)が紫外線の影響を受けて劣化してしまいますので、定期的にトップコートを塗り替えてあげると防水層が長持ちします。

ベランダの下で雨漏りが発生してお困りの方は街の屋根やさん岸和田店にご相談ください!ウレタン防水に限らず、各住宅に合った防水工法でご提案させていただきます。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

阪南市の雨漏りしていたベランダをビッグサンコートで防水!

阪南市のベランダ現況
阪南市のベランダ防水完了後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
火災保険
台風
使用素材
シーリング・プライマー・ビックサンコート(液体・粉材)・トップコート
築年数
築38年
建坪
約28坪
保証
2年
工事費用
約17万円(税込み)
施工事例

岸和田市のALC外壁の塗装前に目地のシーリング工事を行いました

岸和田市の改修前の外壁の目地
岸和田市の外壁の目地改修後
工事内容
防水工事
外壁塗装
使用素材
シーリング、多彩模様塗料(下塗り・中塗り・上塗り)
築年数
築26年
建坪
保証
外壁塗装5年
工事費用
シーリング工事・・約72万円 足場費用・・約39万円 外壁塗装・・約180万円(すべて税込み)
施工事例

泉南市のトイレの壁にカビが発生!雨漏り修理を行いました!

泉南市のトイレの壁に雨漏りでカビが発生
泉南市の雨漏り修理後内装も改修
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
シーリング・プラスターボード・クロス
築年数
約23年
建坪
約18坪
保証
1年
工事費用
約8.9万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市のALC外壁の塗装前に目地のシーリング工事を行いました

岸和田市の改修前の外壁の目地
岸和田市の外壁の目地改修後
工事内容
防水工事
外壁塗装
使用素材
シーリング、多彩模様塗料(下塗り・中塗り・上塗り)
築年数
築26年
建坪
保証
外壁塗装5年
工事費用
シーリング工事・・約72万円 足場費用・・約39万円 外壁塗装・・約180万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市の台風で飛ばされたカーポートとテラスの平板の張替

岸和田市のカーポートの平板が飛散
岸和田市の飛散したカーポートの平板を復旧
工事内容
台風
使用素材
ポリカーボネート平板
築年数
約20年
建坪
約17坪
保証
1年
工事費用
約13.5万円(税込み)
施工事例

岸和田市のスレート屋根を日進産業のガイナで塗装し雨樋も調整!

岸和田市の塗装前の屋根
岸和田市の塗装後の屋根
工事内容
雨樋交換
屋根塗装
その他の工事
使用素材
ガルバリウム鋼板・日進産業・ガイナ他
築年数
約27年
建坪
約20坪
保証
5年(塗装において)
工事費用
足場・・約21万円 屋根塗装・・約72万円 雨樋調整工・・約8万円(すべて税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨水は屋根から入るだけではありません

阪南市のベランダ防水工事の様子をご紹介します。I様邸は台風の時にベランダの下のお部屋で雨漏りしました。「雨漏りしたので自分でひび割れにシーリングを打ってブルーシートをかけたら止まったんです」とのことで様子を見られていたそうですが、被害を受け...........

貝塚市の1階のリビングの窓から雨漏り発生

貝塚市のY様より「台風の後の長雨から1階のリビングの窓から雨漏りするんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。Y様邸は木造・2階建ての住宅で、外壁はジョリパッドというアクリル系の壁の仕上げ材を塗装しています。

火災保険の請求期限

阪南市のI様より「台風でベランダの波板が剥がれて、1階の事務所の天井に雨漏りしてるんです」とのご相談をいただき雨漏り調査にお伺いしました。台風の後、お仕事が忙しくてそのままの状態だったそうですが、火災保険の申請をしないといけないので被害を受...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747