オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

泉大津市の雨樋の端から雨水が漏れて隣の屋根に落ちていました


岸和田市の貸家の雨樋のご相談です。オーナー様より「台風で貸家の雨樋が傷んで、お隣の家のガレージの屋根に雨水がバシャバシャと落ちてるみたいなんです。お隣の方に何とかしてほしいと言われたので、できるだけ早く修理してもらえませんか?」とのことでした。
岸和田市の雨樋のご相談です
現地調査にお伺いすると、風に押されたのか、2階の軒樋(横方向の雨樋)の勾配がおかしくなり、お隣の家の方へ流れるように下がっている状態でした。お隣の家の方には雨水を排出する集水器と竪樋がないので、集まった雨水が打たせ湯のように溢れ出ているとのことです。
お隣の屋根は折半屋根という金属の屋根ですので、雨水が叩きつける大きな音がするでしょう。実際にお隣の方に「すごい音がするので心配だ」とご指摘があったそうです。
岸和田市の樋の勾配調整
不具合を起こした樋を近くで確認すると、樋の一部が下に垂れ下がっていました。
軒樋は受け金具という部材で受けて固定されていますが、強風の影響で金具が変形して樋の勾配が変わったり、樋が飛散することがあります。
泉大津市の樋が一部飛散しています
別棟の屋根の雨樋は一部飛散していました。
軒樋と竪樋とを繋ぐ集水器もなくなっていました。
雨樋が無くなると、屋根に落ちてきた雨水がそのまま下に流れ落ち大きな音をたてたり、地面や外壁を傷める原因になります。
岸和田市の瓦屋根と板金屋根の現地調査
樋のご相談だけでしたが、台風後に屋根を確認していないとのことでしたので、屋根も調査させていただきました。
こちらの住宅は、棟が二つあり、それぞれ使用している屋根材が異なります。
高い方の屋根は陶器瓦で、低い方の屋根はカラー鋼板の板金屋根です。
陶器瓦とは、粘度を瓦の形に形成して焼いた、字の通り陶器の瓦です。カラー鋼板とは、鋼板の表面を塗装して色やそのほかの性能を加えた鋼板のことです。

岸和田市の片流れの屋根の棟板金が飛散
板金の屋根は片流れ(流れが一方だけの屋根)の屋根で、下から見上げると棟の板金が一部飛散していることが分かりました。
棟とは屋根の頂点の水平部分のことで、その部分を雨仕舞するために取り付けられている板金のことを棟板金と言います。
岸和田市の棟板金が飛散して隙間が空いています
屋根の上から確認すると、やはり棟の板金が一部飛散している状態でした。棟板金を固定する下地の長い板(貫板)がむき出しになっています。
棟板金が飛散したことで、外壁との隙間が露になり、そこから雨水が浸入して雨漏りする危険性がありました。
岸和田市の残った棟板金も浮いています
棟に残った棟板金も浮き上がっていました。
棟板金は下地の貫板に釘留めされいるのでるが、経年で釘が錆びついてくると固定力が弱くなり抜けてきていまいます。釘が緩むと風の影響で棟板金が飛散しやすくなってしまいます。また、棟は屋根の高い位置にありますので風の影響を受けやすく、風が吹くたびに力がかかっています。棟板金に力がかかり、押されることでも日々動いているのです。
岸和田市の集水器が割れています
陶器瓦の方の樋は、お隣の方へ垂れ下がっている方の反対側に取り付けられている集水器が割れていました。上の部分が欠けているだけでなく、下まで亀裂が入っているので交換しないといけません。
泉大津市の袖瓦がズレています
板金屋根の方から陶器瓦の屋根を見ると、袖瓦がズレていることがよくわかります。
袖瓦とは、屋根の雨樋が付いていない端の部分のことです。袖瓦は屋根の一番端にあることから、風や地震の影響をまともに受けてしまい、ズレたり飛散する被害が多発しています。
岸和田市の地瓦もズレています
屋根の面で使用する地瓦もズレていました。
土葺きの屋根は下地に粘度のある葺き土を敷いて瓦を密着固定しているのですが、次第に土が乾燥してくると固定している力が弱くなり強風などでズレやすくなってしまいます。瓦がズレると隙間が生じ、そこから雨水が浸入して雨漏りすることがありますし、隙間に風が吹き込むと飛散しやすい状態になりますので、ズレを戻す処置をお勧めしています。
「貸している家で、お隣の方に迷惑をかけているので、樋だけでもいいので早く修理してもらえると助かります」とのご希望で、先行して樋の修理を行いました。

次は修理の様子をご紹介します。

この工事の現場ブログ

熊取町で窓枠から雨漏りが発生したとのご相談

2020/01/24/ 熊取町で雨漏りが発生し水切り板金の劣化や棟板金が飛散していました

熊取町の雨漏り調査です。台風で窓枠から雨水が滝のように流れてきたとのご相談です。N様邸は平屋建てで、屋根が化粧スレート、外壁はカラー鋼板を張った仕上げです。化粧スレートとは平らな薄い屋根材のことで、カラー鋼板とは表面を印刷加工された鋼板のこ...........

熊取町の棟板金が飛散

2020/01/25/ 熊取町の窓枠からの雨漏り修理と台風で破損した屋根の修理

熊取町の雨漏り修理と台風被害箇所の修理です。N様邸は平屋建ての住宅で、台風の時に腰窓の窓枠と天井から雨漏りが発生し、街の屋根やさん岸和田店にご相談をいただきました。現地を確認すると、棟の板金が飛散し、屋根の周囲に設けられたパラペット(立ち上...........

岸和田市の雨樋のご相談です

2020/01/27/ 泉大津市の雨樋の端から雨水が漏れて隣の屋根に落ちていました

岸和田市の貸家の雨樋のご相談です。オーナー様より「台風で貸家の雨樋が傷んで、お隣の家のガレージの屋根に雨水がバシャバシャと落ちてるみたいなんです。お隣の方に何とかしてほしいと言われたので、できるだけ早く修理してもらえませんか?」とのことでし...........

同じ工事を行った施工事例

施工事例

泉佐野市のスレート屋根とモルタル外壁を既存と同じ雰囲気で塗り替え

泉佐野市の厚型スレートの屋根です
泉佐野市のタスペーサーを入れた厚型スレート屋根の塗装 お客様の声
工事内容
屋根補修工事
外壁塗装
屋根塗装
台風
使用素材
日本ペイント・サーモアイSi 
築年数
約20年
建坪
約40坪
保証
工事費用
約150万円(足場代含む)
施工事例

忠岡町の屋根修理で落ちた瓦を修復し漆喰も詰め直しました

忠岡町の台風被害に遭った降り棟
忠岡町の降り棟修理後の様子
工事内容
屋根補修工事
火災保険
台風
使用素材
いぶし瓦・漆喰・ポリカーボネート波板他
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
2年
工事費用
約80万円(税込み)足場代、カーポート・テラス波板張替え及び塗装費用含む
施工事例

熊取町の雨漏り修理で棟板金やパラペットの笠木を交換しました

熊取町の棟板金が飛散
熊取町の棟板金交換完了
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
雨漏り修理
台風
使用素材
ガルバリウム鋼板・杉貫板・シーリング他
築年数
築約64年
建坪
約30坪
保証
1年
工事費用
約30万円(税込み)

同じ地域の施工事例

施工事例

泉大津市の雨漏り修理に伴うベランダのウレタン防水工事

泉大津市の保護モルタルのベランダです
泉大津市のベランダ防水完了
工事内容
雨漏り修理
防水工事
台風
使用素材
ウレタン樹脂塗膜防水材
築年数
築約45年
建坪
約30坪
保証
3年(雨漏りにおいて)
工事費用
約20万円(税込み)

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

和泉市の崩れた棟を修復します

和泉市の屋根修理です。台風で棟の瓦が飛散し、下にある地瓦が割れていまいました。玄関の天井で雨漏りが発生している状態です。この記事では崩れた棟の修復の様子をご紹介します。Y様邸は土葺きの瓦屋根です。棟を一度解体し、積み直す工事は費用がかさんで...........

和泉市の屋根の現地調査

和泉市の台風被害に遭った屋根の現地調査です。玄関の天井に雨漏りが発生していました。Y様邸は平屋建てで土葺きの瓦屋根です。棟の瓦(屋根の頂点の水平部)が強風で飛散し、屋根面に落下したことで地瓦(屋根面の瓦)が割れて雨漏りしていました。台風後に...........

熊取町の軒先から順に瓦を葺きます

熊取町の雨漏り修理です。台風の影響で屋根の瓦がズレたり、漆喰が剥がれるなどの被害に遭いました。H様邸は長屋で、お隣の建物と繋がっている形状で、屋根の取り合い部には谷樋を設けています。その谷樋が劣化し、錆びついて穴があいている状態でした。また...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら岸和田店にお問合せ下さい!
9時~19時まで受付中!!
0120-169-747