オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

泉南市で棟板金や化粧スレートが飛散し板金の釘が緩んでいました


泉南市の台風被害箇所の現地調査の様子をご紹介します。「台風21号で、屋根の板金がめくれて、その時に応急処置してもらったんですが、見積もりをもらってないので、お願いできますか?」とのご相談でした。
泉南市の棟板金飛散などの調査
K様邸は化粧スレート(平型の薄くて軽い屋根材)の屋根です。
屋根に上がって確認すると、めくれ上がった棟板金を戻して釘で仮止めしている状態でした。
また、その板金のすぐ下にあるカラーベストが数枚飛散していました。火災保険を申請するとのことで被害当時の状況を撮影されていたので参考に調査しました。

屋根の調査状況

泉南市の化粧スレートが剥がれています
屋根の状況です。

棟のすぐ下の化粧スレートが飛散していました。
黄色い点線内の色が違う部分が飛散箇所です。

化粧スレートは見えない箇所で1枚1枚釘留めされていますが、スレート同士の僅かな隙間に強風が吹き込むとこのようにめくれてしまうことがあります。実際、台風21号の影響でスレートの飛散のご相談が数多くございました。

泉南市のめくれた板金を仮固定しています

飛散したスレートの上にある棟板金を確認すると、変形して浮いており、釘で仮止めしている状態でした。
台風の強風で板金がめくれ上がり、業者の方が元に戻して応急処置された部分です。

棟とは屋根の頂点の水平部分でそこに取付けているのを棟板金と言います。
泉南市の抜けそうな板金の釘
他の板金も確認すると、板金を固定している釘が抜けかかっている箇所がありました。
棟板金はこのように釘留めされていますが、風や地震などの揺れの影響で少しづつ抜けてきてしまいます。そうなると、風でズレたり飛散する危険性があります。
修理工事では抜けかかっている釘も打ち直します。
泉南市のスレートが割れています
化粧スレートが割れている箇所もありました。

スレートは劣化してくると、物がぶつからなくても割れることがあります。
泉南市のスレートを釘で固定
先ほどお伝えしましたが、スレートは1枚1枚釘留めされています。
軒先から順に、重ね代をとって葺くのですが、スレートが重なり合う部分で釘留めするため、上に既存のスレートがある場合釘留めできずコーキングでの接着固定になります。
K様邸は屋根の一番上のスレートが飛散しており、その上の板金も修理するので釘留めして固定できます。
また、めくれ上がった棟板金は再利用できますので、下地の貫板を交換して再固定するご提案をさせていただきました。

街の屋根やさん岸和田店は棟の修理工事も承っておりますので、気になることがございましたらお気軽にご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉佐野市のスレート屋根とモルタル外壁を既存と同じ雰囲気で塗り替え

泉佐野市の厚型スレートの屋根です
泉佐野市のタスペーサーを入れた厚型スレート屋根の塗装 お客様の声
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
日本ペイント・サーモアイSi 
築年数
約20年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約150万円(足場代含む)
施工事例

忠岡町の屋根修理で落ちた瓦を修復し漆喰も詰め直しました

忠岡町の台風被害に遭った降り棟
忠岡町の降り棟修理後の様子
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
いぶし瓦・漆喰・ポリカーボネート波板他
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約80万円(税込み)足場代、カーポート・テラス波板張替え及び塗装費用含む
施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉南市男里の劣化した軒天井板の貼替・修理工事

泉南市男里の劣化が激しい軒天井修理工事
泉南市男里の劣化が激しい軒天井修理工事
工事内容
その他の工事
使用素材
軒裏天井用化粧合板
築年数
築35年
建坪
約32坪
保証
工事費用
約20万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熊取町の軒先から順に瓦を葺きます

熊取町の雨漏り修理です。台風の影響で屋根の瓦がズレたり、漆喰が剥がれるなどの被害に遭いました。H様邸は長屋で、お隣の建物と繋がっている形状で、屋根の取り合い部には谷樋を設けています。その谷樋が劣化し、錆びついて穴があいている状態でした。また...........

熊取町で足場を設置

熊取町の台風被害に遭った屋根の修理です。H様邸は長屋で、両隣の住宅と壁を共有しています。屋根の取り合いには谷樋を設けて雨仕舞いしている形状でした。台風で瓦がズレたり漆喰が剥がれ、谷樋の下に位置する和室で雨漏りが発生しました。谷樋が経年で劣化...........

熊取町の2階の押入れの天井で雨漏り発生

熊取町の雨漏りの現地調査です。台風で2階にある和室の押入れの天井と、その隣にある和室の天井から雨漏りが発生しました。その後も雨漏りしている状態で、天井にビニールを貼って応急処置されていました。H様邸は長屋で両隣の住宅がくっついた形状です。玄...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747