貝塚市の雨漏り調査/屋根の袖瓦や棟の瓦が飛散し割れもありました


貝塚市の雨漏りで屋根の点検
貝塚市で雨漏りが発生し屋根の点検を行いました。
台風21号で屋根の瓦が飛散して雨漏りしたとのことです。
平屋建ての住宅で、棟の冠瓦や袖瓦が飛散して、割れている瓦もありました。
雨漏りしているのは玄関横のお部屋で、ちょうど瓦がズレている箇所の下あたりだったので、また雨漏りしないように瓦のズレを直して応急処置させていただきました。
貝塚市の袖瓦が飛散
袖瓦の飛散状況です。
袖瓦とは屋根の雨樋が付いていない面に施工している瓦のことで、一番端の瓦なので風や地震の影響を受けやすい箇所です。
こちらのお宅の袖瓦は数枚飛散して割れてしまったそうです。
袖瓦の下は軒裏なので雨漏りに直接関係しないことが多いですが、放置し続けると下地の野地板に水が廻って腐食する可能性はあります。
貝塚市の上屋根の袖瓦もめくれています
こちらのお宅は平屋建てで、上屋根と下屋根で形成されています。
上屋根の袖瓦も強風でめくれ上がっていました。
土葺きの屋根の瓦は、下地の土に瓦を押し付けて密着させて葺いており釘などで固定されていません。ですので、強風や地震でズレたりめくれることがあるのです。
貝塚市の下地の土がむき出しです
屋根の上から見た様子です。
瓦がめくれて下地の土がむき出しになっていました。

この下にあるお部屋の天井で雨漏りが発生したとのことなので、ここが原因の可能性があります。

貝塚市の棟の瓦も飛散!
棟の冠瓦も飛散していました。
棟とは屋根と屋根とが合わさる部分の頂点のことです。棟には必ず隙間ができるので、雨水が入らないように瓦を積んでいるのです。
棟自体にズレや崩れは無かったのですが、一番上に施工している冠瓦が飛散していました。
棟の瓦がなくなると、そこから雨水が入り込んで雨漏りすることがあります。
貝塚市の瓦が割れています
瓦が数か所で割れていました。

瓦が割れて隙間が開くと、雨水が浸入してしまいます。
屋根の高い位置で瓦が割れると、そこから雨水が廻って低い方に流れていく過程で雨漏りしてしまいます。
貝塚市の割れた瓦をコーキングで接着
これ以上雨漏りの被害が拡大しないように、割れた瓦はコーキングで接着しました。

割れた瓦の破片が残っていれば接着できますが、残っていない場合は他の方法で応急処置します。
貝塚市のめくれた瓦を並べ直します

雨漏りの原因の可能性がある上屋根のめくれた袖瓦を並べ直して雨水が入らないように応急処置しました。

瓦が破損せず屋根の上に残っていたのでこのように処置できました。

並べ直しただけなので、本復旧工事では下地の土を足してしっかりと密着させます。
貝塚市の冠瓦をのせました

棟の冠瓦は1枚だけ残っていたので元の位置に戻しました。

今回は、応急処置をする予定ではなかったので、簡易的な処置になりましたが、とりあえず雨漏りは止まっているとのことで良かったです。

あくまでも応急処置ですので、必ず本復旧工事を行わないといけません。
街の屋根やさん岸和田店は、被害があった屋根の応急処置なども承っておりますのでお困りの方はご相談ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消

岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
岸和田市箕土路町のベランダテラス屋根入替工事で雨漏り解消
工事内容
屋根補修工事
雨樋交換
雨漏り修理
使用素材
メニ―ウェルテラス ポリカ屋根
築年数
築35年
建坪
約30坪
保証
工事費用
約33万円(税込・建具調整費含む)
施工事例

岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装

岸和田市極楽寺町のカビ除去もした外壁と屋根塗装 現況
岸和田市極楽寺町でカビ除去もした外壁と屋根塗装
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
その他塗装
使用素材
屋根・・当社推奨遮熱塗料(2液シリコン)外壁・当社推奨シリコン塗料
築年数
25年
建坪
30坪
保証
10年(耐久年数13年)
工事費用
約110万円(税込)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

泉南市の屋根の瓦が大きくズレています

泉南市のI様邸の風雨災害に伴う各所修復工事の様子をご紹介します。泉南市で屋根の現地調査をしているときにお隣に住むI様に「うちも瓦が割れてるんです」とお声をかけていただいたのがきっかけです。

泉南市の台風被害の現地調査

泉南市で台風被害に遭った住宅の現地調査を行っているときに、お隣に住むI様に「うちも屋根の瓦がズレてるんです。一緒に見てもらえませんか?」とお声をかけていただき、調査をさせていただきました。

泉大津市の天窓からの雨漏りのご相談

泉大津市にお住いのN様より「台風21号の時に天窓からの雨漏りしたので見に来てもらえますか?」とのご相談をいただき現地調査にお伺いしました。N様邸の屋根はスレート(平型の薄い屋根材)で、大屋根(一番高い屋根)に天窓が付いていました。