オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

泉大津市の雨漏り調査で屋根の瓦がズレて隙間が生じていました


泉大津市の木造・2階建ての住宅の雨漏り調査にお伺いしました。

「空き家の2階の和室の天井で雨漏りしてるので修理してもらえませんか?」とのご相談です。

S様は現在遠方にお住いされていて、調査の当日お立合いいただくことができなかったので、
雨漏りしているお部屋の中を確認することができませんでしたが
「2階には部屋が一つしかなくて、天井全体に雨漏りしている」とのお話を参考に、
きちんと調査をさせていただきました。
泉大津市の雨漏りの現地調査
◇◆◇ Y様邸の基本情報 ◆◇◆◇

◆ 築50年
◆ 木造・2階建て
◆ 土葺きの和瓦屋根

◆ ご相談内容 ◆
1か月前の台風で2階の和室の天井に雨漏りが発生したので修理してほしい


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

街の屋根やさん岸和田店に初めてご相談される方へ ↓↓↓

「屋根のことで心配なことがあるけどどうしていいか分からない」という方へ ↓↓↓


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

雨漏り修理に伴う屋根調査の様子

泉大津市の棟の漆喰

雨漏りしているお部屋の上の屋根の状況を確認すると、まず目に飛び込んできたのは白くて美しい漆喰です。

漆喰の状態を見ると、最近詰め直しをされたようでした。
この漆喰が手前に出過ぎていると、雨漏りの原因になることがあるのですが、S様邸の漆喰はきちんと施工されていました。

●●●● 漆喰について ●●●●

漆喰は瓦同士の隙間を埋めて防水したり、瓦を固定する役割があります。
漆喰は経年で劣化が進み、汚れて見た目に悪影響を与えたり、ポロポロと剥がれてきます
そうすると、葺き土が流れたり、瓦が動いたり、雨漏りの原因になってしまうため定期的な詰め替えが必要です。


漆喰についてさらに詳しくご紹介!→→→ 【あなたのお家の漆喰は大丈夫?傷んだ漆喰の詰め直しなど】

泉大津市の漆喰もメンテナンスされて問題が無いように見えます

みなさんがこの写真を見ても「きれいに整った屋根だなぁ」と思われると思います。

確かに、棟の漆喰はメンテナンスされて間もない感じですし、瓦が飛んだり割れている箇所はなく、一見問題が無いように見えましたが、すぐに雨漏りの原因の可能性がある要素を見つけました。
泉大津市の屋根で実は瓦がズレています!
それは「瓦のズレ」です。

屋根面に葺いている地瓦が、全体的に軒先方向にズレて至る所に隙間が生じていたのです。

屋根面は雨水が流れる経路になっている為、瓦がズレて隙間があくと、そこから雨水がどんどん流れ込んでしまいます


瓦のズレの補修やちょっとした修理も街の屋根やさん岸和田店にお任せください! ↓↓↓

泉大津市の瓦の隙間
角度を変えて屋根面を確認すると、瓦がズレて隙間があいている様子がよく分かります。

このように瓦に隙間があくと、そこから雨水が浸入してしまいます。
泉大津市の瓦のズレ
こちらの写真を見ると、瓦が軒先方向にズレている様子が分かります。

雨水は瓦のへこんでいる部分を流れますが、雨水の量が多い日や吹き降りの雨の日には、このような高い位置の隙間からでも雨水がどんどん流れ込んでしまいます。
◇◆◇◆ どうして瓦がズレるの? ◆◇◆◇

土葺きの屋根は、瓦を葺く際に「葺き土」という粘り気のある土を下に敷いて密着させて固定しており、月日とともに土が乾燥したり痩せてくると、それに伴って瓦の固定力が弱くなりズレやすくなってしまいます。

また、葺き土が痩せてくると瓦が動きやすくなるとお伝えしましたが、そのような状況の時に台風の強風や地震の揺れを受けると、瓦が落下したり飛散する危険性があります。
泉大津市の袖瓦が軒先方向にズレています
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

葺き土を入れ替えると、瓦がきちんと固定されて症状が改善されますが、葺き土を入れ替えるとなると、瓦を一度めくって葺き直すことになりますので費用面でも現実的ではありません。

そんな時に、屋根の補強の目的で行われるのが「ラバーロック」です。

S様邸は瓦のズレを戻してからラバーロックを行い、今後のズレを防止するご提案をさせていただきました。

◇◆◇◆ ラバーロックとは? ◇◆◇◆

ラバーロックとはシーリングで瓦同士を繋いで固定する工法のことです。

瓦同士を繋げることで、ズレたりバラバラに飛散するのを防ぐ効果があります。

「葺き替えまでは考えていないけど、台風や地震が心配なのでなんとか屋根を補強したい」
とお考えの方にお勧めです。

しかし、想定外の強風に見舞われたり、シーリングの劣化が進んで割れてくると瓦が繋がった状態でズレることがあるため、メリットデメリットをよく考慮して工事を依頼しましょう。


ラバーロックについてもっと詳しくご紹介! ↓↓↓

泉大津市の袖瓦もズレています
S様邸のケラバ(屋根の雨樋が付いていない面の端)を確認すると、袖瓦が軒先方向にズレて隙間があいていることが確認できました。

袖瓦とはケラバ部に葺くL字型の役物の瓦のことです。


泉大津市の袖瓦はビスで固定
袖瓦は屋根の一番端にあり、風や地震の揺れの影響を受けやすい箇所です。

今後の自然災害に備えて、袖瓦は1枚1枚ビスで固定させていただきます。

S様邸の雨漏り修理のご提案

■ 足場の設置 ■ 瓦のズレの補修 ■ 袖瓦の固定 ■ 屋根全体の瓦のラバーロック

泉大津市の瓦のズレを戻してラバーロックします
■ S様邸は屋根面の瓦が全体的に軒先方向にズレていたので、ズレを戻してからシーリングでラバーロックし補強する内容です。
泉大津市の袖瓦はビスで固定
■ 袖瓦は1枚1枚瓦用のビスでしっかりと固定してからラバーロックします。

最後に・・・

S様は遠方にお住いされている為、工事中もご不在で、修理完了後もすぐに確認することができません。

そのため、工事の様子をきちんと撮影し、工事完了後にお預けさせていただきます。

今回に限らず、屋根の工事はお施主様が近くで作業の様子を見ることが難しいので、
街の屋根やさん岸和田店は「工事前の現況」「作業内容」「工事完了後」のお写真をご用意し、
工事完了後にお渡ししております。

「仕事があるので工事中は家にいることができない」という方も安心してお任せください。

次は屋根修理の様子をご紹介します。



S様邸のように雨漏りでお困りの方へ・・・↓↓↓




同じ工事を行った施工事例

施工事例

岸和田市の金属屋根の笠木が剥がれてガルバリウム鋼板に葺き替え!

岸和田市の台風で飛散した笠木
岸和田市の台風で飛散した笠木を交換
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き替え
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・構造用合板・アスファルトルーフィング・シーリング・ジプトーン
築年数
約56年
建坪
約42坪
保証
5年
工事費用
約40万円(税込み)
施工事例

和泉市の波型スレートの上にエポライト波板を張り傘釘も防水!

和泉市の倉庫の屋根の明かり窓の上にエポライトを取付けます
和泉市の倉庫の屋根の波型スレートの下に差し込みました
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
エポライト波板・スレート傘釘・シーリング
築年数
建坪
保証
なし
工事費用
約6万円(税込み)
施工事例

和泉市の引っかけ桟瓦葺きの屋根の修理工事を行いました!

和泉市の台風被害に遭った屋根
和泉市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
台風
使用素材
セメント瓦・いぶし瓦・漆喰・シーリング
築年数
約39年
建坪
約18坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・10.5万円 屋根修理費用・・22.4万円(すべて税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉大津市の強風で剥がれた棟板金とスレートの復旧工事

泉大津市のスレート屋根の修理前
泉大津市のスレート屋根の修理完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
台風
使用素材
化粧スレート・杉貫板・ガルバリウム鋼板製棟板金
築年数
約23年
建坪
約20坪
保証
2年
工事費用
足場費用・・約13万円 屋根修理費用・・約23万円(共に税込み)
施工事例

泉大津市で雨漏りが発生!瓦のズレを補修しラバーロックしました

泉大津市の屋根修理前
泉大津市の屋根修理完了
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
使用素材
瓦補強用ビス・シーリング
築年数
約50年
建坪
約10坪
保証
1年
工事費用
足場費用・・約19.5万円(税込み)瓦ズレ修復及び固定工・・約27万円(税込み)
施工事例

泉大津市の雨漏り修理に伴うベランダのウレタン防水工事

泉大津市の保護モルタルのベランダです
泉大津市のベランダ防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
3年(雨漏りにおいて)
工事費用
約20万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

熊取町・パネルが飛ばされる理由は

熊取町の皆さまこんにちは!ベランダに設置している屋根のパネルや波板が飛ばされてお困りの方はいませんか?「強風が吹くたびに毎回飛ばされるのでどうにかしてほしい!」というご相談をよくいただきます。この記事では、熊取町にお住いのN様よりご相談をい...........

土葺きの屋根

和泉市の皆さまこんにちは!前回の現場ブログで和泉市K様邸の台風の被害を受けたモニエル瓦葺きの屋根の修理をお伝えしました。引き続き、下屋(1階の屋根)の修理の様子をご紹介したいと思います!

街の屋根やさん岸和田店がプロの目線でご提案

  和泉市K様邸の台風被害に遭った屋根の修理の様子をご紹介します!  「3年前の台風で屋根に被害を受けたんですが、当時業者に相談したところ、想像以上に修理費用が上がってきたので、修理を見送っていたんです。いつま...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747