オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

泉佐野市で瓦が割れたり飛散し2階のお部屋に雨漏りしていました


泉佐野市のI様より「台風で屋根の瓦が飛ばされて雨漏りがひどくて困ってるんです」とのご相談があり、現地調査にお伺いしました。
泉佐野市の雨漏りと台風被害の調査
雨漏りしているのは2階の洋室で、天井が濡れて波打ち、壁のプリント合板も浮いてきていました。また、浸入した雨水は床まで達し、床板も傷んでいました。屋根に上がって確認すると、オレンジ色の釉薬瓦で、瓦が割れたりズレて隙間が空いている箇所があり、雨がどんどん入ってしまう状態でした。とにかく雨漏りがひどくてお困りでしたので、その場でズレた瓦を戻して処置させていただきました。

現地調査状況

泉佐野市の天井が波打っています
まずは、雨漏りしているお部屋を確認させていただきました。
雨漏りしているのは2階の洋室です。雨漏りが発生してから、どこの業者も来てくれず、どうすることもできなくて雨が降るたびに雨漏りでお困りだったそうです。
長い間濡れ続けたため、天井板が濡れてふやけて波打っていました。
泉佐野市の内壁をシートで養生
雨漏りはお部屋全体で発生し、窓の上の壁から大量の雨水が滝のように流れ落ちてくるので、受けることができず、ビニールを張って雨水を伝わせて、下にバケツを置いて処置されていました。
泉佐野市のプリント合板が浮いています
雨水は天井から壁を伝い、プリント合板が浮いてきていました。
プリント合板とは薄い合板を何枚も貼り合わせて表面に印刷加工を施した建材です。
合板を貼り合わせて形成されていますので、濡れることが続くと表面が剥がれてくることがあります。
泉佐野市の床も濡れて傷んでいます
壁を伝った雨水は床まで達して、床もかなり傷んでいました壁から伝ってきた雨水が床に直接染み込まないように、防水テープを貼って応急処置されていました。
泉佐野市のオレンジの釉薬瓦です
続いて屋根の調査を行いました。
I様邸は土葺きの屋根で使用している瓦はオレンジの釉薬瓦です。釉薬瓦とは粘土瓦のことで、粘土を瓦の形に形成した後、釉薬と言ううわぐすりをかけて焼いた瓦のことです。
泉佐野市の瓦がズレています
土葺きの屋根は粘土のような土を敷いて、その上に瓦を密着させて固定しているのですが、月日とともに土が乾燥して痩せてくると、風や地震の揺れでズレたり飛散することがあります。I様邸の瓦も突風でめくれ上がり、ズレている状態でした。
泉佐野市の瓦が割れています
お隣の屋根の瓦が飛んできて、瓦が割れる被害も発生していました。
お隣の建物が隣接している場合、飛散してきた瓦でご自宅の屋根に被害が生じるケースが多く発生していました。
泉佐野市の瓦の隙間から雨水が入ってしまいます
瓦の割れは他にもいくつかありました。
写真のように、瓦が割れて隙間が空くと雨水が直接内側に浸入してしまいます。そうすると、雨漏りの原因になりますので、必ず修理しましょう。I様邸は台風後、どこの業者にも来てもらうことができず、かといってご自身で応急処置することもできなかったので長い間雨漏りに悩まされていました。
泉佐野市の軒先瓦が飛散しています
瓦が飛散している箇所もありました。
特に軒先やケラバ瓦(屋根の三角になった面の一番端の瓦)は屋根の端に施工していますので、ズレると下に落下してしまいます。軒先の瓦が飛散しても部屋内に雨漏りすることはありませんが、屋根の下地の野地板を腐食させたり、軒天井を傷める原因になります。
泉佐野市の瓦がズレて落ちそうです
同じ軒先瓦で、飛散はしていませんが、大きくズレて落ちそうになっている箇所もありました。
軒先瓦は風や揺れの影響を受けやすいので、工事の際はコーキングを充填して固定させていただきます。
泉佐野市の漆喰が剥がれています
漆喰が剥がれている箇所もありました。
漆喰は雨水の浸入を防止したり、葺き土が直接雨水にあたらないように保護する役割もあります。
写真のように、剥がれた漆喰はきちんと詰め直します。

泉佐野市の棟は触りません
I様邸は棟(屋根の頂点の水平部分)の表面の瓦の継ぎ目に漆喰を詰められていましたが、本来はこの部分に漆喰を詰めることはありません。瓦の取り合いを完全に埋めてしまうと、かえって雨漏りすることがあるからです。
棟が雨漏りの原因ではなさそうですので、この部分は今回は触らないことになりました。
泉佐野市のテラスの波板が飛散
2階のテラス屋根の波板はすべて飛散していました。こちらは屋根を修理した後に張り替えます。

I様邸は雨漏りがひどく、大変お困りでしたので、その場でズレた瓦を戻すなど応急処置をさせていただきました。
処置後、普通の雨なら雨漏りしなくなったとのことで、工事までの間しばらくお待ちいただくことになりました。

工事が着工しましたらまたご紹介します。

この工事の現場ブログ

泉佐野市のオレンジの釉薬瓦です

2019/11/18/ 泉佐野市の屋根工事で不要な漆喰を剥がしてコーキングで固定しました

泉佐野市の屋根修理の様子をご紹介します。I様邸は土葺きの屋根で、オレンジの釉薬瓦を使用しています。釉薬瓦とは、表面に釉薬と言うウワグスリを塗布して焼いた瓦のことで、新品の釉薬瓦は表面がツルツルしています。台風の強風で瓦が飛ばされて、ズレや割...........

泉佐野市の雨漏りと台風被害の調査

2019/10/31/ 泉佐野市で瓦が割れたり飛散し2階のお部屋に雨漏りしていました

泉佐野市のI様より「台風で屋根の瓦が飛ばされて雨漏りがひどくて困ってるんです」とのご相談があり、現地調査にお伺いしました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市のセメント瓦がズレて雨漏りが発生!瓦をシーリングで復旧

岸和田市のセメント瓦がズレています
岸和田市のズレたセメント瓦を固定
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
台風
使用素材
シーリング・漆喰
築年数
築約25年
建坪
約40坪
保証
2年
工事費用
約45万円(税込み・足場費用・カーポートパネル仮撤去及び復旧含む)
施工事例

貝塚市の3階建ての住宅の屋根にガルバリウム鋼板の棟板金を取付

貝塚市の棟板金が飛散
貝塚市の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
貫板・ガルバリウム鋼板・シーリング・ポリカ波板
築年数
築約30年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
棟板金・貫板交換工事・約58万円(税込み)足場費用含む テラス波板張替え及び樋交換工事・約12万円(税込み)
施工事例

岸和田市の台風でめくれた丸瓦の積み直しと漆喰壁などの塗り替え

岸和田市の丸瓦が飛散しています
岸和田市の丸瓦修理完了
工事内容
屋根補修工事
漆喰詰め増し
火災保険
台風
使用素材
漆喰・聚楽・シーリング等
築年数
築約65年
建坪
約42坪
保証
2年
工事費用
約79万円(税込み)足場代、漆喰及び聚楽壁塗替え費含む

同じ地域の施工事例

施工事例

泉佐野市のスレート屋根とモルタル外壁を既存と同じ雰囲気で塗り替え

泉佐野市の厚型スレートの屋根です
泉佐野市のタスペーサーを入れた厚型スレート屋根の塗装 お客様の声
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
日本ペイント・サーモアイSi 
築年数
約20年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約150万円(足場代含む)
施工事例

泉佐野市俵屋の屋根塗装で耐久性のある屋根になりました!

泉佐野市俵屋で遮熱塗料での屋根塗装着工
泉佐野市俵屋で屋根の上塗り塗装に入りました!
工事内容
屋根塗装
使用素材
シリコン樹脂系塗料
築年数
築16年
建坪
35坪
保証
工事費用
約42万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

岸和田市の板金が飛散し貫板も割れています

岸和田市の棟板金と貫板の交換工事です。台風で棟板金と貫板が飛散し、スレート(平らな板状の屋根材)も一部剥がれてしまいました。棟は屋根の上部の三角になった取り合い部のことで、二つの屋根面との隙間ができる箇所です。その隙間を埋めて屋根の仕舞をす...........

岸和田市の台風被害と雨漏りのご相談

岸和田市にお住いのK様より「2年前の台風被害の修理をしたいんです。屋根の他にも色々修繕しないといけないところがあるんですが、屋根以外のことでもお願いできますか?」とのご相談があり現地調査にお伺いしました。街の屋根やさん岸和田店は住まいのこと...........

泉大津市の棟板金が飛散しています

泉大津市の台風被害に遭った屋根の修理です。Y様邸は屋根にスレート(平型の薄い屋根材)を葺いていて、棟に取り付けている板金が台風の強風で飛散してしまいました。また、下地の貫板も割れたり飛ばされている箇所があったのでこの工事で交換することになり...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747