貝塚市のベランダの笠木のひび割れをエポキシ樹脂モルタルで補修


貝塚市のI様邸は屋根や外壁塗装、内装改修、耐力壁設置などの耐震工事を行うことになりました。その中のベランダ防水に伴うひび割れ補修の様子をご紹介します。工事着工日までの間にベランダの下にあるキッチンの天井に雨漏りが発生したとご連絡があり、速やかに応急処置させていただきました。本工事では、ベランダの笠木に発生した大きなひび割れを強度のあるエポキシ樹脂モルタルという補修材を充填してきちんと補修します。

現況・応急処置状況

貝塚市のベランダの笠木の周囲にひび割れが生じています
ベランダの現況です。
笠木部分に大きなひび割れがいくつかあり、下にあるキッチンの天井に雨漏りが発生しました。

笠木とは、立ち上がり壁や手すり壁の上部に被せる仕上げ材のことで、I様邸はモルタル仕上げの笠木でした。
貝塚市のベランダを防水テープを貼って応急処置
笠木は天を向いて取付けられていますので、雨水を直接受けてしまう箇所です。その部分がこのように割れたり不具合を起こすと、下にあるお部屋で雨漏りが発生することがあります。
I様邸も下のお部屋の天井に雨漏りしたので、強力な防水テープを貼って速やかに応急処置させていただきました。

ベランダ笠木のひび割れ補修状況

貝塚市のベランダに貼った防水テープを剥がします
まずは、応急処置で貼った防水テープを剥がします。
このテープは防水機能のあるテープですので、とても強力です。防水する際はいいのですが、剥がす時は時間がかかります。きれいに剥がさないと見た目も悪いですし、この後の補修作業や防水の工程で支障をきたしますので、カッターの刃を入れてそぎ落としました。
貝塚市のベランダのひび割れをカッター切りします
続いて、ひび割れ面に沿って電動カッターで切り込みを入れます。
この作業は、ひび割れを大きく広げる作業です。
ひび割れを修理するのに、逆に広げて大丈夫?と思われるかもしれませんが、この後に充填する補修材を十分に、そして奥まで隙間なく充填するために必要な工程です。
ひび割れが細いままだと、補修材の厚みが確保できないので高度のある補修ができません。
ベランダのひび割れにプライマーを塗布
ひび割れを広げた後、溝の中にプライマーを塗布します。
プライマーとは透明の塗料で、この後に充填する補修材をしっかりと密着させるための接着剤の役割があります。
プライマーに塗りムラがあると、部分的に密着性が弱くなりますので、せっかく補修した箇所が台無しになります。
貝塚市で2剤を練ってエポキシ樹脂モルタルを作ります
今回使用する補修材はエポキシ樹脂モルタルです。
エポキシ樹脂モルタルは主剤と硬化剤を規定量正確に軽量し、よく練り合わせて使用します。
軽量で高強度を持ち、施工性に優れた補修材で、コンクリートやモルタルの欠損部の補修などに最適です。
貝塚市のベランダにエポキシ樹脂モルタルを充填
プライマーが乾ききる前(粘着力があるうちに)にエポキシ樹脂モルタルを充填します。
中に空洞ができないようヘラなどでしっかりと押さえて充填します。
貝塚市のベランダの割れて落ちそうになっている箇所を取り除きます
ベランダの側面部分のひび割れは、幅が広く奥深くまで割れていました。確認すると、下にあるタイルも一緒に浮いてきている状態でした。I様のご希望で、タイルは全て撤去する予定ですので、この部分だけ先に剥がしました。タイルの上の笠木も落ちそうになっている箇所は取り除きました。
貝塚市のベランダの欠損部をエポキシ樹脂モルタルで復旧
剥がした部分に木枠をあてて、欠損部にエポキシ樹脂モルタルを充填して復旧しました。
エポキシ樹脂モルタルは使用時に下に垂れ下がってきませんので、天井や垂直面の補修にも優れています。
貝塚市のベランダ補修完了
笠木のひび割れ補修完了です。
エポキシ樹脂は高強度ですので、この部分から割れてくる心配はありません。
ベランダは、雨風や紫外線の影響を受けますので、劣化しやすい箇所です。ベランダ自体が劣化したり、施している防水が傷んだことにより、雨漏りに発展した事例が多くございます。雨漏りから建物を守るためにも定期的に防水しましょう。

次はベランダのウレタン防水の様子をご紹介します。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市下池田町/和室の天井に雨漏り発生!ベランダのコーキング打替修理

岸和田市下池田町のベランダシーリング現況
岸和田市下池田町のベランダコーキング打ち替え
工事内容
雨漏り修理
使用素材
コーキング材
築年数
建坪
保証
工事費用
約3.9万円(税込)
施工事例

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
メニ―ウェルテラス ポリカ屋根
築年数
築35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約33万円(税込・建具調整費含む)
施工事例

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装

岸和田市春木本町のしっかりとひび補修もした外壁塗装
岸和田市春木本町のひび補修と外壁塗装
工事内容
漆喰詰め直し
雨漏り修理
防水工事
外壁塗装
部分塗装
使用素材
当社推奨セラミックシリコン
築年数
30年
建坪
35坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約130万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

貝塚市のキッチンの天井に雨漏り発生

貝塚市I様邸の耐震改修工事のご紹介です。外壁と基礎に発生したクラック(ひび割れ)を補修し、屋根と外壁の塗装、ベランダ防水、耐力壁の設置や内装のリフォームも行います。

泉佐野市で使用するいぶし瓦です

泉佐野市の瓦屋根の修理のご紹介です。S様邸は土葺きの瓦屋根で、台風時の強風の影響で瓦が割れたり飛散し、玄関の天井に雨漏りが発生しました。その後の応急処置で雨漏りが止まったので、頃合いを見て修理のご相談をいただきました。

泉佐野市の台風の被害と雨漏りの調査

泉佐野市で台風で玄関の天井に雨漏りが発生したとのご相談で瓦屋根を調査しました。S様邸は平屋建てで屋根は土葺きの瓦屋根です。台風の突風で瓦が数枚飛散し、玄関の天井に雨漏りが発生したので知り合いの大工さんに応急処置をしてもらったそうです。その後...........