オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

貝塚市のベランダの笠木のひび割れをエポキシ樹脂モルタルで補修


貝塚市のI様邸は屋根や外壁塗装、内装改修、耐力壁設置などの耐震工事を行うことになりました。その中のベランダ防水に伴うひび割れ補修の様子をご紹介します。工事着工日までの間にベランダの下にあるキッチンの天井に雨漏りが発生したとご連絡があり、速やかに応急処置させていただきました。本工事では、ベランダの笠木に発生した大きなひび割れを強度のあるエポキシ樹脂モルタルという補修材を充填してきちんと補修します。

現況・応急処置状況

貝塚市のベランダの笠木の周囲にひび割れが生じています
ベランダの現況です。
笠木部分に大きなひび割れがいくつかあり、下にあるキッチンの天井に雨漏りが発生しました。

笠木とは、立ち上がり壁や手すり壁の上部に被せる仕上げ材のことで、I様邸はモルタル仕上げの笠木でした。
貝塚市のベランダを防水テープを貼って応急処置
笠木は天を向いて取付けられていますので、雨水を直接受けてしまう箇所です。その部分がこのように割れたり不具合を起こすと、下にあるお部屋で雨漏りが発生することがあります。
I様邸も下のお部屋の天井に雨漏りしたので、強力な防水テープを貼って速やかに応急処置させていただきました。

ベランダ笠木のひび割れ補修状況

貝塚市のベランダに貼った防水テープを剥がします
まずは、応急処置で貼った防水テープを剥がします。
このテープは防水機能のあるテープですので、とても強力です。防水する際はいいのですが、剥がす時は時間がかかります。きれいに剥がさないと見た目も悪いですし、この後の補修作業や防水の工程で支障をきたしますので、カッターの刃を入れてそぎ落としました。
貝塚市のベランダのひび割れをカッター切りします
続いて、ひび割れ面に沿って電動カッターで切り込みを入れます。
この作業は、ひび割れを大きく広げる作業です。
ひび割れを修理するのに、逆に広げて大丈夫?と思われるかもしれませんが、この後に充填する補修材を十分に、そして奥まで隙間なく充填するために必要な工程です。
ひび割れが細いままだと、補修材の厚みが確保できないので高度のある補修ができません。
ベランダのひび割れにプライマーを塗布
ひび割れを広げた後、溝の中にプライマーを塗布します。
プライマーとは透明の塗料で、この後に充填する補修材をしっかりと密着させるための接着剤の役割があります。
プライマーに塗りムラがあると、部分的に密着性が弱くなりますので、せっかく補修した箇所が台無しになります。
貝塚市で2剤を練ってエポキシ樹脂モルタルを作ります
今回使用する補修材はエポキシ樹脂モルタルです。
エポキシ樹脂モルタルは主剤と硬化剤を規定量正確に軽量し、よく練り合わせて使用します。
軽量で高強度を持ち、施工性に優れた補修材で、コンクリートやモルタルの欠損部の補修などに最適です。
貝塚市のベランダにエポキシ樹脂モルタルを充填
プライマーが乾ききる前(粘着力があるうちに)にエポキシ樹脂モルタルを充填します。
中に空洞ができないようヘラなどでしっかりと押さえて充填します。
貝塚市のベランダの割れて落ちそうになっている箇所を取り除きます
ベランダの側面部分のひび割れは、幅が広く奥深くまで割れていました。確認すると、下にあるタイルも一緒に浮いてきている状態でした。I様のご希望で、タイルは全て撤去する予定ですので、この部分だけ先に剥がしました。タイルの上の笠木も落ちそうになっている箇所は取り除きました。
貝塚市のベランダの欠損部をエポキシ樹脂モルタルで復旧
剥がした部分に木枠をあてて、欠損部にエポキシ樹脂モルタルを充填して復旧しました。
エポキシ樹脂モルタルは使用時に下に垂れ下がってきませんので、天井や垂直面の補修にも優れています。
貝塚市のベランダ補修完了
笠木のひび割れ補修完了です。
エポキシ樹脂は高強度ですので、この部分から割れてくる心配はありません。
ベランダは、雨風や紫外線の影響を受けますので、劣化しやすい箇所です。ベランダ自体が劣化したり、施している防水が傷んだことにより、雨漏りに発展した事例が多くございます。雨漏りから建物を守るためにも定期的に防水しましょう。

次はベランダのウレタン防水の様子をご紹介します。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の銅製の谷樋の穴あき修理で銅板をカットして塞ぎました

2f69fdc31e6ed2eb9d599e14248cb7a8-1
岸和田市の谷樋補修及び補強完了
工事内容
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
銅板・シーリング材
築年数
約45年
建坪
約43坪
保証
2年
工事費用
約6万円(税込み)
施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)
施工事例

泉大津市の雨漏り修理に伴うベランダのウレタン防水工事

泉大津市の保護モルタルのベランダです
泉大津市のベランダ防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
3年(雨漏りにおいて)
工事費用
約20万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

貝塚市の軒天井のケイ酸カルシウム板を張替え塗装した各所修理工事

貝塚市の軒天井破損
貝塚市の修理した軒天井と破風板
工事内容
破風板・軒天部分補修
雨樋交換
その他塗装
足場
火災保険
台風
使用素材
ケイ酸カルシウム板、塗料、塩ビ雨樋、ガルバリウム鋼板、化粧合板など
築年数
約35年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約180万円(税込み・足場代含む)
施工事例

貝塚市の雨漏りしていたベランダにFRP防水を施工しドレンも調整

貝塚市のベランダの下端から雨漏りしています
貝塚市のベランダのFRP防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
使用素材
FRP防水材
築年数
約15年
建坪
約20坪
保証
3年
工事費用
約21.5万円(税込み)床補強・ドレン調整費用含む

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熊取町の軒先から順に瓦を葺きます

熊取町の雨漏り修理です。台風の影響で屋根の瓦がズレたり、漆喰が剥がれるなどの被害に遭いました。H様邸は長屋で、お隣の建物と繋がっている形状で、屋根の取り合い部には谷樋を設けています。その谷樋が劣化し、錆びついて穴があいている状態でした。また...........

熊取町で足場を設置

熊取町の台風被害に遭った屋根の修理です。H様邸は長屋で、両隣の住宅と壁を共有しています。屋根の取り合いには谷樋を設けて雨仕舞いしている形状でした。台風で瓦がズレたり漆喰が剥がれ、谷樋の下に位置する和室で雨漏りが発生しました。谷樋が経年で劣化...........

熊取町の2階の押入れの天井で雨漏り発生

熊取町の雨漏りの現地調査です。台風で2階にある和室の押入れの天井と、その隣にある和室の天井から雨漏りが発生しました。その後も雨漏りしている状態で、天井にビニールを貼って応急処置されていました。H様邸は長屋で両隣の住宅がくっついた形状です。玄...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747