オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

岸和田市のベランダ防水で防水前のケレン作業とひび割れの補修


岸和田市のベランダ防水の躯体補修及び下地調整です。K様より台風で屋根などに被害が遭ったとのご相談をいただき、屋根修理と外装リフォームなどを行いました。現地調査でベランダの下端の軒天井に雨水が廻って木部が傷んでいることが確認されたので、ベランダを防水することになりました。K様邸の既存の防水は、防水層の上にモルタルを敷いて保護している形状です。この工事では、ウレタン防水を施ししっかりと防水することになりました。ウレタン防水は液体状の防水材を用いて防水層を形成する工法です。この記事ではベランダの傷んだ部分の補修と下地調整の様子をご紹介します。

ベランダの劣化状況

岸和田市のベランダの下端の軒天井に水が廻っています
現地調査時の様子です。
ベランダの下端の軒天井に雨水が廻り、木部が傷んでいました。
軒天井は風向きによっては雨水に濡れることがあり、板の表面が腐食することがありますが、K様邸の場合、雨染みなどの状況からベランダから雨水が染み込んで軒天井の板が傷んでいると判断しました。
岸和田市のベランダの壁に水が廻っています
ベランダから内部に雨水が廻っている可能性がある部分は他にもありました。それはベランダの笠木(手すり壁などの上部の仕上げ)の下にある外壁です。
ベランダから浸入した雨水の影響で、下にある外壁の表面の塗膜が内側から劣化し、割れてきている状態でした。
岸和田市のベランダを防水します
ベランダは外部に設置されていますので、必ず防水処置されています。K様邸は雨水の浸入を防止する防水層の上に保護モルタルを敷いた形状でしたが、床面や立ち上がり壁などにひび割れが発生し、雨漏りのリスクが高くなっていました。更にベランダの下端の軒天井や外壁に水が廻った形跡が残っていたので、建物の防水性を向上させるためにも防水を施工しなおすことになりました。

ベランダ防水前の躯体補修と下地調整

岸和田市のベランダのケレン作業で傷んだ塗膜を剥がします
岸和田市のベランダをきれいに清掃します
ベランダ防水工事で一番初めに行うことは、防水を施すための準備です。防水材を用意していきなり防水できるわけではありません。
まずはケレン・清掃作業です。
ケレンとは電動工具やヤスリ、ヘラなどを使用して錆や汚れ、古くなった塗膜を落とす作業のことです。塗装する前に塗装面を整えて下地調整をする、という意味合いも含まれています。
K様邸のベランダの表面にはトップコート(一番上に塗り塗料)が塗られていて、密着性が低下している状態でしたので、剥がれてきている塗膜をヘラでそぎ落としました。このように密着性が低下している塗膜の上に防水層を施すと下地が悪いので剥がれなどの不具合を引き起こす可能性があります。そのため、事前の下地調整は重要な工程になります。
岸和田市のベランダのひび割れをシーリングで補修
続いて、ひび割れの補修を行います。

防水を施工するとひび割れは隠れて見えなくなりますが、きちんと補修しないと、防水層が傷んだ時に雨漏りに直結する可能性があります。
写真は立ち上がり壁に発生したひび割れです。シーリングを充填してひび割れを埋めていきます。
岸和田市のベランダの立ち上がり壁の取り合いも弱点になりやすいので防水!
ベランダの床面と立ち上がり壁との取り合いは継ぎ目になりますので、弱点になりやすい部分です。
防水する前にシーリングを充填しておくと、防水が二重になり防水効果が向上します。取り合い部の防水層が傷んだ時に、下にシーリングが控えていますので雨漏りしにくい形状になっています。
岸和田市の床のひび割れも補修します
床面にもひび割れがいくつか生じていたので、シーリングを充填して補修しました。
K様邸はベランダに設置されているテラスの波板が台風でほとんど飛散していますので、雨水が直接あたることから、床面にひび割れがあると雨漏りのリスクが高くなってしまいます。実際、「テラス屋根を撤去して後に急に雨漏りが発生した」というご相談を何度かお受けしました。
テラス屋根の有無はもちろん、ひび割れを補修しないで防水すると防水層が傷んだ時に弱点になりますので、事前の補修が大切です。
岸和田市のベランダのドレン周りもシーリングで防水
ベランダには雨水などを排出するためのドレン(排水溝)が設置されています。K様邸のベランダは床面にドレンが配置されていました。
ドレンには雨水が集まってきますので、劣化しやすい箇所です。その部分をきちんと防水処置していなければ雨漏りの原因になってしまいますので、ドレン周りにシーリングを充填して防水させていただきました。
継目や取り合い部ば雨漏りの弱点になりやすいので、念には念を!事前に防水処置して準備を整えました。
岸和田市のベランダの笠木のひび割れも補修しました
ベランダの笠木にもひび割れが生じていたのでシーリングで処置しました。
笠木とは立ち上がり壁や手すり壁の上部の仕上げのことです。笠木の上にはアルミ製の手すりが取り付けられていて、尚且つ笠木が天を向いていることから雨漏りの原因になることが多い箇所です。この工事では、笠木にも防水材を塗布して防水させていただきます。
岸和田市のベランダのひび割れをシーリングで防水
ベランダのケレン・清掃、躯体補修完了です!

床面、立ち上がり壁、ドレン周辺、笠木などの劣化している部分をきちんと補修し、ベランダの躯体自体の防水性を向上させました。
岸和田市のベランダにカチオンクリートを塗布
続いて、カチオンクリートをしごき塗りしていきます。

カチオンクリートは下地処理剤のことで、塗布することで既存のベランダの表面をリセットできます。分かりやすくお伝えすると、ベランダに新しい下地を形成する工程になります。
岸和田市のベランダの下地をしっかりと乾燥させます
カチオンクリートは薄塗で新しい下地を形成することができますので、建物に重量的な負担をかけることがりません。また、コンクリートやモルタル、そのほかの下地にしっかりと密着するため、防水層の密着も良くなります。

カチオンクリートで下地を調整し、乾燥させてから防水の工程に入ります。
ベランダの防水は、防水材を施工するまでにたくさんの作業を行います。健全な防水層を形成し、建物の防水性を向上させるためにも事前の準備がとても重要なのです。
舞の屋根やさん岸和田店は一つ一つの作業状況をカメラで撮影しておりますので、お仕事で作業が見られないかたも安心してお任せください。

次はベランダのウレタン防水施工の様子をご紹介します。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の雨漏り修理でベランダに補強のメッシュを敷いて防水!

岸和田市のベランダ防水前
岸和田市のベランダ防水後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材・カチオンクリート・トップコート・プライマー・コーキング
築年数
約26年
建坪
約23坪
保証
2年
工事費用
約31万円(税込み)
施工事例

阪南市の雨漏りしていたベランダをビッグサンコートで防水!

阪南市のベランダ現況
阪南市のベランダ防水完了後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
火災保険
台風
使用素材
シーリング・プライマー・ビックサンコート(液体・粉材)・トップコート
築年数
築38年
建坪
約28坪
保証
2年
工事費用
約17万円(税込み)
施工事例

岸和田市のALC外壁の塗装前に目地のシーリング工事を行いました

岸和田市の改修前の外壁の目地
岸和田市の外壁の目地改修後
工事内容
防水工事
外壁塗装
使用素材
シーリング、多彩模様塗料(下塗り・中塗り・上塗り)
築年数
築26年
建坪
保証
外壁塗装5年
工事費用
シーリング工事・・約72万円 足場費用・・約39万円 外壁塗装・・約180万円(すべて税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

岸和田市の雨漏り修理で銅板晒し葺きの屋根の棟を修理しました

岸和田市の修理前の銅板屋根
岸和田市の修理後の銅板屋根
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング
築年数
築35年
建坪
約50坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・19.8万円 屋根修理費用・・24.8万円(すべて税込み)
施工事例

岸和田市で強風で屋根のケラバ水切りが剥がれたので交換しました

岸和田市のケラバ水切りが貫板と一緒に飛散
岸和田市のケラバ水切りを復旧
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板製ケラバ水切り・下地
築年数
約23年
建坪
約23坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・14.8万円 屋根修理費用・・9.9万円(ともに税込み)
施工事例

岸和田市の雨漏り修理でベランダに補強のメッシュを敷いて防水!

岸和田市のベランダ防水前
岸和田市のベランダ防水後
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材・カチオンクリート・トップコート・プライマー・コーキング
築年数
約26年
建坪
約23坪
保証
2年
工事費用
約31万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨水は屋根から入るだけではありません

阪南市のベランダ防水工事の様子をご紹介します。I様邸は台風の時にベランダの下のお部屋で雨漏りしました。「雨漏りしたので自分でひび割れにシーリングを打ってブルーシートをかけたら止まったんです」とのことで様子を見られていたそうですが、被害を受け...........

貝塚市の1階のリビングの窓から雨漏り発生

貝塚市のY様より「台風の後の長雨から1階のリビングの窓から雨漏りするんです」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。Y様邸は木造・2階建ての住宅で、外壁はジョリパッドというアクリル系の壁の仕上げ材を塗装しています。

火災保険の請求期限

阪南市のI様より「台風でベランダの波板が剥がれて、1階の事務所の天井に雨漏りしてるんです」とのご相談をいただき雨漏り調査にお伺いしました。台風の後、お仕事が忙しくてそのままの状態だったそうですが、火災保険の申請をしないといけないので被害を受...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747